タバコの臭いは就活に不利! 面接でタバコを吸っていることを隠す方法

突然ですが、就活生の皆さん!

タバコは吸っていますか?

恐らく、この記事を読んでくれている皆さんは喫煙者と思います。

 

そんな方が気になるのが、『就活でタバコは不利問題』

 

タバコを吸っている学生が就職活動をする際に抱える最も大きな不安が「タバコを吸っていることが就活に不利になる」事でしょう。

 

現在、日本ではタバコ税の増税や、屋内禁煙化が急速に進んでいる影響で、喫煙者が年々減っているのは皆さんもご存じですよね?

 

それに加えて、企業側も禁煙に向けて様々な取り組みをしています!

大手企業だと、『星野リゾート』は喫煙者を採用していません。

もしも、喫煙者である場合には、入社時にたばこを断つことを誓約すれば問題なく選考に進んでいただくことは可能だそうです。

 

また、最近では『ソフトバンク』禁煙対策を行いましたね!

2019年4月からプレミアムフライデー(毎月最終金曜)の、就業時間中の喫煙を禁止する方針を固めました。
2020年完全禁煙を目指しているそうです。

 

喫煙者の肩身はどんどん狭くなっていく一方。

 

もちろん、就職活動の場でも喫煙者の肩身が狭いのは同様です。

 

タバコを吸っていることが面接官に伝われば、それだけで非喫煙者に比べて面接に合格する可能性が下がることもあります。

 

そこで今回は、「就活生にとってタバコを吸っていることは不利な理由」「就活生が面接でタバコを吸っていることを隠す方法」についてご紹介していきます。

大事な就活で、タバコが原因で落とされるなんて馬鹿らしい事はもったいないですかね!

 

タバコは就職活動で不利になる

タバコを吸っていることが面接官に知られると、就職活動は確実に不利になります。

 

多くの企業は「タバコを吸っていても関係ない」と言っています。

しかし、本音では「出来るだけ喫煙者は採用したくない」と思っています。

これは、私が人材業界にいたころ、多くの経営者や人事の方とお話をする中で聞けた本音です。

 

日本社会は喫煙者より非喫煙者のほうが多いです。

厚生労働省の調査によると、日本の平成26年度の喫煙率男性32.2%女性8.2%だそうです。

 

非喫煙者は基本的にタバコが嫌いです。

 

タバコの匂いが嫌いな人や、会社の場合はタバコ休憩をする社員に対する不満もあるようです。

 

採用を担当する社員も、タバコを吸わない非喫煙者である可能性が高いです。

 

また、『星野リゾート』の様にカルチャーとして喫煙者を敬遠する習慣がある企業の可能性もあります。

 

特に新卒で就職活動をする学生の中での喫煙者の割合は、他の年代より少ないです。

最近の若者はタバコを吸わなくなったという事実です。

 

ただでさえ、喫煙率が低い日本社会のなかで、更に喫煙率が低い世代で就職活動をする学生がタバコを吸っていたら、不利になる可能性が高いと言わざるを得ないですね!

 

私の会社は『結果さえ出せばタバコ吸おうが休憩しようが関係ない』ですが、

そういう会社は日本ではあまり、多くないですね。

もちろん、臭いへの対策はしっかりしてます。

 

タバコを吸っていることを隠す方法

じゃあ明日からタバコを辞めれるか?

と言ったらそうではありません。

 

でも不利になるのは嫌ですよね?

新卒の就職活動で選考を受けるときには、タバコを吸っていることを隠せばよいのです。

 

『星野リゾート』の様に、喫煙者を採用しない企業なのであれば別ですが、
多くの企業は喫煙者でも採用しています。

実は私も新卒の就職活動をした時にタバコを吸っていましたが、面接の場ではそれを隠していました。
(今はもうタバコを止めました)

今回は、私の経験から就職活動の時に喫煙者であることを隠す方法をお伝えします。

 

面接の1時間前はタバコを吸わない

やはり、一番タバコがバレるのが匂いです。

面接前にタバコを吸わなければ、タバコの匂いが面接官に気づかれにくくなります。

 

このため、面接1時間前を最後のタバコ時間にしましょう!

 

また、注意してほしいのが出来るだけ屋外の喫煙所でタバコを吸うようにしましょう。

これは屋内の喫煙所をタバコの匂いがスーツに染み付いてしまうのを防げます。

屋内の喫煙所は臭いが凄まじいですからね。

 

もちろん、1時間ではなく、もっと長い時間タバコを我慢できる人は、出来るだけ長く時間をとって面接前にはタバコを吸わない様にする方がいいです!

 

スーツにタバコの匂いが付かないようにする

先程お伝えした事と少し被りますが、
スーツにタバコの匂いが付かないように気を使いましょう。

日頃からスーツの時は、タバコを吸わない様に気をつけると良いです。

 

面接が終わってからの一服は最高に美味しいですが、

そこはグッとこらえて、家に帰ってスーツを着替えてから吸うと臭いが気になりません。

 

でも、やっぱり吸ってしまうんですよね。

だって美味しいんだもん。笑

 

そんな時は、

喫煙所でタバコを吸うときは、出来るだけタバコの煙が当たらない場所で吸ったり、

タバコを吸い終わったら、少し風に当たってタバコの匂いをスーツから取るようにしましょう。

 

タバコ専用の消臭スプレーを使う事で臭いを消すことも出来ますよ!

 

口がタバコ臭くならないように注意する

口臭に気を使いましょう。

これはタバコに関わらずですが笑

 

コンビニに行けばブレスケアが売っているので、お金をけちらずに喫煙者は必ず買いましょう。

面接の場で学生の口からタバコの匂いがしたら、印象がかなり悪いです。

面接は印象が大事ですからね!

 

タバコの箱は必ずバックにしまう

意外とやってしまうのがタバコの箱で面接官にバレてしまう!

タバコの箱をスーツのポケットに入れておくと、タバコの形が外から見え見えの場合が多いです。

 

いくら臭いを気にしても、箱でバレたら元も子もない。

 

また、ジャケットの内ポケットなどに入れておくと、面接中にタバコの箱が落ちてしまう可能性もあります。

タバコの箱はバックにしまっておくのが無難です。

 

就活で使うビジネスバックにはチャック付きの内ポケットがあると思うのでソコにしまっておきましょう。

 

アイコスやプルームテックに変える

匂い対策として、加熱式タバコ電子タバコに変えるというのも手です。

 

タバコの口臭の原因は、タールです。

 

アイコスプルームテックタールがないから、口臭はひどくならないです。

 

吸った後の匂い自体も、紙たばこよりも確実に減っています。

加熱式たばこは、たばこ葉を熱で蒸して、その蒸気を吸うような形です。

 

煙ではなく、水蒸気がでてすぐ消えるだけなのでニオイが残らない。

火を使わないので、タールがなくヤニもでない発がん性の心配もなくなると言うメリットがあるので私はオススメです。

 

プルームテックの方が初期費用が安いので学生には嬉しいかもしれませんね!

スターターキット:4,000円(税込)
タバコカプセル:460円(税込)

まとめ

就職活動ではタバコを吸っていることが面接官にバレると、確実にタバコを吸っていない非喫煙者に比べて不利です。

 

せっかく、経歴や能力が足りていて面接の出来も良かったのに不合格。。。

とならないためにも、タバコを吸っている就活生はタバコを吸っていることを絶対に隠すべきです。

 

人生において一番大事なことは仕事ではないですが、生活のためにはお金が必要です!

人生を楽しくするためにも、就活を大事にしましょう!!