スポーツに関わる仕事は何がある?|理系・文系・女性おすすめ12選

この記事では、スポーツに関わる仕事を理系・文系・女性ごとに書いています。

 

スポーツに関わるってどんな仕事があるのか知りたいと悩む方は多いです。

ボンヤリとスポーツに関わる仕事に就きたいと考えているという方もいますよね!

 

仕事は文系や理系など得意分野よって、適性が高い仕事も変わってきますよね。

 

スポーツに関わる仕事は、プロスポーツ選手だけではありません。

 

選手のサポートやスポーツ用品やウェアに関わる仕事、テレビや雑誌などの情報メディア関係など様々な仕事があります。

 

今回は、スポーツに関わる仕事理系・文系・女性の3つに分けてご紹介します。

どんな仕事なの?役立つ資格は何?といった観点からご紹介します。

スポーツに関わる仕事|理系向け

スポーツに関わる仕事 理系

まずは、スポーツに関わる仕事|理系向けの仕事を4つご紹介します。

 

専門の技術や知識を持つ専門職です。専門の資格が必要なものもあります。

スポーツメーカー(開発職)
スポーツドクター
スポーツアナリスト
スポーツインストラクター

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

スポーツメーカー(研究職)

スポーツメーカーの研究職は、専門的な技術や知識を活かせる仕事

スポーツ用品の基礎研究や商品開発を行う、理系の専門職です。

 

研究職に就くためには、何よりも研究力を身に着けていることが大切です。

※研究力とは、正確に実験を行い情報を蓄積していける力です。

 

また、研究内容を伝えるコミュニケーション力や文章力も必要です。

もちろん、就職する段階では全てが揃っていなくて大丈夫です。

役立つ資格!
・博士号
・語学力
・プログラミングスキル

スポーツ業界は、海外とのやり取りが活発です。企業研究では、語学力は必須アイテム!

スポーツドクター

スポーツドクターは、選手の健康管理を行います。

 

外傷への治療や日々の体のメンテナンス方法を指導します。

 

また、栄養面やコンディションの調整などにも携わります。

医療知識だけでなく、スポーツに対する専門的な知識も必要です。

役立つ資格!
・医師免許
・語学検定
・公認スポーツドクター

 

<公認スポーツドクターになるには?>

医師免許を取得してから4年以上経っていることと、日本スポーツ協会あるいはその加盟団体・準加盟団体からの推薦が必要です。そのうえで、スポーツ医学に関する講習会を受講します。専門とする診療科は問われないため、整形外科以外の医師でも取得が可能です。資格更新は4年ごとに必要です。

各加盟団体では、推薦の順番待ちが発生することもあるようです。日本スポーツ協会公認スポーツドクターは推薦が必要なぶん取得のハードルは高いものの、オリンピックなどの国際的な大会や著名チームの帯同ドクターとしてスポーツの現場で活躍したい場合は必須とも言える資格です。
引用:DOCTOR VISION ドクタービジョン

スポーツアナリスト

最新のテクノロジーを駆使してデータの分析を行います。

 

選手のパフォーマンスを最大限に引き出すトレーニングや練習プログラムの作成。

 

チームの戦略を考え、勝利へと導くのがスポーツアナリストの仕事です。

役立つ資格!
・パーソナルトレーナー
・認定トレーニング指導者
・健康運動実践指導者
・ドローン操縦資格

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーは、選手がベストコンディションで競技できるようサポートします。

 

チームやジムなどに所属しトレーニング、生活リズム・メンタル面まで幅広く指導します。

 

怪我した時の応急処置や、日々の体のメンテナンスもアドバイスします。

役立つ資格!
・アスレティックトレーナー
・医学療法士
・柔道整復師

スポーツに関わる仕事|文系向け

スポーツに関わる仕事 文系

続いて、スポーツに関わる仕事|文系向けの仕事を5つご紹介します。

・スポーツメーカー(営業職)
・スポーツプロモーター
・スポーツジャーナリスト
・スポーツカメラマン
・スポーツ雑誌編集者

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

スポーツメーカー(営業職)

スポーツメーカー営業職の主な仕事はスポーツ店への営業です。

 

大型スポーツ店や個人営業店へ自社製品を置いてもらえないか商談します。

 

スポーツ店へ多くの人が訪れるようにイベントを企画運営することもあります。

役立つ資格!
・語学力検定
・営業士

TOEIC900点・TOEFL-iBT100点 あれば、就職活動でアピールできます。

TOEICの公式問題集や、スタディサプリENGLISHがおすすめ!

スタディサプリ

スタディサプリ

Recruit Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

スポーツプロモーター

スポーツプロモーターは、スポーツイベントを企画運営する仕事です。

 

観客が喜ぶスポーツイベントを企画し、実現にむけて活動する。

 

仕事内容も団体や選手との交渉から、場所選び宣伝など様々です。

役立つ資格!
・語学検定
・健康運動実践指導者
・基本情報技術者

スポーツジャーナリスト

スポーツジャーナリストは、スポーツをテーマに報道を行います。

スポーツに関わる色々な話題を独自の切り口で報道する。

 

選手や試合を取材して記事を書いたり、本を出版したりします。

 

この仕事は、自分なりの切り口で取材できる力が重要です。

役立つ資格!
・語学検定
・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・DTPエキスパート認証試験

スポーツカメラマン

スポーツカメラマンは、選手や試合を撮影をします。

 

スポーツ写真は、競技や試合などを臨場感豊かに映すことが重要。

 

一瞬のチャンスを確実に撮影する技術が必要です。

役立つ資格!
・写真技能士
・Photoshop(R)クリエイター

スポーツ雑誌編集者

スポーツ雑誌の記事の企画編集作業を行います。

 

スポーツ業界の最新情報を盛り込むため、発行までのスピードも重要です。

 

選手へのインタビューや試合の速報、スポーツ上達へのアドバイスなど内容も様々です。

役立つ資格!
・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・DTPエキスパート認証試験
・校正能力検定
・アドビ認定アソシエイト

スポーツに関わる仕事|女性向け

スポーツに関わる仕事 女性

スポーツ好きに男性や女性は関係ありません。

 

仕事に関してどの職種でも男女共に活躍しています。

 

ここからは、特に女性に人気のある職種をご紹介します。

スポーツメーカー(事務職)

事務職は、書類作成整理電話来客の対応などを行います。

 

事務職は女性に人気の高いです。

 

事務にも、一般事務、営業事務、経理事務など仕事内容も様々です。

スポーツメーカーは社内にスポーツに関心がある人が多く、刺激をもらえるでしょう。

役立つ資格!
・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・日商簿記
・秘書検定

スポーツ栄養士

栄養士も女性に人気の職種です。

栄養士と聞くと、学校や病院で献立を考えるようなイメージかもしれませんね。

 

実は今、スポーツ業界で働く管理栄養士が増えています。

 

体作りの基本はなんといっても食です。

役立つ資格!
・スポーツ栄養士
・管理栄養士
・栄養士
・食育アドバイザー

スポーツデザイナー

ウェアやシューズなどの新商品のデザインを担当します。

 

各スポーツの体の動かし方もしっかり考えながら形を作っていきます。

 

女性へのウェアの着心地などの細かい修正や見た目のデザインなど、女性ならではの視点や同士の安心感が役立つことも!

役立つ資格!
・色彩検定
・Illustratorクリエイター
・Photoshopクリエイター

スポーツに関わる仕事に就く方法

ここまでご紹介してきた職業はごく一部ですし、大雑把な職種です!

世の中には、まだまだスポーツに関わる仕事がたくさんあります。

 

ただ、そんなことを言われても実際にどうやってスポーツに関わるに就職すればいいのか分からない方もいますよね?

ボンヤリとスポーツ系の仕事に就きたいと思っている方だっています。

 

そんな方はスポーツ系専門のエージェントを利用しましょう♪

MEMO
エージェントとは、就職・転職を検討しているアナタと採用を考えている企業の間に立って、転職活動を無料で支援してくれるサービス
求人動向や転職ノウハウに長けているキャリアアドバイザーが、求職者の転職活動をサポートしてくれます。

エージェントを利用することで、様々なメリットがあります。

・アナタに合った非公開求人を提案してくれる
・転職のプロにキャリア相談ができる
・応募書類の添削を受けられる
・面接対策ができ、選考通過率がアップする
・企業とのやり取りを代行してくれる
・企業の採用担当者にアピールしてくれる
・内定決定後もサポートしてくれる

・企業の内情を知っている

アナタひとりで活動をしていると見過ごしてしまうポイントを抑えられます。

 

特に、重要なのが非公開求人です!

非公開求人は、そのエージェントでしか紹介していない求人です。

 

優良企業の求人は、多くが非公開求人を使っています。

 

最近では、企業側が人材を見つけるのはエージェントが一般的ですし、スポーツに関わる仕事は求人サイトに載っている事は少ないです…。

 

今まで検索しても出てこなかった優良企業のスポーツ関連の仕事を紹介してもらえるだけでも、かなりのメリットです!

 

私たち利用者側は一切お金が掛からず利用できるのも大きな特徴です。

転職エージェントは企業側から仲介料を貰っているので、私たちは無料で利用できます♪

 

エージェントを使うだけでスポーツに関わるの仕事に就職できる確率はグンとアップします。

 

そんなエージェントの中でも、新卒の方なら【アスリートエージェント】社会人の方なら【SPORT LIGHT by doda】をおすすめします!

アスリートエージェント

アスリートエージェントは、学生の方を対象にスポーツ系に特化したエージェントサービス。

MEMO
新卒だけでなく既卒の方も対象です。

 

最大の特徴は、学生に特化したサービスで1,000名以上の実績がありますし、ここでしか出していない非公開求人も多数あります!

 

エージェントサービスなので、プロ就職アドバイザーがカウンセリングから入社までマンツーマンで担当してくれます。

もちろん、履歴書の作成や求人紹介、選考対策などサポートには一切費用がかかりません!

 

2014年に開始した就活サービスにも関わらず、多くの方に利用されているのは、安心したサービスを提供している方と言えますね!

 

スポーツに関わる仕事に就きたいなら、必ず登録しておくべきサービスになっています。

 

学生であれば、誰でも0円で利用できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

SPORT LIGHT by doda

既に社会人として働いている方におすすめなのが「SPORT LIGHT by doda」

業界最大級の求人数を保有している「doda」がスポーツ系の求人専門のエージェントを立ち上げました♪

「doda」は、全国に拠点をもち、全国各地の求人を保有していて、20代から50代まで業界や業種を問わずに対応できるエージェントです。

経験豊富なベテランキャリアアドバイザーが多数在籍していて、どんな業界や職種でも転職サポートをしてくれることが特徴です。

安定感、企業の多さ、対象の広さや実績から、多くの方が信頼しているエージェントです。

 

そんな「doda」が運営するスポーツ系の専門のエージェントは登録しておくべき!

スポーツ関係の求人掲載や転職コラム、さらにはアスリートキャリア支援プロジェクトなども行っているので、サイトを見るだけでも楽しいです。

 

客観的な立場からキャリアのアドバイスをしてくれるので、アナタの強みや弱みをしっかりと教えてくれます!

 

スポーツに関わる仕事に就きたいと悩んでいるなら、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

check
■公式サイト
SPORT LIGHT by doda
注意
まずは普通のdodaに登録する所からスタートです。
エージェントに相談する際にスポーツ系を志望と伝えましょう。

まとめ

世の中には、スポーツに関わる仕事はたくさんあります。

 

語学検定とパソコンスキルはどの仕事にも通用する無敵なスキルです。

 

今後に向けて、まずはスキルアップを目指しましょう!

気になった仕事について、エキスパート位の知識を手にしてみて下さい。

 

間違いなく新らしい扉を開くことができるはずです。

 

今はボンヤリとしかスポーツに関わる仕事について考えていないという人でも、まずはエージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

アナタが知らないけどアナタに合った仕事が見つかるかもしれませんよ♪

 

誰でも無料で利用できるので、ぜひ気軽に試してみてはいかがでしょうか。

check
■公式サイト
SPORT LIGHT by doda