【2022最新】ジェネリック家電の掃除機を買うならどれ?おすすめ商品を紹介!

この記事では、ジェネリック家電 掃除機について書いています。

 

お値段がリーズナブルかつ良品質と話題になっているジェネリック家電

かつては価格が安い=悪いというイメージも強かったため、トライするのはなかなか勇気がいるかもしれません。

 

掃除機に関しても、きちんとゴミを吸わなかったり、すぐに壊れてしまってはお金の無駄になってしまいます

 

ただ、ジェネリック家電の掃除機が安いだけで品質が悪いというのは過去の話

 

近年のジェネリック家電の進化はめざましく、老舗の家電メーカーに決して劣らない掃除機がたくさん販売されているんです。

 

なかでも今回は、ジェネリック家電の掃除機であればこのメーカーで間違いない!というオススメをご紹介したいと思います。

ぜひ、生活の質向上を叶えてくれる掃除機を選ぶための参考にしてください。

買ってよかった コードレス掃除機買ってよかったコードレス掃除機|サッと手軽に快適空間

ジェネリック家電の掃除機のおすすめメーカー

ジェネリック 家電 掃除 機

それでは早速、ジェネリック家電の掃除機について紹介していきます。

 

まずは、ジェネリック家電の掃除機を扱うおすすめメーカーを4社ご紹介します。

 

名の知れた大企業から、最近注目を浴びはじめた企業まであるので、気になったメーカーをぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ

まずは、日本人であれば知らない者のないジェネリック家電メーカーの王様、「アイリスオーヤマ」。

 

MEMO
アイリスオーヤマは、プラスチック製品を製造する会社としてスタートしましたが、2000年代に入ると家電領域でみるみるその名を上げていきます。
参考:アイリスオーヤマ公式サイト

 

おそらく現在、アイリス製の商品を見たことがない・使ったことがないという人はいないくらい有名ですよね。

 

そんなアイリスオーヤマが販売している掃除機の種類は、以下のとおり多岐にわたります。

・充電式スティッククリーナー
・コード付スティッククリーナー
・キャニスティッククリーナー
・キャニスタークリーナー
・モップクリーナー
・ハンディクリーナー
・ふとんクリーナー
・ロボット掃除機

これだけ見ると、どんな家の掃除もアイリスの掃除機だけで完結できそうですね。

 

アイリスオーヤマの特徴としては、「無駄な機能がなく」「低価格」でありながら、ユーザーがよりよいものを選択できるよう多品種を扱っていることです。

 

今回は、その中で今最もニーズのある「コードレス掃除機」に着目してご紹介します。

 

アイリスオーヤマのコードレス掃除機の特徴は、以下のとおりです。

・価格帯は約4,000円~110,000円
・紙パック式/サイクロン式あり
・高回転パワーモーターでパワフルな吸引力 ※一部機種
・ハンディとスティックの切り替え可能
・スタンドに立てかけるだけの簡単充電
・軽量タイプあり
・静電モップクリーンシステム搭載
・購入後1年間のメーカー保証付

老舗の家電メーカーの掃除機と何が違うの?と言いたくなるような特徴を備えています。

 

デザインもインテリアとしてなじむようなオシャレなものが多く、見えるところにおいても邪魔になりません。

 

1~2人暮らしの方だけはなく、ファミリー層にもおすすめしたいメーカーです。

 

アイリスオーヤマについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

アイリスオーヤマ 安い理由アイリスオーヤマはなぜ安い?理由は安かろう悪かろう?

マキタ

マキタ(https://www.makita.co.jp/)は、1915年に愛知県で創立された歴史ある電動工具メーカーです。

工具を扱う仕事についていたり、DIYが好きな方でないとあまり馴染みがないかもしれません。

 

しかしマキタは、電動工具において世界で20%国内では60%のシェアを占めている業界随一を誇るメーカーなんです。

 

更に、業務用だけではなく家庭用の掃除機も手掛けており、一般ユーザーからも高い評価を得ています。

 

一番の特徴といえばやはり、高性能なバッテリーにより高い吸引力を実現していることですが、まとめると以下のとおりです。

・価格帯は約15,000円~40,000円
・紙パック式/サイクロン式あり
・吸込仕事率125Wのハイパワー ※一部機種
・ブラシレスモーター採用で耐久性アップ ※一部機種
・クラス最高の静音性を実現 ※一部機種
・軽量タイプあり
・購入後1年間のメーカー保証付

プロの清掃業者も認める性能なだけあって、吸引力や耐久性はピカイチでしょう。

 

デザイン性という面では他のメーカーよりもシンプルで、どちらかというと業務用に近いものを感じますが、性能面で選ぶならマキタがおすすめです。


Orage(オラージュ)

Orageは、大阪府にあるフュージョンマーケティング株式会社のオリジナルブランドです。

 

MEMO
インターネット通販事業やオリジナル商品の開発・販売などを行っている会社で、最近注目を浴び始めている会社です。

 

掃除機に関しては、サイクロン式クリーナーとロボット掃除機を扱っています。

 

主な特徴としては以下のとおりです。

・価格帯は約20,000円~110,000円
・サイクロン式
・強力吸引で細かい粉じんも吸収
・LEDライト装備のフロアヘッド
・軽量タイプあり
・購入後2年間のメーカー保証付

掃除機として十分な機能を備えており、見た目はスタイリッシュで、ダイソン製品に似た雰囲気を感じます。

 

見た目がかっこよく、しっかり吸引する掃除機を試したい方におすすめのメーカーです。


TWINBIRD(ツインバード工業)

TWINBIRDは、1951年に創業された家電メーカー、ツインバード工業株式会社のブランドです。

 

MEMO
生粋の日系メーカーで、2021年には「感動シンプル」というブランドラインを立ち上げ、本質をとことん追求する姿勢をコンセプトとして掲げています。

 

調理家電生活家電など、多岐にわたる商品を自社で製造・販売しており、扱っている掃除機の種類も豊富です。

 

製品の主な特徴としては、以下のとおりです。

・価格帯は約4,000円~60,000円
・紙パック式/サイクロン式
・ゴミセンサー搭載で小さなごみもしっかり吸引
・付属フックにかけるだけの簡単充電
・軽量タイプあり
・購入後1年間のメーカー保証付

信頼性の高い日本製でありながら、かなりリーズナブルな商品提供を行っています。

 

1~2人暮らしの部屋であれば十分に事足りるスティッククリーナーも、1万円以下で購入が可能

 

ジェネリック家電では珍しい、白黒以外のカラーラインナップも豊富です。

ピンクや黄色、水色など可愛らしい掃除機がインテリアとして映えるので、見た目にもこだわりたい!という方はぜひチェックしてみてくださいね。


ジェネリック家電の掃除機おすすめ|価格重視

ご紹介したおすすめのジェネリック家電の掃除機メーカーのなかから、特に注目してほしい商品を2つピックアップします。

まずは、価格重視の方向けのコードレス掃除機を2つご紹介!

ツインバード 掃除機 TC-E123SBK

まずは、ツインバードのサイクロン式コードレス掃除機「TC-E123S」シリーズ。

 

Amazonのスティッククリーナー売れ筋ランキング第2位を獲得する人気商品です。

 

MEMO
ちなみに、1位の商品はマキタのコードレス掃除機ですが、価格は2倍以上も違います。
価格重視で買うならツインバードに敵うものはないでしょう。

 

スティックでもハンディでも使える2wayタイプで、本体重量は1.7kgと軽量

 

収納に困らないスリムタイプでありながら、吸込仕事率70Wとパワーもきちんと兼ね備えた優秀な掃除機です。

 

そして、なんとお値段は約4,000円ととってもお財布にやさしいのが嬉しいポイント。

 

日本製でこの破格はなかなか出会えるものではないです。

 

1人暮らしの学生さんや社会人の方は、まずこちらをゲットしておけば間違いないでしょう。


アイリスオーヤマ 掃除機 SCD-141P-B

アイリスオーヤマのサイクロン式コードレス掃除機「SCD-141P」シリーズもかなりお買い得な商品です。

 

スティックでもハンディでも使用でき、本体重量は1.3kgと超軽量

極細タイプでスペースいらずなのに、ハイパワーな吸引力で見えないゴミまで吸引します。

 

さまざまなアタッチメントを購入すれば、窓の隙間や車の座席の掃除にも使えます。

 

1K~1LDKのお部屋であれば十分問題なく機能を発揮してくれるでしょう。


ジェネリック家電の掃除機おすすめ|性能重視

ジェネリック 家電 掃除 機

次に、性能もできる限り重視したい…という方向けに、おすすめのコードレス掃除機を2つご紹介します。

マキタ 掃除機 CL001GRDW/O

まずご紹介するのは、マキタのコードレス掃除機CL001GRDW/O」シリーズ。

 

最大の特徴は、吸込み仕事率が125W(パワフルモード時)という、スティックタイプでは珍しいほどの吸引力を持っているんです。

 

MEMO
吸込み仕事率とは、掃除機のヘッドを取り付けないまま空気を吸い込む力を示した数値のことで、吸引力を表すスペックの大きさを表します。

 

通常、スティックタイプであれば、50W~100Wあれば十分といわれているので、マキタの掃除機がいかにすごいかがわかりますよね。

 

ただし、吸込み仕事率は「空気を吸い込む力」を表しており、その他のブラシやヘッドといったパーツによっても掃除機としての性能は変わります。

 

そのため、吸込み仕事率が大きい=性能が良い!と一概に言えるわけではありませんが、マキタが吸引力に優れているのは事実。

 

プロの職人も認めるマキタの技術を、あなたもぜひ自宅で実感してください!


マキタ 掃除機 CL282FDZW

続いてご紹介するのは、マキタのコードレス掃除機「CL282FDZW」シリーズ。

 

「CL282FDZW」は吸込み仕事率が60W(パワフルモード時)と、先ほど紹介した商品と比べると抑えめです。

 

しかし、質量は1.5kgと軽量でありながら、さすがのマキタと言わんばかりのバッテリー性能を備えているんです。

 

同様のスペックのスティッククリーナーであれば、標準モードで20分~30分ほどの連続使用時間(フル充電時)。

そんな中、「CL282FDZW」は標準モードで連続使用時間50分強モードでも20分という驚異のバッテリー持ちを発揮しています。

 

これで本体価格が約12,000円という破格で、充電切れのイライラもない掃除機を求めるなら、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。


まとめ

新生活をするにあたっての新調や買い替え、2台目の購入など、どんな理由であっても安くて性能の良い掃除機が欲しいのはみな同じですよね。

 

今回ご紹介したジェネリック家電の掃除機は、価格がお財布に優しいだけではなく、掃除機としての性能をしっかりと備えたものばかり。

 

ぜひここでピックアップした商品も参考にして、生活の質を向上させられる掃除機を見つけてくださいね!