ジェネリック家電の洗濯機はどれがいい?おすすめ商品を紹介!

この記事では、ジェネリック家電の洗濯機について書いています。

 

多くの家庭で毎日1回以上スイッチを入れる家電の1つが「洗濯機」ですよね。

毎日使うものだからこそ質のいいものを買いたい、そう考える方はきっと多いでしょう。

 

そんなあなたにおすすめなのが、低価格で必要最低限の機能を備えたジェネリック家電」。

 

しかし、結局は安い=品質が悪いなんじゃないの?という疑いをもって、この記事にたどり着いたかもしれません。

 

そんな事はありません!

 

今回ご紹介するのは「すでに高い評価を得ているおすすめジェネリック家電の洗濯機」です。

 

品質に厳しい日本で評価され、生き残ってきたメーカーであれば、一定の信頼も感じられるのではないでしょうか。

 

まだちょっと不安という方、どれを選べばよいかわからないという方にも、分かりやすく各メーカーや商品の特徴をご紹介します。

 

ジェネリック家電の洗濯機選びを失敗したくない方はぜひ参考にしてください!

ジェネリック家電の洗濯機おすすめメーカー

ジェネリック家電 洗濯機

それでは早速、ジェネリック家電の洗濯機について紹介していきます。

 

まずは、おすすめメーカーについてです。

ジェネリック家電の洗濯機を販売しているメーカーは日本、中国を中心として複数あります。

 

そのなかでも今回は、評判が高く、世間に広く浸透されつつあるメーカーを4つご紹介します。

アイリスオーヤマ

まずは、アイリスオーヤマ

一度も使ったことがない…という方はほとんどいないくらい、私たちの生活に浸透してるメーカーで、ジェネリック家電の代表的存在です。

MEMO
元々はプラスチック製品の生産・販売を行う会社として設立されましたが、2000年代になると家電領域に力を入れ始めます。
参考:アイリスオーヤマ公式サイト

 

なんといってもアイリスの強みは、国内の老舗メーカーで経験を培ったエンジニアの技術を使って、あえて「無駄がなく使いやすいリーズナブルな製品」を開発し続けているところ。

 

「なるほど家電」とうたっているように、無駄な機能を省いたうえで、快適な生活を過ごすための便利機能をしっかりと備えているのです。

 

アイリスオーヤマの洗濯機の具体的な特徴をまとめると、以下のとおり。

・タイプはドラム式・縦型の2種類
・容量は4.5kg~10.0kg
・8つの洗濯コースを搭載
・1~24時間の予約タイマー機能付
・しっかり脱水する部屋干しモードあり
・洗剤自動投入機能搭載 ※一部機種
・乾燥機能あり ※一部機種

一人暮らしや仮住まいで、とりあえず洗濯機能がほしい!という方から、毎日洗濯〜乾燥まできちんとしたいというファミリーまでのニーズを網羅した商品ラインナップです。

 

また低容量のモデルでも、8つの選択コースや予約タイマー機能など、必要最低限の機能きちんと備えられているので安心。

 

できるだけ安く抑えたいけれど、聞いたことのない名前のメーカーは不安…という方にはもってこいの製品です。

 

アイリスオーヤマについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

アイリスオーヤマ 安い理由アイリスオーヤマはなぜ安い?理由は安かろう悪かろう?

AQUA(アクア)

AQUAは、三洋電機という日本の家電メーカーの流れを受け継いでいるメーカーです。

 

MEMO
三洋電機は、独自の技術開発によって数々の電化製品を生み出していましたが、2006年にパナソニックに買収されました。

 

その後パナソニックが、中国大手家電メーカーのハイアールへ、旧三洋電機の冷蔵庫と洗濯機の事業を売却。

 

旧三洋電機が「AQUA」というブランド名で冷蔵庫や洗濯機などの開発を行っていたことから、現在もその名前で旧三洋電機の流れをくむ製品が販売されています。

 

「ハイアール」と聞くとピンとくる方も多いと思いますが、まだAQUAという名前はあまり浸透していないのが事実。

 

しかし、日本の技術開発が根底にあることや、高度な性能と耐久性が求められる業務用家電のノウハウを活かしていることから、その性能は決してあなどれません。

 

AQUA製洗濯機の主な特徴としては、以下のとおりです。

・タイプはドラム式、縦型、二槽式の3種類
・容量は4.0kg~14.0kg
・7つの多彩な洗浄コースを搭載
・使いやすいスマートデザイン
・高い洗浄力と衣類ダメージケアを両立する「激落ちケア洗浄」

AQUAの洗濯機は、タイプ・容量など多彩なラインナップが強みです。

 

シンプルでなじみやすく、大容量でありながらコンパクトサイズを実現しているので、どんな家庭でも使用できるのが嬉しいポイント

 

また、コインランドリー用の洗濯機なども販売しているため、業務用のノウハウが活かされた商品開発によって高い洗浄力を実現しています。

山善

山善も、ジェネリック家電の代表的メーカーとして確固たる地位を築きつつあるメーカーです。

 

MEMO
商社の機能も持ちつつ、1980年代ごろからオリジナルの家電製品の企画・製造・販売を行っています。

 

山善の洗濯機のラインナップとしては少ないですが、3.8kg~7.0kgの洗濯機を3万円前後という破格で販売しており、節約志向の1~2人暮らしにはもってこいのメーカーです。

 

洗濯機のおもな特徴としては、以下のとおり。

・タイプは縦型のみ
・容量は3.8kg~7.0kg
・5~6つの洗濯コースを搭載
・シンプルでわかりやすい操作
・洗濯物を取り出しやすいワイド設計
・空気を洗濯槽内にとりこんで洗濯物を乾燥させる「風乾燥」 ※一部機種

他社にはなかなかない、容量3.8kgの小型全自動洗濯機があるのもポイント

 

一人暮らしの1日の洗濯量は約1.5kgといわれているため、2日に1度の頻度でしか使わない方にもぴったりです。

 

機種は選ばないのでとりあえず安いものを!という方に最適なメーカーといえるでしょう。


maxzen(マクスゼン)

マクスゼン株式会社はまだあまり知名度はありませんが、家電製品やカメラ商材を中心として、幅広い電化製品の製造・販売を行っている日本の会社です。

 

洗濯機に関しても、シンプルかつコスパのよい多彩なラインナップを有しています。

 

おもな特徴としては以下のとおりです。

・タイプは縦型、二槽式の2種類
・容量は5.0kg~9.0kg
・7つの洗濯コースを搭載
・シンプルな操作パネル
・空気を洗濯槽内にとりこんで洗濯物を乾燥させる「風乾燥」 ※一部機種
・静音設計のインバーター式 ※一部機種

タイプ・容量にあわせて多様な商品ラインナップのなかから、家庭に合うものを選択できます。

 

まさに必要最低限の機能をしっかり備えた、シンプルなつくり。

一人暮らしに十分なサイズの5.0kgであれば、2万円代で購入が可能というコスパの良さも魅力です。

 

容量はある程度欲しいけれど、安くてコスパのよいモデルがほしい!という1~2人暮らしに最適なメーカーといえますね。

ジェネリック家電の洗濯機おすすめ|価格重視

ジェネリック家電 洗濯機 おすすめ

ここからは、ジェネリック家電の洗濯機を扱うおすすめのメーカーから、評価の高いものをいくつかピックアップします。

 

まずは価格重視の方向けのおすすめ洗濯機を3つご紹介します。

 

とにかく安いものを買いたい!という方は必見です。

山善 小型全自動洗濯機 YWMB-38

まずご紹介するのは、山善の小型全自動洗濯機。

 

容量は3.8kgと一人暮らしにぴったりなコンパクトサイズです。

 

底面は約50cmの正方形で高さは79cmと洗濯機とは思えないくらいの小ささで、狭い賃貸のアパートなどでも設置可能

 

おもちゃみたいなものでは?と思えそうですが、6つの洗濯コース水量調節チャイルドロックなど必要な機能はきっちり備えられています。

一人暮らしで洗濯物の量は少なめ~普通

 

ペット用品や作業着など特定の衣類専用として使いたい

山善の小型全自動洗濯機は、このような方に最適でしょう。


MAXZEN(マクスゼン)JW50WP01WH

こちらは最近注目を浴び始めているジェネリック家電メーカーMAXZEN(マクスゼン)の全自動洗濯機です。

 

1~2人暮らしで使える5.0kg容量を備えながら、およそ2万円という破格

 

以下の基本機能はしっかり備わっているので、数年間暮らすのに問題なく使えればいい!という方はぜひ検討の価値ありです。

・5つの洗濯コース
・3つのすすぎコース
・風乾燥機能
・槽洗浄・槽乾燥
・予約タイマー機能

5つの洗濯コースの中には、衣類へのダメージを軽減する「ソフトコース」もあるので、おしゃれ着を洗濯したい!という女性などにもおすすめです。

 

とにかく安くジェネリック洗濯機が欲しい方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。


アイリスオーヤマ 全自動洗濯機 IAW-T504

こちらは、1~2人暮らしに最適な5.0kg容量のアイリスオーヤマ全自動洗濯機です。

・6つの洗濯コース
・風乾燥機能
・槽洗浄

・槽乾燥
・予約タイマー機能

以上の基本機能に加えて、省スペースを叶える高さ抑え目(83.5cm)設計で、狭い部屋にもぴったり。

 

もちろん洗濯コース次第で、毛布やデリケートなおしゃれ着も洗濯可能です。

 

お値段もおよそ2万5千円とかなりお手頃。

 

メーカーのブランドにこだわりつつ、コスパのいい商品を買うならアイリスオーヤマ一択でしょう。


ジェネリック家電の洗濯機おすすめ|機能重視

ジェネリック 洗濯機 おすすめ

次に、機能を重視する方向けのおすすめ洗濯機をピックアップしてご紹介します。

 

できるだけ安い方がいいけど、一定の機能と性能は捨てられない!という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

アイリスオーヤマ ドラム式洗濯機 FLK832A

まずはアイリスオーヤマのドラム式洗濯機です。

 

ドラム式は縦型と比べて、「少ない水量で洗える」「衣類を傷つけにくい」というメリットがあります。

 

シンプルでありながら、しっかりと洗濯から乾燥までを行ってくれる洗濯機です。

 

特徴をまとめると以下のとおり。

・8つの豊富な洗濯・乾燥コース
・分かりやすい操作パネル
・洗濯・乾燥の予約タイマー機能付
・タテ型と比較して約2分の1の水量で洗える
・80%ドライの「ふんわりシワ取りコース」あり
・ニオイ・黄ばみを抑制する温水洗浄機能付

100%乾燥やお急ぎはもちろん、おしゃれ着コースなど、衣類の種類に合った最適な洗浄を行うことができます。

 

また、脱水後に80%乾燥させる「ふんわりシワ取りコース」で、干し時間の短縮とシワのない仕上がりを実現。

通常の洗濯+部屋干しよりも約3時間早く乾くため、その日中に洗濯物を取り込むこともできます。

 

更に40℃以上の温水で洗浄することで、洗剤の中の酵素を活性化させ、ニオイの原因菌を除去が可能です。

 

衣類の食べこぼしやシャツ襟の皮脂汚れなどガンコな汚れも落としてくれます。

 

Amazonなどのタイムセール時には10万円をきることもありますが、これだけの機能を備えて10万円以下のドラム式洗濯機はかなりお得でしょう。

ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。


AQUA タテ型洗濯乾燥機 AQW-TW9M

AQUAからは、乾燥機能付きのタテ型洗濯乾燥機がおよそ10万円で発売されています。

 

コインランドリーシェアNo.1のAQUAが作る洗濯機は、なんといってもその洗浄力ですが、衣類を傷つけない工夫がきちんと施されているところがポイント。

・高濃度の洗浄液で衣類を包み、奥まで浸透させてガンコな汚れも取り除く
・7つの多彩なコースで、衣類に合わせた洗浄力を発揮
・使用時のみ点灯するタッチパネルなど、スタイリッシュなデザイン
・しわを抑えたふんわり仕上げ

このように、ジェネリック家電にここまで期待していいのか?と思うほどの嬉しい機能をしっかり内蔵しています。

 

インテリアにも馴染みやすいので、ドラム式には抵抗があるが、乾燥機能がついた洗濯機がほしい!という方にぴったりでしょう。


アイリスオーヤマ 全自動洗濯機 IAW-T806HA

最後はアイリスオーヤマのタテ型全自動洗濯機です。

 

基本的な機能は、以下のとおりとなります。

・洗剤、柔軟剤の自動投入機能付
・6つの選べる洗濯コース
・上質でお手入れのしやすいガラスふた
・洗濯、乾燥の予約タイマー機能付

乾燥機能はついていませんが、通常よりもしっかり脱水を行う「部屋干しモード」で、乾かす時間を短縮できます。

 

お値段はおよそ5万5千円と、アイリスのドラム式洗濯機のおよそ半分

 

やっぱりイニシャルコストの安さは捨てがたい!という方は、ぜひアイリスのタテ型全自動洗濯機を候補にいれてみてはいかがでしょうか。


ジェネリック家電洗濯機|まとめ

ジェネリック家電の洗濯機は、シンプルで必要最低限の機能だけに絞った超低価格なものから、必要な機能に加えてユーザーに嬉しい便利機能を備えたものまで幅広く存在します。

 

「特にこだわりなく、洗濯機としての機能をしっかり果たすものであればブランドを問わない」という方には、最適の選択肢といえるでしょう。

 

今後はジェネリック家電もどんどん進化し、より従来製品との性能差も縮まっていくかもしれません。

 

興味を持った方はぜひ、次の選択肢にジェネリック家電を入れてみてくださいね。