履歴書の趣味欄で合否が決まる!?NG例や書き方を徹底解説

どうもゆうともです!

履歴書の「趣味(・特技)」欄って何を書けば良いか分からないですよね…

私も昔はそうでした。

今でこそ、人材業界の中にいたので人事は何を見ていて、どういう風に書けば良いのかわかりますが、当時は何もわからず適当に書いていましたね笑

もしくは、履歴書の中には趣味の欄がないものがあるので、そういう履歴書を探して使っていました。

 

しかし、正直にいうとそれは正直勿体無いです!

 

趣味の欄を有効活用する事で面接がスムーズに行くという事がたくさんの人事と会話してきた中で判明しましたよ。

今回は、人事に聞いた事を元に面接をスムーズにし、上手く自分をアピールする趣味欄の活用方法をお伝えします!

趣味欄は必要?面接官や人事が見ている部分とは

趣味と言われても、すぐに思いつかない方だっていますし、自分の趣味を書いていいのか悩んだりしますよね。

例えば、パチンコなどのギャンブル系が趣味の場合は書くべきか迷ってしまいます。

それならいっそ「特になし」と書いてしまったほうがいいのかな?と考える方もいます。

 

しかし、それはやはり勿体無いです!

 

人事や面接官は皆さんの思っているよりも遥かに趣味の欄を大切にしています。
なぜ、わざわざ履歴書に趣味欄があるのか、人事や面接官は趣味をどう見ているのかを考えてみましょう。

趣味から「その人」を見ようとしている

履歴書に書いてあることは、大体がその方の基本的な情報学歴、そして職歴自己PRです。

正直いってこれだけでは応募してきた方がどんな方なのかわかりません

確かに、学歴や職歴などでフィルターを掛けますが、その書類からその方を判断するのは難しいです。

 

しかし、趣味欄があると「こんな趣味を持っているんだ。ならこんなタイプかなぁ」と予想することが出来ます。

現在働いている社員と気が合うかどうか、社風と合いそうかどうかを判断しているという人事もいました!

 

もちろん、趣味だけで人を判断できるわけではないですが、履歴書という少ない判断材料の中では趣味欄はその方を知る事が出来る大事な箇所という訳です。

 

緊張をほぐす雑談に使える

人事や面接官は面接で普段の応募者を知りたいと思っています。

面接用に用意した質疑応答ではなくて、完全に普段通りとまではいかないものの緊張していないリラックス状態の応募者を見たいのです。

面接は誰であれ緊張するものなので、まずは趣味の話など雑談を交えながら、緊張がほぐれリラックスするのを待っています。

ガチガチに緊張している面接ほどお互いのためにならない面接はありません。

 

趣味が全くない場合は趣味を無理やりにでも書くべき?

趣味が全くない、思いつかないので無理やり作って書く方がいます。

これは絶対にやめた方がいいです!

無理やり作った趣味について突っ込んだ質問が来ると、絶対に動揺してしまいます。

 

面接官や人事は何100回と面接をしている面接のプロです。

動揺している時やウソをついている時は絶対にバレてしまいます。

 

そうはいっても、せっかくある趣味の欄を空白で提出するわけにはいきません…

そういう時は、日常生活の中で「これをやっているときはリラックス出来る」「これは苦じゃないな」と思えるような事を書いておきましょう。

例えば、「掃除」や「洗濯」といった必ずやらなければいけないことでも問題ないですし、気分転換やダイエットのためにしている「ジョギング」でも問題ありません。

「特になし」と書く事は、自分の評価を下げていると思って頂いた方が良いですよ!

当てはまるとやばい!趣味がない人の特徴と趣味を持つ方法とメリット

 

趣味欄で評価が下がる?NGな趣味とは?

趣味は個人の自由ですが、履歴書という書類の上ですから、自由に書きすぎるのは良くありません。

基本的に自分が趣味と思っている事を書いてOKですが、中にはやめておいた方が良いものもあります。

 

当然ですが、ウソを書く事は一番のNGです!

ウソの趣味を書いて、面接時に趣味について聞かれても詳しく答える事が出来ないですよね?

先程も言ったように、面接のプロが相手なのでウソは100%バレています。
読書と書いているのに最近読んだ本について聞かれて答えられないなんて時にはそれだけで不合格になりますよ。

 

一般的な趣味であれば記載しても問題はない。といった方が分かりやすいですね!

料理、ダンスやギター、空手や書道など「習い事」としても有名なものは十分趣味として書く事が出来ます。

 

悪い印象を与えやすいものに関しては書かない方が良いです。

例えば、ギャンブル系はあまり好まれません。パチンコや競馬の雑誌編集者への応募であれば何の問題もないですが、他の企業だと「ギャンブルをするような人材はちょっと…」と思われる事もあるのでやめておきましょう。

 

また、好みが大きく分かれる趣味に関しても注意が必要です。

野球やサッカーなどのスポーツ観戦が趣味で特定のチームを応援しているような場合は、面接官の趣味と違うと話が弾まない事もあります。

スポーツ観戦を趣味として書きたいと言うのであれば、特定のチームは書かずに「野球観戦によく行きます」といった書き方が無難です。

あえて面接官に「好きなチームは?」など聞かれた際に答えれば良いです!

 

他にも「ゲーム」という趣味も注意が必要です。

最近ではスマホの普及によりゲームをしている方も増えていますし、eスポーツだってあります。
私だって毎日の様にゲームをしています。

しかし、人事や面接官には年配の方も多く、まだ色眼鏡で見られることも多い趣味です。

人事や面接官が若かったり、ゲームや漫画などに関する業界を考えているのであれば、ゲームが趣味なのは大きな強みになりますので、業界次第という部分も大きいですが…

 

「読書」「音楽鑑賞」「映画鑑賞」といった趣味はもっと深く切り込んで書きましょう!

何故なら、圧倒的に多い趣味だからです。おそらく何かの就活本やネットに書いてあるのでしょう。

読書なのであれば、誰の本が好きなのか、どんなジャンルが好きなのかを履歴書に書いておきましょう。

そうする事でたくさんある履歴書の中でも、この人は○○が好きなんだなと印象付ける事が出来ます!

 

面接で大事なのは「いかに相手に自分の事を印象付けるか」です♪

自分のアピールに繋がる趣味がベスト!
自己PRで話そうかなと思っていることに関する趣味を記載しておけば、趣味の話を振られた時にそこから自己PRに繋げやすいです。
こうする事で、より面接官や人事に印象を植え付ける事が出来ますよ!

 

趣味の書き方でアピール出来る!例文一覧

NGな趣味がわかったとしても、書き方がイマイチでは良い印象を与える事は出来ません。

同じ趣味でも、書き方ひとつで印象は全く違いますし、合否にも関係していきます!

趣味を書く際のポイントは「これが好き!」だけでは弱いので、「趣味を通じて自分がどのような経験をして成長したか」をあわせて書くようにしましょう。

注意しないといけない点は、履歴書によっては趣味の欄がある程度スペースを取れるモノもあれば、小さめの欄の時もあります。

ある程度あるモノに関してはしっかりと書いて、小さめの時は一言だけ加えるようにしましょう!

 

例えば、「旅行」が趣味の方は、「海外旅行」や「温泉巡り」など具体的な趣味にすると詳細がわかりやすいので、少し細かく記載する方が、面接の場でも話を持っていきやすいです!

 

旅行

海外旅行(一人で全ての計画を立てて海外に行きます)

 

どちらの方が印象に残りますか?

大半の方が下の記載と感じるはずです。

これだけでも海外に一人で行くことが出来る計画性や、現地で会話などコミュニケーションで乗り越える力がありそうだな。と予想することが出来るので印象にも残りやすいです!

趣味の欄が大きければ、計画性コミュニケーション能力をもっとアピールするような文を入れる事で更に好印象につながりますよね

 

何かしらの「スポーツ」が趣味の場合も下記の様な書き方をする事で印象付ける事が出来ますよ!

 

フットサル(月に2回程度、チームで練習または試合をしています。社会人チームなので様々な年代の方と交流が出来るので、ストレス発散にもなっています。)

 

加えて、試合に出たり賞をもらっている場合は記載したり、学生時代からずっとやっているのであればアピール出来る項目も増えます。

趣味の欄でのアピールポイントは様々ですが、コミュニケーション能力をアピールするのが一番多く、面接官や人事にも好印象を与えやすいので組み込む事をオススメします♪

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今まで、趣味の欄は適当に書いていた方もいたと思いますが、人事や面接官は面接のプロです!
あらゆる箇所から皆さんの個性を見抜こうとしています。

趣味だから気にしないだろう。と思っていれば痛い目を見るかもしれませんよ。

いずれにしても、面接の場はお互いの事を知れる貴重な場なので、しっかり自分をアピールする事に加えて、相手の事も見抜く力も身につけれると完璧です!

仕事は人生の中で多くの時間を奪われるので、自分に合った会社に出会える事が一番良いです!

何回失敗しても最終的に良い会社に巡り合えたら、それで良いのであまり気負いせずノビノビと面接を楽しみましょう♪