社内SEでうつ病に…疲れた時はゆっくり休みつつ転職を考えるべき

どうも!ゆうともです。

就職サイト・転職サイトには書かれていない本音を実際にインタビューして皆様にお届けする記事です!

 

今回はIT系の人気職種「社内SE」です。

 

しかし前回の記事とは真反対…。転職に失敗した方へのインタビューです。

 

IT系のお仕事はブラックな企業が多いという傾向があります。

 

 

そんなブラック業界のIT土方から抜け出せるのが「社内SE」と言われています!

 

社内SEへの転職は多くの方が憧れるITのホワイト企業です。

 

しかし、そんな憧れだったはずの「社内SE」への転職が成功したはずの彼は何故、退職することになったのでしょうか。

 

社内SEでうつ病になった後、どのようなキャリアを進んだのかをインタビューしてきました!

 

※社内SEが天国と言っていた方のインタビューは下記から飛べます。
社内se 文系文系から社内SEになれるの?ついていけない?インタビューして聞いてみた!

インタビューお引き受けいただいた方

お名前:Oさん
年齢: 34歳
性別:男性
勤務年数:2年(現在は退職済み)
勤務地:東京
会社内容:社員数6000人ほどで塾の運営や教材販売などを主としている
役職:無し

インタビュー依頼を引き受けて頂きありがとうございました!

社内SEでうつ病になった?

ゆうとも

本日はお引き受け頂きありがとうございます。よろしくお願いします。
早速ですが、ご連絡いただいた時、うつ病の経験があると言っていましたよね?
それは、社内SEとして働いている時ですか?
そうですね!
これは、会社のせいではなく自分の問題ですが・・・

Oさん

すごいパワハラがあったり、死ぬほど働いたり、などはなくて仕事に対する自分のスタンスの問題でした。
初めての転職だったという事もあったのでそれもあるかと。
社内SEで働いている人でうつ病になった人ってあまり聞かないですよね?

Oさん

ゆうとも

あまり聞かないですね。
なので失礼ですけど、すごく興味がありました!笑
あっなんかすいません。笑
でも、社内SEは職場環境的にホワイトになりやすい職種なので仕事が辛すぎるというのはあまりないと思います。
自分の友人も社内SEに転職して楽しそうです!

Oさん

まぁ自分は失敗したのであまりオススメはしていませんが笑
それは働く人のキャリアプランとかスタンスによって変わると思います。

Oさん

社内SEに疲れた理由

ゆうとも

もう少し具体的にやめた理由を教えて頂いてもいいですか?
うーん。自分はやはりエンジニアとしてキャリアを積みたい。
でも、入社した会社でのキャリアステップとしてはITの何でも屋へのステップしかなかった。

Oさん

後はやっぱり自分には社内SEが向いていないと感じたからですね

Oさん

ゆうとも

そうなんですね。
向いていないと感じた点はコミュニケーションとスキルの面といった感じでしょうか?
はい…
社内SEはコミュニケーション能力がすごく必要ですし
様々な仕事をこなしていく能力が足りず勉強するのも疲れました。
それを楽しむ事が出来れば楽しい仕事なんだと思います。

Oさん

 

どんな仕事でも向き・不向きは少なからずあります。

 

社内SEも同じSEからの転職組でも向いていないと転職する人も多いです。

 

社内SEの向き・不向きはこちらの記事にまとめています。

社内SEでの仕事内容は?

ゆうとも

簡単に当時の仕事内容を教えて頂けますか?
主にサーバー系ですね。ネットワーク関係です。
簡単にいうと社内のネット環境を構築したり、サーバーの管理ですね。
ただ、社内SEという位置付けなのでユーザーサポートもやりますし社内アプリのプログラミングも少しやりますね。

Oさん

ゆうとも

なるほど!サーバー系が主という事ですね。
実際に作業の割合的にはどの様な割合ですか?
また、社員数が約6000人という事ですが、部署(同じ社内SE)としては何人ぐらいいますか?
作業割合的には私は7割がサーバー、ネットワーク系ですね。
部署の人数は15名ほどですね。

Oさん

アプリ開発担当だったり、セキュリティ担当だったり業務を全員持っていてそれに付随してヘルプデスク業務が入ってくるという形ですね。
一応ヘルプデスクとして派遣の方を雇っているのでその方々の管理担当もいますね。

Oさん

社内SEの給料や待遇は?

ゆうとも

では次は給料や待遇面に関して教えてください!
まずは給料面ですが、650万ぐらいです!賞与込みで!
私は基本的には土日祝休みでした。

Oさん

ただ、塾の運営もしている会社なので土日祝にヘルプデスク宛にお問い合わせが来ることがありますよね?
そういう場合のために派遣の方々と派遣を管理している社員はシフト制でした。

Oさん

ゆうとも

年収としては東京都いう点を加味するとまずまずというところですね。
ちなみにOさんが土日祝に出勤する事はあったんですか?
頻繁にありましたよ。
基本的にはヘルプデスクとして派遣さんがいるので対応してもらうのですが、
ネットワークの問題などはサーバーとネットワークをメインでやっている社員しかわからないので呼び出されます。
朝昼晩関わらず、会社携帯は常に持っていましたね。

Oさん

休みの日は中々予定を入れる事が出来なかったですね。
アプリ系の微修正とかであれば派遣さんでも出来ますし
週明けに対応でも間に合うのですが、ネットワーク系が死んでしまうと運営に関わるので1秒でも早く修復しないといけないですからね。

Oさん

ゆうとも

なるほど。それは辛いですね。。。
休日とは言っても呼び出せる可能性があるのは気が休まらないですし。
MEMO
社内SEの年収は他職種より年収の幅が大きいです。

なぜなら全くIT系ではない企業にも社内SEがあるからです。

金融系の社内SEは年収も高いので、1000万コースの社内SEもいます。

 

しかし、中小企業であれば年齢別の平均年収よりも低い社内SEもいるのが社内SEの年収事情です。

会社の平均年収によって社内SEの年収も決まると言っても過言ではないです。

また、社内SEは間接部門(直接売り上げをあげない部署)なのでSEやプログラマ、営業職やデザイナーなどよりも年収が低くなりがちです。

なぜ社内SEに転職したの?

ゆうとも

Oさんはなぜ社内SEに転職しようと思ったのですか?
転職するまでは新卒からずっとSIerとしてシステム開発をしていました。
ただ、残業が多く会社に泊まる亊もあって土日出勤も当たり前でした。

Oさん

やっぱり家に帰りたかったですし、
キャリアプランを考える中でネットワーク系やセキュリティ系に興味があったからです。
社内SEに転職してからは土日に呼び出される事はあっても残業はそこまでなかったので、その点では成功していたと思います。

Oさん

ゆうとも

確かに、社内SEはシステム開発だけではなくネットワーク系もやりますし
Oさんが培ったシステム開発の技術も活かす事が出来ますね。
そうですね!
初めはそう感じて自分は「転職に成功した!」と思っていましたよ。

Oさん

社内SEのやりがい

ゆうとも

次は社内SEのやりがいについて教えてください!
良い意味でも悪い意味でも会社のベースとして動けるところですね。
社内の全ての業務に関わりますしシステムがなければ会社は経営できません。

Oさん

自分がこの会社を支えているという実感はありましたね!
でも、それが給料に反映されないのが悲しいですが・・・

Oさん

ゆうとも

私を含め、社内SEをやっている人と感じることはやはり似ていますね!
社内SEは本当に経営陣と近いことが多いですからね。

ゆうとも

私の会社では、本当に経営陣とミーティングをする機会を多かったです。
新しいERPの導入などシステムについては逐一議論をしていました。
Oさんの会社はどうでしたか?
私自身もそうですが、部署としても相当話し合っていましたね!
やはりITは今の時代、必ず必要になりますから!

Oさん

社内SEに転職したメリット

ゆうとも

結果として社内SEをやめてしまいましたが、メリットは何かありましたか?
それはやはり、コミュニケーション能力が身についた事と経営目線が身についた事ですね!
SIer時代でもコミュニケーション能力は必要でしたが、それとは別の力がついたというべきですね!

Oさん

もう一つの経営目線というのは、社内SEとしてシステムの事はもちろん、中期事業計画についても経営と話をする事も多かったので経営者の目線は身に付けることが出来ましたよ!

Oさん

ゆうとも

確かにSIerでは身につきにくい能力ではありますね!

ゆうとも

経営陣とミーティングする機会が多いのは社内SEの特徴ですよね。
現場のプログラマーやエンジニアだと経営陣とはなかなか話せないですからね。
そうですね!
そういった経験は次の職を見つける時でも私の長所になりましたね!

Oさん

社内SEに転職したデメリット

ゆうとも

では続いてデメリットはありましたか?
うつ病になったことを除くと、技術力が落ちたことではないですかね。

Oさん

ゆうとも

やはり、そこですか。
実を言うと、社内SEの私でもその点はデメリットだと感じていますし、他の社内SEも言っていますね。
バリバリのエンジニアやプログラマーは日々新しい技術に触れていますからね。
社内SEはどちらかと言うと運用メインですから。
もちろん、プログラミングもゼロではないですけど。

Oさん

ゆうとも

実際、転職市場でも社内SEの技術力は甘く見られがちですからね。
社内SEからの転職はなかなか難しいと感じる方もいらっしゃいます。
そう言った点では私の転職活動は恵まれていたのかもしれませんね。

Oさん

ゆうとも

元々、Slarとしての経験があったのも大きかったと思います!
社内SEは転職市場で不利!?
先ほど言った通り、社内SEからの転職は少しだけ難しくなります!

それは技術力を求められるバリバリのエンジニアやプログラマーになるときだけです。

しかし、Oさんの様に元々Slarの経験がある方ですと問題ありませんし、経験がない方でも転職する事は可能ですのでそこまで気にしなくて良いです!

うつ病からどうやって転職した?

ゆうとも

最後に、どうやってうつ病から復帰したのか教えてください。
とにかく社内SEに疲れたので、ゆっくり休みました。

Oさん

休みながら、もう社内SEに戻るつもりがなかったので転職エージェントに登録だけしておきました。

Oさん

ゆうとも

うつ病を治療しながら転職活動していたと言うことですか?
いえ、治療に専念はしていましたが、すぐに動けるように登録だけしていました!

Oさん

登録だけしておけば、エージェントの方が良い案件を持ってきてくれるので、気持ち的に余裕がある時に返信していました。

Oさん

ゆうとも

なるほど。では登録だけして気持ちが落ち着いた時だけ転職活動をしていたんですね。
そうですね!時間は掛かりましたが、エージェントの方が優しく根気強く接してくれたのでやりやすかったです!

Oさん

 

実際に、Oさんが使用した転職エージェントをご紹介しておきます!

2つ使用されたそうですが、どちらも丁寧に接してくれたので、うつ病から復帰が出来たのもエージェントのおかげと言っていました!

【DODA】

業界最大手のリクルートエージェントに次ぐ、第2位の実績を誇るエージェントです。

 

DODA」は全国に拠点をもち、全国各地の求人を保有していて、20代から50代まで業界や業種を問わずに対応できるエージェントです。

 

経験豊富なベテランキャリアアドバイザーが多数在籍していて、どんな業界や職種でも転職サポートをしてくれることが特徴です。

 

安定感、企業の多さ、対象の広さや実績から、多くの方が信頼しているエージェントです。

 

社内SEからの転職実績が多い非公開求人を多数紹介してくれたそうです!

 

まずは無料で転職について相談するところから始めましょう。

\\業界最大級の非公開求人!//
転職するなら
DODAエージェントサービス

書類選考不要で転職活動【MIIDAS(ミイダス)】

ミイダスを使えば、あなたの本当の価値を見出す事ができます。

 

高精度の適正年収情報を、アプリ上から必要最低限の質問項目に回答するだけで、転職志望者に提供できると言う優れものです。

 

約200万人も及ぶ年収データベースを保有するパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)だからこそ実現できた、画期的な機能です。

 

MIIDAS(ミイダス)のもう一つの目玉は他転職アプリにはない機能で、他者の転職状況を客観的なデータで詳しく知ることができます。

・どんな職歴を持っていた人が
・どんな業界の
・どのような職種に転職して
・どのくらいの年収を得られるようになったか

という7万人に及ぶ転職者に関する「ビフォー・アフター」のデータが分かります!

 

しかも、MIIDAS(ミイダス)なら何と書類選考不要です。

 

面接が確約された求人企業からのオファーメールしか登録者に届けないというシステムなので、効率的な転職活動ができます。

 

つまり、たった5分で登録でき、職務経歴書やエントリーシートをその都度作成する手間はいりません。

 

面接からスタートできる求人情報が届くのを待っているだけでOKです!

MIIDAS(ミイダス)のおすすめポイント!

 

たったの5分で自分の市場価値(想定年収)が分かる

求人の自動マッチング機能により探す手間が省ける

面接確約なので、書類が通らない。という精神的負荷の軽減

 

まとめ

Oさんの様に技術力がある方でも社内SEが天職になるとは限りません。

 

いくらIT業界のホワイト職種とは言っても向き不向きがあります。

 

社内SEはホワイトな環境になりやすいのは事実ですし、様々な業務を学べる環境にはいると思います。

 

 

ただ、1つの技術を極めたり最新の技術が学べるかというと、それは難しいのも現実です。

 

なのでこれから社内SEを目指している方は一度、自分のキャリアプランを見直して見てください。

 

そうすると自分に社内SEがあうかどうかも分かると思います。

 

ネットの言葉を信じて社内SEは天国だと思って転職しても自分にとっては苦痛な毎日が待っているかもしれません。

 

私みたいに社内SEに転職して本当によかったと思う人もいると思います。

 

人生においてお金は必要なのでどうせなら自分にあった仕事でお金を貰うことが本当に豊かな生活を送る第一歩なのではないでしょうか。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です