派遣の顔合わせと面接の違いって?当日の流れと成功させるコツ

どうも、2年間ほど派遣社員として働いていたゆうともです!

派遣社員になるためには、人材派遣会社に登録した後に顔合わせという謎のステップがあります!

私が派遣社員になる前にも、営業マンと派遣先の企業と私で顔合わせが行われました…

 

いきなり、営業マンからこんな事を言われました。

来週の火曜日に顔合わせをするので予定を開けておいてください!
11:00に東京駅集合でお願いします。

営業マン

ゆうとも

ん…?
顔合わせって何や…面接か?

当時の私は、何も知らなくて意味不明でしたね…笑

 

しかし、私の様な方は意外とたくさんいます!

そんな方々のために、今回は「顔合わせとは何か」「顔合わせと面接の違い」「顔合わせ当日の流れ」「成功のコツ」などをご紹介します!

これから顔合わせの予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください♪

派遣社員の顔合わせとは

では早速、顔合わせについてご紹介します。

 

まず、私たち派遣社員目線で言うと、派遣先を選ぶときに必要な情報を確認できる重要な機会です!

どんな会社なのか。雰囲気はどうか。派遣先の上司はどんな人間かを見る場所です。

 

一方で派遣先の社員にとっては、社内の雰囲気や実際働く部署の雰囲気を見て頂く事で、働きだしてからすぐに辞めるという事を防ぐ事が出来ます!

 

顔合わせと面接の違い

ここまで聞くと、面接なのでは?と思う方もいるかも知れませんが、顔合わせで派遣社員の選考をするのは法律違反になります。

詳しくは後程ご説明しますが、労働者派遣法で決まっているので顔合わせで派遣社員の選考がされる事はありません!

面接というよりも面談・職場見学というニュアンスの方がしっくりきますね。

 

面接は、正社員として働くことを希望する人に対して、自社に必要なのかを判断する場なので、面接の内容によって結果が変わります。

顔合わせは、派遣会社のスタッフと派遣先の担当者に会って業務に関する打ち合わせをする場という訳です!

派遣社員の面接は禁止されている

よく派遣社員の場合の面接は禁止されているといわれますが、少しニュアンスが違います。

 

厳密に言うと、労働者派遣法で禁止されているのは、「派遣労働者を特定することを目的とする行為」です。

つまり、違法とされる「面接」に該当するのは、派遣労働者を特定することを目的とする行為のことを指します。

 

例えば、数人いる応募者の中から若い女性だけに絞って選定したり、この○○さんという派遣スタッフでなければ受け入れない!というのは違法という訳です。

また、派遣先の会社が直接派遣社員に履歴書等を提出するよう要請する場合や、筆記試験や適性検査を行うことも禁止されています!

 

まぁ、面談や顔合わせでも派遣労働者を特定できますが、目的はあくまで派遣先の会社での業務打ち合わせです。

登録した派遣会社から派遣先の企業にスキルシートを送るというのも、派遣先から提出するような要請がなければOKという訳です。

 

何ともグレーゾーンな部分ですけどね…

紹介予定派遣は面接OK
紹介予定派遣の場合は、事前面接や履歴書の提出などが違法に当たりません。

何故かというと、正社員雇用を目的としているので派遣社員の特定行為が認められています!
派遣される前に面接がありますし、履歴書などを書かないといけない場合もあります。

 

顔合わせ後に断られる事もある?

ここまで読むと、顔合わせ=業務の確認だから採用はもう決まっている!と浮かれる方もいますが、実際には断られる場合もあります!

実際に、私自身も顔合わせ後に不採用になったケースもありました…

 

派遣の場合は、面接じゃないから不採用なんてないだろう!と思いがちですが、様々な理由から断れる事があります。

というか、残念なことに「顔合わせ」がほぼ通常の面接と同じように行われているケースが多々あります。

 

登録した派遣会社側も、普通に「今回はダメでした」と言うので断られる事も多いようですね!

ちなみに、以下の様なケースが断られる原因です。

  • 派遣先の競合
  • スキル不足
  • コミュニケーション能力
  • 派遣先の職場環境にあっていない
  • 業務遂行能力が要求基準に達しない
  • 派遣先の人事の許可が下りなかった

派遣先の競合が原因で断られる

これは仕方がない事ですが、派遣先の企業としてもいち早く派遣社員を入れたいので何社もの派遣会社に依頼しています。

自分が就労したいという会社は、魅力的な部分が大きいので他社の派遣社員も多く、競合してしまいます…

 

面接はNGとなっていても、企業側としては採用枠を設けていて、当然人選しなければなりません。

そうなると、落ちる人は必ず出てしまいます。

 

スキル不足が原因で断られる

スキルは問題なさそうと派遣会社が判断しても、実際に派遣先が求めているスキルよりも足りない場合も多々あります。

例えば、未経験者歓迎の職場に応募した場合で、未経験者とバリバリの経験者が応募してきたら、企業側はどちらの人材がほしいですか?

正社員であれば、若い未経験を取る可能性もありますが、即戦力で期間も決まっている派遣となれば、経験者の方が良いです…

選考はしないと言いつつも、スキルが高い方が受かるケースは多いです。

注意
ここで言っているスキルというのは、あくまでも書類上です。

もし仮に、筆記試験を実施された場合は法律禁止されていますので、派遣会社に伝えましょう。
派遣会社も承知の上で、筆記試験を行っている場合は即刻退会して、労働基準監督署に通達すべきです!

 

コミュニケーション能力が原因で断られる

職種にもよりますが、コミュニケーション能力は高い方が優遇されます。

顔合わせ・面談・職場見学と言いつつも、コミュニケーション能力は見られています…

ちゃんと挨拶は出来ているか、質問に対してしっかりと受け答え出来ているかは必ず見られているので注意しましょう!

 

沈黙が続く方は、仕事に対する解決力も低いとみなされる可能性もありますよ。

 

派遣先の職場環境にあっていないという原因で断られるケース

派遣社員が職場環境に合っているかどうかは会社側にとっても働き手にとっても重要なことですよね?

雰囲気で何故か周りに溶け込めていないような気がしたり、疎外感を感じる職場であれば、会社側も同じように感じている事が多いです。

「うちの会社には合わない気がする」と断られるケースも多々あります。

 

明確な理由はないけど、合わないというのは自分ではどうしようもありませんが、合わない会社に行くのも辛いので割り切って次の会社を見つけるようにしましょう♪

注意
筆記試験と同様に適正検査の実施も違法です!

適性診断や性格診断が実施された場合は、違法なので注意してください。

 

業務遂行能力が要求基準に達せず断られるケース

これはどちらかというと、派遣会社のマッチングミスです。

派遣先が求めていたのは専門的な技術を持つ派遣社員なのに、基本的な知識しか持っていないというパターンです。

これは、派遣会社が会社側のニーズと派遣社員のスキルを把握していなかった際に起こりうるパターンなので、派遣先と皆さんは悪くありません!

 

しかし、実際にはよくあるパターンで、派遣会社の営業が数字欲しさに当たって砕けろ戦法をよくします…

本当に迷惑な話ですが、よくあるので注意してください。最悪の場合は派遣会社に担当営業マンを変えてもらう様に申請しましょう。

私も実際にありましたが、最悪の営業マンはいます!もう一生、派遣はやりたくないと思うほどでした。
詳しくは下記の記事にまとめてあるので興味のある方はどうぞ!

派遣SEは底辺!客先常駐は絶対にやめたほうがよい3つの理由

 

派遣先の人事の許可が下りず断られるケース

顔合わせをしても、派遣先企業の人事許可が下りない場合があります。

これは派遣先が悪いので、どうしようもありませんが、現場では派遣社員を募集していても人事の方が予算などを加味して採用をやめるケースがあります。

顔合わせ後に、人事の許可待ちで1週間~2週間程度待たされる場合もあります。

 

ここまで、ご紹介した内容を改めてみると、やはり面接と同じ様なイメージを持つ方も多いですよね…

私自身も、初めて聞いた時は「面接と変わらんやんけ」と思いましたね…

この部分は、派遣業の闇部分なので追及は出来ませんし、グレーゾーンという認識です!

 

顔合わせ当日の流れ

次は、顔合わせ当日の流れをご紹介します。

正直言うと、企業のよって細かい流れは少し違う場合もあります。

今回ご紹介するのは一般的な顔合わせの流れなので、詳しく知りたい方は事前に営業マンに聞いてみましょう!

  • 派遣先業務の説明
  • 自己紹介
  • 職場見学
  • 質疑応答

簡単に言うと、上記の様な流れです!

 

もちろん、派遣先から派遣社員に対する質問や個人情報(スキルを含む)を確認する事は違法なので原則ありません。

中にはルールを無視してくれる企業もありますが、違法です…

派遣先業務の説明

まずは、派遣先からの業務の説明があります。

これは、実際に行う業務の内容もそうですが、求人ではわからない部分も説明してくれます!

 

「会社の雰囲気」であったり、「使用するソフト」「始業時間」「勤務時間」などです。

また、「残業の有無」「休日出勤の有無」などを具体的に確認する事も出来ます。

基本的には、派遣先の企業から伝えられますが、聞きたい部分がある場合は必ずこちらから質問しましょう!

正社員とは違って派遣社員は時間を売っているので、特に「残業の有無」「休日出勤の有無」はしっかりと確認すべきです。

 

稼ぎたい方は残業が多い企業を選ぶと収入は上がります。

私も22歳の時に派遣で働きましたが、手取りで月収が34万ほどありましたよ♪

 

逆に、定時にしっかりと帰りたい方は派遣先にしっかりと伝えておきましょう!

最初に伝えて置く事で、働きだしてからの認識の齟齬を無くすことが出来ます。

 

簡単な自己紹介

簡単な自己紹介は、あなたの持っているスキルや得意なことを伝える場です!

あくまでも派遣先は業務の経験を選考の基準することは禁止されています。

書類に書いてあるスキルの確認なので、職歴や経歴、個人情報になどを伝える必要はないです。

 

しかし、現実は面接の様になっている可能性もあるので、短く自分の事をアピール出来るような自己紹介にしましょう!

自己PRの様に長く喋る必要はありませんが、自分の長所は伝えておくべきです。

 

職場見学

多くの企業は、実際に働く職場を見る事が出来ます。

職場内の見学は、派遣先で働くイメージをつかむためにしっかりと見ておきましょう!

 

働く上で自分に合った雰囲気かどうかは非常に重要です。

会社内でおこなわれる行事や活動についても聞くチャンスなので、積極的に質問をしてみましょう。

 

職場見学のポイントしては「社員が挨拶を返してくれるかどうか」を見極めましょう!

職場見学の段階でこちらから話しかけて話をしてもらうというのはなかなか難しいですが、挨拶であれば時間が無くても出来ます。

 

職場見学ではしっかり挨拶をして、そこで働く人たちがきちんと挨拶を返してくれるかどうか確認してください。

働いている雰囲気は良く見えても、挨拶をして変な顔をされると、その会社の人間関係はあまりよくないと言えます!

仕事をする上でしかたなく会話をしている人たちがほとんどなので、コミュニケーションはあまり期待できないです…

 

質疑応答

質疑応答は、スキルや担当する業務の知識についてでも良いですし、社風などの会社についてでも問題ありません。

説明を受けて疑問に思ったことを確認できる時間もあるので、気になることがあれば必ず質問してください!

 

特に、業務内容・勤務時間や残業に関してはしっかりと確認してください。

後で、営業マンを通して質問も出来ますが、派遣先としても対面で質問された方が印象に残ります。

 

顔合わせの所要時間

顔合わせの所要時間は、企業によってマチマチです…

企業との質問数によるので何とも言えませんが、多く場合は1時間程度を見積もっておくと良いですね!

 

私の場合は、30分程度で終わる事が多かったですが、友人の場合は1時間半や2時間程度の時間をかけて行う企業もあったそうです。

 

ちなみに、私の最短は15分です!さらっと業務説明をされて、遠目から働く部署を見せてもらって終了です…笑

 

顔合わせの服装はどんな格好?

顔合わせの服装については、基本的に就職や転職の面接と同じ格好で問題ありません。

しかし、面接の様にかしこまった場ではないのでオフィスカジュアルでも良いです!

 

男性の場合は、ネイビーや黒のスーツもしくはジャケットを羽織ったオフィスカジュアルOKで寝ぐせやシワシワのYシャツはNGです。

 

女性の場合は、ネイビーや黒のスーツもしくはジャケットとスカートのオフィスカジュアルがオススメです。

髪の毛も自由度が高いですが、ナチュラルメイクにとどめる方が清潔感がアップします!

 

ただし、顔合わせで派遣先が私服勤務の場合でも整えた服装の方が好ましいです。

私も顔合わせの時は、シャツに白パンツのオフィスカジュアルで行きましたが、全く問題ありませんでしたね♪

 

顔合わせの結果はどのくらいで来る?

顔合わせの結果ですが、早ければ当日に来ますし、企業によっては2週間くらいかかることもあります。

通常の場合は、3日程度です!

これは先程伝えた通り、人事の関係性もあります。

 

連絡が中々こないと落ち着かないですよね…

そんな時は、派遣会社に聞いてみましょう!

採用の合否は、派遣先の企業から派遣会社へ報告され、派遣会社の営業マンから皆さんへ連絡が来るという流れです。

営業マンも人間なので忘れている事があるので、あまりにも連絡が遅い場合は派遣会社に連絡してみましょう。

 

ちなみに私の場合は、午前中に顔合わせが終わって、家の最寄駅で昼ご飯を食べている時に採用の連絡が来ました。
本当にトントン拍子で物事が進んで、応募から採用まで3日しか経っていませんでした!

まとめ

いかがだったでしょうか?

顔合わせとは言いつつも、面接と変わらない!とツッコミを入れたくなる内容でしたが、日本はこのような現状です。

今後数年は変わる事はないでしょうね…

 

ただ、派遣というのはメリットが多い雇用形態でもあるので国としてもテコ入れをしにくいという状況でもあります。

働く側としても、正社員とは違うメリットがたくさんあるので是非活用すべきです!

 

私も2年間ほど派遣をしていましたが、私の様な学歴では入れない大手企業で経験を積む事が出来たのですごく良かったです!

派遣の経験があったからこそ、今は外資系のホワイト企業に入社する事が出来ましたし、知り合いも増えました♪

人生の選択肢として、派遣をする事は間違っていないと私は感じました!