【5年後は低所得】昇給額が少ない会社はスグにやめるべき!

どうもゆうともです。

新卒社会人の皆さんや、転職1年目の皆さんは2年目になると初めての昇給が待っていますよね?

すでに昇給した方、これから昇給する方、今年は昇給がない方など様々です。

 

そして、よく耳にするのが、

「普通、昇給って1万円くらいよね?今年3,000円しか昇給していない。これってたまたま今年の売り上げが悪かっただけだよね?」

と、言う社会人2年目あるある。

 

私もそう思っていました。

 

そして、他の同年代の昇給額が気になりますよね。社会人2年目で手取りが下がる事があったりもしますし、自分の昇給額が妥当かどうかもわかりません。

 

そんな負のスパイラルに入ってしまわない様にしっかりと昇給について知識をつけましょう。

そして厳しい様ですが、昇給が低すぎる方は今すぐ転職をすべきと私は言いたいです。

 

今回は「昇給を増やす方法」「昇給が少ない時の対処法」をご紹介していきますね♪

今後の給料に大きく関係するのが昇給なのでしっかりと参考にしていってください!

昇給の基本と平均値

昇給について簡単におさらいしておきましょう。

 

昇給は、1年間の従業員の勤続を評価し、毎年1回社員の基本給を上げるという制度です。

 

昇給額は、主に会社の規模や学歴、評価で変わります。

なので平均値を出すのは難しいですが、今回は企業規模で分けてご紹介します。

中小企業の平均昇給額

部署にもよりますが、

3,000~5,000円

が一般的です。

 

規模が小さいため、売上の影響を受けやすい特徴があるのが中小企業。

大手企業の平均昇給額

大手企業は中小企業よりも昇給額が高いです。

5,000円~7,500円

が平均額です。

 

企業の規模により1万円を超えることもありますし、

安定した昇給があるだけでなく、ある年齢で一気に額が上がることもあります。

 

 

わかりやすく簡単に説明しましたが、実際はパーセンテージで上がったり、学歴の差があったりと様々な要因があります。

詳しくは、昇給額の平均値はどのくらい?学歴の差?大企業と中小企業の差?昇給時期を徹底解説!を参考にしてください!

今回はあくまで、昇給が少ない方向けの記事です。

 

昇給が3000円以下は危険

もし、あなたの昇給額3000円以下の場合は転職を考えた方が良いです。

先ほどご紹介した通り、中小企業の平均値でも3000円は低い部類です。

 

コロナの不景気やたまたま売り上げが良くなかったから、今年のみ昇給が3000円であればきにする必要は少ないかもしれません。

 

しかし、毎年3000円以下の場合は、今後あなたの給料が伸びることはありません。

 

同年代との差がどんどん開いていきます…

 

例え、昇給が2000円の差だとしても、健康な限り40年以上働きます。

単純計算で2000円の差が、月8万円・年間96万違います…

 

さらには、基本給が違えば賞与も変わってきます。

 

実際には、もっと多く年収が変わってきますよ!!

 

昇給が少なくて会社を辞めたいなら…

 

昇給が少なくて悩んでいる方は転職エージェントを利用してみましょう。

 

転職活動をするから転職エージェントを利用する訳ではなく、昇給が少ないことを相談してみましょう。

 

転職エージェントは様々な情報を持っているので同じ業種や職種の平均昇給額などをより詳しく知っています!

もちろん、少しでもあなたに転職の意欲があれば転職に向けて適切なアドバイスをしてくれますし、面接対策や、あなただけの応募書類を作成してくれます!

 

また、元々ブラック企業を排除して紹介してくれるエージェントもあるので、昇給がないと言うブラック企業に入る可能性は下がります!

 

無料で利用できる転職エージェントに相談することで今まで分からなかったあなたの長所が見つけられる事もありますよ♪

第二新卒でホワイト企業に転職した私がオススメする転職エージェント

昇給が少ない原因を考えよう

皆さんの昇給額はどうでしたか?

もちろん、あくまで平均額なので中小企業でも多い方がいれば大手企業で少ない方だっています。

 

では、どうして昇給が3,000円だったり、

そもそも昇給がなかったりするのでしょうか。

 

利益が悪いと昇給額が減る

当然ですが、昇給すると人件費が増えます。

 

一人当たりたった3,000円でも仮に100名の昇給をすれば月30万円のコストが増えます。

 

1年で360万、10年続けば3600万円も人件費が増えてしまいます。

 

ですので、利益が悪かったら昇給額を減らさないといけないのは仕方がないことでしょう。

昇給やボーナスは絶対ではないという事です。

 

一度上げた給料は下げにくい

当たり前ですが昇給すると従業員に喜ばれます。

貰える給与が増えるのが嫌な人はいないです。

 

しかし、問題となるのは給料カットです。

 

実は、給料カットって原則禁止です。

 

給料は従業員の生活に関わるので合理的な理由が無いと認められません。

就業規則の不利益な内容を認める場合には周知徹底して、労働基準監督署へ届けることで給料をカットできます。

 

 

ただし、労働者の過半数の代表者(組合)の意見も聞かないといけません。

 

企業側もそれはわかっているので、昇給額を増やす事には慎重にならざる得ないです。

 

「給料を上げてしまったけど、この人あんまり仕事してないから給料下げよう」
という風に簡単にカットできないという訳です。

 

昇給額を増やす方法

では、どうすれば昇給額が増えるのでしょうか。

なかなか個人の頑張りで昇給額を上げてもらうのは難しいです。

 

しかし、不可能ではないので方法をご紹介します。

昇給に値する利益を出す

職種によっては難しい場合もありますが、営業マンなどは比較的メジャーな方法です。

毎年昇給額以上の利益を出すことで昇給時に会社と交渉するという訳です。

 

もちろん、利益を出していることを明確に示せるデータが必要ですし、経営陣に説明できるプレゼン力も必要になってきます。

 

また、会社が求める利益はお金だけに限っているわけではありません。

 

業務効率の改善や、社員のモチベーションアップも立派な利益です。

 

改善提案書を出すなど、会社に有益なことに取り組むことで経営陣から評価してもらえる可能性もあります。

 

昇進を目指す

会社によっては役職が就くと昇給額が上がる可能性があります。

 

就業規則に役職別のベースアップ金額、役職手当に関する記載が無いか確認するとよいでしょう。

 

会社によっては「名ばかり管理職」となっている場合もあるので昇進が必ずしも昇給に直結するかは難しい所ですが、私の会社や友人の会社はグレード制を採用しているので「役職が就く=グレードがあがる」となります。

 

グレード毎に昇給額は変化するので「昇進=昇給額のUP」となります。

 

昇給額で変わる生活レベル

初めての昇給で自分の昇給額がわかったら10年後の給与を想像してみましょう。

 

例えば、毎年3,000円の昇給しかない場合、10年務めたとしても3万円しか給与が上がりません。

 

役職手当などもない場合は、目に見える給与アップは望めないことが分かります。

 

しかし、毎年7,000円の昇給なら10年後は7万円上がります。

 

7万上がるとすると3,000円の方と比べると4万円も違います年間で約50万も差が出ます。
※実際は賞与だったり年によって昇給額も違うのでもう少し差が出ます。

 

30代でいくらの手取りが欲しい?

大卒社会人2年目の23歳で手取り18万円とします。

昇給額は毎年3,000円だった場合は、10年後の33歳で手取り21万円です。
※もちろん、税金等で変動しますが、分かりやすい様にしています。

 

33歳で手取り21万はどうでしょう。

 

なかなか厳しいレベルの収入です。

 

低いと思うなら残業をするか、役職が貰えるよう励まないといけません。

昇給額次第では早期転職をオススメします。

 

先輩や上司の生活で給料を想像することも必要

ここまで昇給のお話をしてきましたが、昇給だけが給与の全てではありません。

役職手当はもちろん、役職に対しての賞与も年収に大きく関わってきます。

 

しかし、これは役職につかないとわからない部分ですし、直接上司に聞くのは難しいですよね。

 

あなたの先輩や直属の上司がどのような生活をしているか少し想像してみましょう。

想像する上で年収が関係してくるポイントがいくつかあります。

見るべきポイント
結婚
マイホーム

旅行

 

結婚してマイホームを持っている方、それなりの給与を貰っていると考えられます。

 

車と旅行は好き嫌いの部分も大きいですが、全く旅行に行かず型落ちの中古や軽自動車しか乗っていない先輩ばかりの場合は年収は期待できません。

 

マイホームは本当に年収が重要で、年収が低い方はローンが組めないので結婚している方がいるのにも関わらず誰もマイホームを持っていないという会社は年収が低いと思います。

 

昇給額が少ない方は転職を考えよう

厳しく言わせて頂きますが、昇給額が3,000円以下の会社に勤め続けるメリットって何があるでしょうか。

 

もちろん、年数が経つにつれて昇給額が上がる場合もありますが、毎年変わらない会社の方が多いのが現状です。

 

昇給額が少ない会社でも元々の基本給が高い場合やボーナスが5か月分以上出たり、インセンティブが大きい…などのメリットがない限り、ワーキングプアになってしまいます。

 

貯金も増えなければ、欲しいものも買えない。

 

毎日が仕事と家の往復だけという人生になります。

 

そんな状況を打破するためには「転職する」「副業を始める」など自分自身で行動に移さなければいけません

 

まずは、現在の給与の水準を調べることをお勧めします。

 

私は少し前に転職サイト求人の制作に関わっていました。

求人サイトは掲載されている企業にそこまで差が無いんですけど、離職率の高い求人を除外していたり、転職後の定着率を重視しているサイトなど特徴が違います。

 

第一ステップとして元求人サイト関係者の私がオススメする以下のサイトを確認して、同じ業種・職種でどの程度の給与がもらえるか見る事から始めましょう。

【MIIDAS(ミイダス)】

MIIDAS(ミイダス)は「あなたの本当の価値を見出す」転職サービスです。

手間ひまをかけないと得られなかった高精度の適正年収情報を、アプリ上から必要最低限の質問項目に回答するだけで、転職志望者に提供できると言う優れものです。

これは約200万人も及ぶ年収データベースを保有するパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)だからこそ実現できた、画期的な機能です。

 

MIIDAS(ミイダス)のもう一つの目玉は他転職アプリにはない機能で、他者の転職状況を客観的なデータで詳しく知ることができる機能

どんな職歴を持っていた人が、どんな業界の、どのような職種に転職して、どのくらいの年収を得られるようになったかという7万人に及ぶ転職者に関する「ビフォー・アフター」のデータが分かります!

 

しかも、MIIDAS(ミイダス)なら何と書類選考不要です。

面接が確約された求人企業からのオファーメールしか登録者に届けないというユニークなシステムをとっているので、効率的な転職活動ができます。

 

つまり、たった5分で登録でき、職務経歴書やエントリーシートをその都度作成する手間はいりません。

面接からスタートできる求人企業情報が届くのを待っているだけでOKなんです。

 

これなら、転職を考えていないけど昇給額などで悩んでいるあなたでもとりあえず現状を変えようと動くことができますね!

本当のキャリアパスを見出す!転職サイトなら【MIIDAS】無料会員登録

【DODA】

業界最大手のリクルートエージェントに次ぐ、第2位の実績を誇るエージェントです。

 

応募者と企業のマッチング率が高い転職サービスです。

 

案件数が多く自分の希望にあった企業を探してくれます。

 

dodaの強みは「求人の多さ」・「希少な業界にも踏み込んでいける」と言う点です。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

【ウズキャリ第二新卒】

第二新卒に特化した転職サービスで大阪・関東に本社・支社があるため、この2地区に近い人にお勧め。

ウズキャリで求人が多い企業や業界は、ベンチャー企業や老舗メーカー、IT業界で、厳選した求人をご紹介してくれるのでブラック企業に当たる確率が低いです。

 

また、ウズキャリには「ウズウズカレッジ(UZUZ COLLEGE)」という、未経験者向けの研修サービスがあります。

研修は4~7週間あり、なんと無料で受講できるうえに資格取得ができるコースもあります。
※キャンパスがあるのは、東京都渋谷区の初台

 

無料で研修が受講できるので話だけでも聞いてみる事をオススメします。

登録はこちらから

まとめ

いかがでしょうか。

 

昇給額が少ない人は2年目だろうと転職や副業を考えた方が良いです。

 

私も年収に不満があり、転職サービスを利用して転職しただけで年収が80万ほど上がりましたし、労働時間も減りました。

凄く有意義な人生を歩むことが出来ています。

 

もし、あのまま安い給料で馬車馬の様に働いていたらと思うとゾッとしますね。。。

転職サービスは5分ほどで登録できるので、今はその気がなくても現状を変えようと少し動くだけで人生は大きく変わります。

 

一度切りの人生なので楽しい人生にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA