仮病で休む診断書のもらい方!20回以上を休んだ私がオススメする方法

どうしても会社を休みたい…

仮病を使ったズル休みを20回以上やっているゆうともです。

 

昔からサボり癖がある私は、やる気がないと仕事になりません。笑

 

仮病で休む連絡をした後に待ち受けるのが「診断書問題」

 

仮病を使って休むということは、「バレない」という事が非常に重要です!

 

 

診断書さえあれば、仮病だとしても立派な休む口実になります。

 

会社から提出を促されているのであれば尚更です。

 

今回は「仮病で休む診断書のもらい方」「会社に診断書を出す必要性」についてご紹介します。

 

仮病でズル休みする時の伝え方については別記事を参考にしてください!

仮病で休む時の上手な伝え方のコツ!バレない方法や理由をまとめ

仮病で休む診断書のもらい方

結論からいうと、

 

仮病であろうがなかろうが、病院でもらうしか方法はありません!

 

病院に行って診察してもらって診断書くださいといえばもらう事が可能です。

 

 

例えば、風邪で休むと伝えた場合は「朝から頭痛と熱があります」と病院で言いましょう。

 

病院で熱がなくても「解熱剤を飲んだので熱が下がったのかも」と言っておけば問題ありません。

 

お医者さん側も特に不思議に思いませんし、「診断書をください」と言えばもらえます。

 

 

胃腸炎や腹痛で休んだのであれば、「ひどい下痢をして、薬と診断書をください」で良いです。

MEMO
お医者さんも仕事なので、診断書をくれないという事はないので安心してください!

診断書の費用

注意しないといけないのが、診断書は無料でもらえる訳ではありません。

 

診断書を書いてもらう費用が必要になります。

 

 

しかも、1枚いくらというのは決まっているわけではなく、病院によってことなります。

 

一般的には、1000円〜10000円の幅で相場は5000円くらいです!

 

仮病でズル休みするために、5000円かかるのは勿体ない気もしますが、お金で解決できるという訳です。笑

MEMO
会社によっては、診断書の料金を負担してくれる場合もあります。
総務や経理の方に確認してみましょう!

 

また、会社によっては病院の領収書があれば大丈夫という所もあります。

 

会社としても病院にいったという証拠が欲しいだけなので、わざわざ従業員に費用を負担させるべきではないですし。

 

そもそも診断書は出さなくても良い?

そもそも診断書は会社に出すべきなの?

と疑問を感じる方も多いです。

 

 

これは、会社によって違います。

 

会社の就業規則に、診断書が必要と記載があれば従業員は提出しなければなりません。

 

 

ただ、多くの企業では「○○日以上休む場合は医師の診断書が必要」と記載しています。

 

風邪などで1日2日の休むのではなく、3日以上の長期休みの場合は診断書を提出しないといけないという訳です。

 

会社としても、1日の休みであれば問題ないですが、長期休みなると業務調整なども必要になってきます。

 

インフルエンザなどであれば、本当に治ったのかも気になります。

 

規程がない場合は?

特に規定が無い場合は、基本的には提出する必要はありません!!

 

「客観的に見て診断書が必要かどうか」というポイントが重要になります。

 

 

例えば、風邪で2日間会社を休んだ程度であれば、一般的な感覚で言えば「診断書が必須」とは言えないです。

 

会社が診断書を提出しろと言われても、これに応じる義務はないという訳です。

 

インフルエンザなどは、会社が他の従業員の安全性を考慮して検査結果を提出させることなどは客観的に見ても正当な理由です。

 

この場合は、診断書の提出が必要になります。

 

ズル休みをしすぎると診断書が必要になる

就業規則に記載が無いし診断書もいらないならズル休みしまくろう。と考えてる方は危険です!

 

ズル休みの「前科」がある労働者に欠勤の理由を確かめるために診断書の提出を求める事が出来ます。

 

この人は休みが多いな。と感じられてしまうと提出を求められる可能性があるという訳です。

 

月に2・3回も当日欠勤をすると疑われることが多いので気を付けましょう!

MEMO
有給休暇を使って休んだ場合は、休む理由を報告する義務はありません。

まとめ

仮病を使えば簡単に休めます!

前もって就業規則を確認しておけば、診断書が必要かどうかもわかります。

 

何回もずる休みをするのはよくありませんが、たまにはゆっくり休みたい日があっても良いです!

 

休みたい気持ちで仕事をしても効率が悪いだけですし…

 

しっかりリフレッシュして次の日にちゃんと仕事をすれば問題ありませんよ♪