30代フリーターやばい|将来どうする?就職は出来ない?

「30歳を過ぎたらどこも雇ってくれない」

「フリーター歴が長いと正社員は厳しい」

「30歳過ぎのフリーターはやばい。正社員なんて無理」

なんて言葉を耳にしますが、全部ウソです!!

 

いわゆる”世間の常識”みたいな感じで皆さん口にしていますが、30代でも正社員に転職は出来ますよ。

 

何故なら、私は転職業界で働いていて、実際に転職した方を何人も見てきましたから!

 

転職希望者とは何百人も会ってきましたが、30代だって当たり前の様にいます。

 

それも、フリーターやニートだった30代の方の割合も多かったです。

 

私の友人も31歳の時はフリーターでした。正社員の経験は一切無し。

 

実家暮らしでフリーター期間の半分以上はニートで引きこもりでしたよ。

 

それでも今はフリーターから正社員に就職して2年目になろうとしています。

 

『少なかったけど賞与ってすごい嬉しいなぁ』と楽しそうにしていました!

 

今回は、「30代フリーターやばいのか?」をお伝えしていきます。

こんなヒト向けの記事:
・30代フリーターに突入して焦っている
・どうするのが正解かわからない

30代フリーターはやばい?正社員になれない?

30 代 フリーター やばい

結論、30代フリーターでもやばくないです。

 

「30歳を過ぎると、正社員は厳しい」というのは間違ってます!

 

正確にいうと、「就活の知識がない人が、正社員になるのは難しい」です!

 

とりあえず、企業に書類を送って面接すれば受かる。と思ってませんか?

 

「10社くらい応募したけど、どこも書類選考受からない」

 

「面接を受けても、上手くしゃべれず落とされる」

当たり前です…。

 

そんな方に多いのが、「経歴には空白期間や、フリーター歴が多くあるからだ!!」と自分を責めてしまいます。

 

そんなに就活は甘くない。

 

転職業界にいた頃ですが、転職サイトの求人には少なくとも1社に50件ほどの応募が来ます。

 

人気の大手企業だと1000件以上の応募が来ることだって普通です。

 

そんな中、何の準備もせず応募したって書類選考すらを突破できるわけありません。

 

運よく書類選考を受かったとしても、面接では周りにいるこれまで正社員として働いてきたキャリアを持つ方には太刀打ちできません。

 

しかし、これは単純に対策をきちんと打てていないだけなんです。

 

例えば、学生の試験なら対策や傾向が事前に知れますよね?

 

でも、就活は会社ごとによって全く異なるのでよく分からない。

 

そうなると、自己流でやってみたり、ネットにある情報をコピペして書類を書いたりします。

 

これだと、何をどうやっても間違った努力で終わってしまうだけなのです。

 

特にネットにある志望動機なんてコピーしようものなら人事にすぐバレます!

 

自分なりの書類を作って、面接でしっかり自分をアピールすることでやっと正社員への道ができます。

30代フリーターがやるべき、就活を成功させる方法

30代フリーターには30代フリーターなりの転職方法があります!

 

だって、20代の様に『若さを武器』にすることは出来ないですからね…

 

では、実際に「30代の就活ならココはおさえるべき」というポイントをお伝えしていきます。

 

これは私が転職業界にいる中で実際に30代の方にポイントをしっかりと抑えてもらって正社員への転職を成功させました。

 

これが出来た人から、採用されていくと言っても過言ではありません!

⑴ 履歴書・職務経歴書

30代 フリーター 履歴書

30代フリーターで正社員雇用を目指している場合、おそらく書きにくい経歴を持っているはずです。

 

例えば、すぐ仕事を辞めてしまった・フリーター歴が長い・ニートをしていた…等

 

だからといって経歴を詐称するわけにはいかないです。

 

詐称して合格してもバレてしまえばクビになるケースもあります。

 

じゃあ30代フリーターはどうするか。

 

別の所でアピールすべきです!

 

仕事ではない部分、アナタの長所、得意な事をアナタなりのエピソードを使ってアピールしましょう。

 

職務経歴書というものは、「真実をキッチリ書いたら正解」ではなく、いかに自分をアピールできるかが重要です!

 

見た瞬間に、「雇いたくないな~」と思わせてしまう内容を避け、雇いたくなるような書き方をするのがコツです!

 

勘違いしてはいけないのは「ウソ」を書くのではなく、「自分をよく見せるため」に経歴のムダ削減すること。

⑵ 面接について

30代 フリーター 面接

書類選考が通ったとしても、面接という就活最大の敵が待っています!

 

言ってしまえば、種類選考はザコ兵士です。その奥にはボスが待っています。

 

面接で落とされる方は、対策不足であるケースがほとんどです。

 

まずは場数をこなして、面接経験を増やして面接慣れをするというのも一つの手です!

 

10回20回と受ける中で、「面接官の心情に訴える」などのテクニックも見つけ出せたりします。

 

しかし、そんなに場数をこなすチャンスが巡ってこないという場合もあります。

 

やはり、ここでも自分をアピールできるかが重要です!

 

面接でよく聞かれるフレーズの回答を自宅でしっかりと準備しておきましょう!

 

職歴では他の応募者に負けていても、人には何かしらの長所があります。

 

そこを最大限にアピールしましょう!

⑶ 第三者のアドバイスは受けた方が良い

書類選考と面接について説明してきましたが、やはり一人で転職活動を続けるのは難しいです!

 

不合格通知が来るたび落ち込んで転職活動を辞めてしまいたくなります。

 

長所をアピールしようにも書類があっているかも分からない。面接だってうまくいくか不安。という方も多いでしょう。

 

そんな時は、第三者として転職エージェントを利用する事をオススメします!

 

転職エージェントは転職のプロです。自分の就活が上手く行かない原因を、客観的に見てくれます。

 

「フリーターなんて相手にされない」と思う方もいると思いますが、転職エージェントは様々な種類があってニート・フリーターに特化したエージェントもあります!

 

どうすれば採用されるかを把握しています。

 

あなたを優しくサポートをしてくれる転職エージェントの存在が、辛い転職を乗り越える重要なポイントになります!

 

転職エージェントに登録すると担当のコンサルタントがあなたについてくれます。

 

その担当コンサルタントが、あなたの情報を見聞きして、「あなただけの応募書類」を一緒に考えてくれます!

 

転職エージェントのコンサルタントは、あらゆる経歴を履歴書や職務経歴書に文字として落とし込むプロ。

 

例えば、職歴がゼロで空白だとしても、特技欄や志望動機であなたの強みをアピールする方法を知っています。

 

職歴がない、少ない方が頭を悩ませる職務経歴書の作り方に関しても同じようにアドバイスしてくれます。

 

作られた応募書類は皆さんがやっていた「ネットからコピペ」だけでは作れない、あなただけの応募書類です。

 

これだけでも、転職エージェントを使う価値は大きいです。

 

さらに、面接対策を行ってくれたり、応募する企業の内情を教えてくれます!

 

入社前に応募する企業の内情を知れるのは本当に良いことで、ブラック企業に入ってしまうのを防ぐことが出来ます!

ニート・フリーターに特化したオススメの転職エージェント!

30代フリーターやばい|まとめ

30代フリーターから正社員に転職することは大変です!

 

しかし、やり方さえ間違わなければ「不可能」ではない

 

正社員だけが人生の全てではないですが、やはり安定といった面で違います。

 

せっかく正社員になってもブラック企業だと意味がありません。

 

そんなミスマッチを防ぐためにも転職エージェントをうまく活用しましょう。

 

無料で使用できてメリット多い転職エージェントを使う事をオススメします!