上司が怖くて退職できない。今いる会社を円満退職するために必要な事!

皆さん、良い転職先は見つかったでしょうか?

きっとこの記事を見ている人は転職活動が終わり退職の準備を進めている方、

これから今の会社を辞めようと思っている方がほとんどだと思います。

 

いざ転職活動は終わったものの、意外とうまくいかないのが退職の手続きです。

 

「そんなの上司に伝えればいいだけでしょ」

 

確かにそれだけでも退職出来るかも知れません。

 

ただ、もし同じ業界への転職や次の転職先に上司の友人や知り合いがいた場合

円満に退職していないと変な噂を流されるかも知れませんよ!

もちろん、そんな噂を流す人がいない会社も多々ありますが
噂話が好きな人も大勢いることも悲しい現実です。

 

そこで今回は「今いる会社を円満に退職する方法」をお伝えいたします。

このページを読んでいる人で会社を辞めたいなら…

 

転職活動において大事な事は事前準備と1人で悩まない事です!

 

オススメは転職エージェントです!

 

企業を紹介してくれる他にも様々なメリットがあります。

面接対策や、あなただけの応募書類を作成してくれます!

また、元々ブラック企業を排除して紹介してくれるエージェントもあるので、ブラック企業に入る可能性は下がります!

 

もし現状や退職方法や転職活動が不安な場合は、プロのエージェントに相談してみることをオススメします。

第二新卒でホワイト企業に転職した私がオススメする転職エージェント

退職する事はいつ伝えるべき?

会社を退職する場合、多くの会社では退職する意思を書面で提出する必要があります。

※上司に口頭で伝えればOKの会社もあります。会社の就業規則を確認して見ましょう。

退職届は仕事を辞める当日に出すものではありません。

 

約1ヶ月〜2カ月ほど前に直属の上司へと退職したいという考えを伝えておくようにしましょう。

まず直属の上司に対して退職を打診するという形式をとることが円満退職には重要です。

 

社長や部長に話してしまうと直属の上司の管理能力が問われてしまう場合があります。

決定事項という形にはしないで、相談をもちかける形で話しかけましょう。

 

退職の意向を受けた上司は、退職の段取りを決めるために上の役職の人達と話をまとめてくれます。

正式な退職の決定がされるでは、内々にも退職の話を社内の人に漏らさないようにしましょう。

本当に仲が良い同僚などに相談するのは良いですが、

人間はどうしても噂話が好きなので知らぬ間に大勢の人が知っているなんて事態も想定されます。

退職日が決まったらどうするの?

いざ、退職日が決まったからといって安心してはいけません。

 

ここからが円満に退職するためには非常に重要です。

 

後任への仕事の引き継ぎ方法やスケジュール

具体的に何日まで出社するか

退職までにしなければならないこと

 

 

中でも後任への仕事の引き継ぎに関しては非常に重要です。

「終わりよければ全て良し」

という様に最後の引き継ぎさえしっかりしていれば印象も良くなります。

後に仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように資料作成をしたりパソコンのデータをわかりやすく整理することが大切です。

ただ、退職までにバタバタしていると中々進まないので普段から資料作成やデータの整理は心がけましょう。

引き継ぎのスケジュールが決まったら次は自分自身の有給休暇を確認しましょう。

有給休暇数に応じて最終出社日を上司と相談して決めていきましょう。

退職日が近づいてきたら

退職日が近づいてきたらあいさつ状を関係者に出します。

社内の場合は最終出社日に社内を回って直接挨拶やメールで報告するのが一般的です。

 

社外の取引先会社に関しては20日〜10日ほど前に後任者を連れてあいさつにいくべきでしょう。

出来る限り直接挨拶に行くのが良いですが、様々な事情でメールや電話になる場合はより丁寧に伝えるべきです。

 

退職日前には会社から借りていた備品やパソコン関係を返したり、

退職に当たって会社から渡される書類や、雇用保険被保険者証年金手帳などもきちんと回収しましょう。

※会社によっては後日、郵送で返却という会社もありますので総務などに確認する様にしてください。

 

雇用保険被保険者証年金手帳は退職後に必ず必要になるので絶対に忘れない様にしてください。

退職日の当日までにしっかりと担当業務を処理し挨拶をしっかりと行いましょう。

円満退職を目指すためにも、今まで勤めていた会社の人の手をできるだけ煩わせないようにすることが大切です。

また、退職日当日まで社員であるという意識を持って丁寧に仕事を続けることできっと円満に退職できるはずです。

 

世の中は意外と狭いので、

転職した後も前の会社の方と会ったり、

仕事をしたりすることもあれば

お客様として前の会社の方と接することもあります。

そういう時に円満退職をしていれば何の問題もなく新しい仕事を進められるはずです。

転職する事は何も悪い事ではないのでしっかりと手続きを踏んで良い転職にしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA