ジェネリック家電の冷蔵庫はどれがいい?おすすめ商品を紹介!

この記事では、ジェネリック家電の冷蔵庫について書いています。

 

新生活を始める方や、長いあいだ愛用していた商品の買い替えを検討している方など、ジェネリック家電の冷蔵庫ってどうなの?と気になっている方は多いでしょう。

「とにかく安いものがいいが、使い物にならないのは勘弁してほしい…」

 

「最近は安いものでもしっかりしていると聞くけど、どれを選んだらいいんだろう?」

 

アナタもこんな風に悩んでいませんか?

 

冷蔵庫は1日たりとも欠かせないものであり、購入・設置コストも大きいため、できる限り丈夫で長く使えるものがいいですよね。

 

実はいま人気のジェネリック家電の冷蔵庫は、良質でコスパもよく長く使えるものが多いんです。

 

今回は、ジェネリック家電の冷蔵庫を買うならここ!というメーカーや、今買うべきおすすめ商品をピックアップしてご紹介します。

買いたいけどどうしよう…と迷っている方は必見です!

冷蔵庫 どこで買う冷蔵庫はどこで買うのがお得?店舗とネットはどちらが良い?

ジェネリック家電の冷蔵庫のおすすめメーカー

ジェネリック家電 冷蔵庫

まずは、ジェネリック家電の冷蔵庫を取り扱うおすすめのメーカーを4社ご紹介します。

 

名の知れた企業から最近注目を浴び始めた企業まであるので、よくチェックしてくださいね!

アイリスオーヤマ

ジェネリック家電の代表的な日系メーカーといえば、「アイリスオーヤマ」ですよね。

 

MEMO
アイリスオーヤマは、もともとプラスチック製品やガーデニング用品を製造する会社でしたが、過去20年ほどのあいだに家電領域に進出し、みるみる名をあげていきました。
参考:アイリスオーヤマ公式サイト

 

大型の家電量販店やショッピングモールだけではなく、地元のホームセンタースーパーマーケットなどでも販売しており、私たちの生活に身近な存在となっています。

 

そんな社会的信頼も確立しているアイリスオーヤマは、もちろん冷蔵庫もバラエティ豊富に取り扱っています。

 

アイリスオーヤマの冷蔵庫の特徴を簡単にまとめると、以下のとおりです。

・ポータブルタイプ、1~3ドアタイプあり
・定格内容積は20~320L
・価格帯は1万円~12万円程度
・設置無料サービス・リサイクル回収サービスあり
・購入日より1年間の保証付き

上記は全体的な特徴で、商品によっては省スペースな薄型タイプ急速冷凍機能付き、スマホで庫内を確認できるストックアイ機能付きなど選択肢はさまざま。

 

冷凍機能だけのものや、ワインセラーなども取り扱っているので、2台目の購入を考えている方にもおすすめですよ。

 

アイリスオーヤマについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

アイリスオーヤマ 安い理由【なぜ安い?】アイリスオーヤマが安い理由|安かろう悪かろう?

maxzen(マクスゼン)

maxzenは、家電製品やカメラ商材を中心として、幅広い家電製品の製造・販売を行うマクスゼン株式会社が展開するジェネリック家電ブランドです。

 

まだあまり知られていないかもしれませんが、テレビ洗濯機など良品質・低価格の商品を多数取り扱っており、注目を浴び始めています。

 

冷蔵庫についても、さまざまな種類の商品を販売しており、部屋の大きさや家族構成に応じた選択肢も豊富

 

主な特徴についてまとめると、以下のとおりです。

・1~2ドアタイプあり
・定格内容積は46~231L
・価格帯は1.2万円~5万円程度
・購入日より1年間の保証付き

デザインや機能はいたってシンプルですが、コンパクトながらたっぷり収納できる冷凍室など、一般的に冷蔵庫に求められる性能はしっかり備えられています。

 

MEMO
いろいろな便利機能を楽しみたい方には適していないかもしれません。

 

しかし、冷蔵・冷凍機能が問題なく使えればOKという方にはピッタリでしょう。

 

1~3人家族に最適な231Lでも5万円弱という破格なので、試してみる価値は大いにありますよ。


ハイアール

ハイアールは、1984年に中国で創業された家電メーカーで、当初は冷蔵庫を中心に製造・販売を行い、業績を伸ばしました。

 

MEMO
現在は、エアコンや洗濯機など白物家電からパソコンなどのIT機器に至るまで、さまざまな製品を展開しています。

 

特に初期から注力していた冷蔵庫事業については、世界シェアNo.1を誇っており、全世界において確固たる地位を築くメーカーです。

 

そんな世界が認めるハイアールの冷蔵庫の特徴としては、以下のとおりです。

・1~2ドアタイプあり
・定格内容積は40~468L
・価格帯は1.7万円~15万円程度

ハイアールはジェネリック家電メーカーでありながら、最大468Lという大容量の冷蔵庫を取り扱っています。

 

ジェネリック家電というと、1~3人暮らしなど省スペースを意識した層向けという認識も強いですが、ハイアールにかかれば大人数のファミリーでも大丈夫。

 

うちは量が命だから…というご家庭も、一度検討の価値ありでしょう。


ハイセンス

ハイセンスも、ハイアールと同様中国で創立されたメーカーで、家電製品や通信機器などを主として取り扱っています。

 

日本においても、2010年にハイセンスジャパン株式会社が設立され、2013年ごろからハイセンス製の冷蔵庫の販売を開始。

 

いまや日本の家電業界においても、主要メーカーの1つとしての地位を築きつつあるブランド。

扱っている冷蔵庫の種類も豊富で、低価格ながらスタイリッシュかつ美しい見た目の商品が多いことがポイントです。

 

主な特徴を述べると、以下のとおりです。

・1~3ドアタイプあり
・定格内容積は42~360L
・価格帯は1万円~8万円程度

小さなサイズから大容量サイズまでそろえており、すべて10万円以内で購入可能なため、予算内でアナタに最適な冷蔵庫を見つけられるはずですよ。


ジェネリック家電の冷蔵庫おすすめ|価格重視

ジェネリック家電 冷蔵庫 おすすめ

ではここからは、ジェネリック家電のおすすめ冷蔵庫を3つ厳選してご紹介します。

 

まずは、「とにかく安いものを探している!」という価格重視の方向け商品です。

ハイアール 冷蔵庫 173L JR-NF173B-W

世界シェアNo.1を誇るハイアールが指示される理由は、良品質でありながら驚くほどリーズナブルな価格で提供していること。

 

こちらは1人暮らしや2人暮らしにおすすめの173Lですが、なんとお値段は3万円台という破格になっています。

 

実用的でシンプルなデザインなので、どんなインテリアにも馴染み飽きがこないのも嬉しいポイント。

 

たっぷり収納が可能な引き出し式クリアバスケットや、2Lペットボトルが3本すっきり収まるドアポケットも装備しています。

MEMO
天板部分は耐熱性能を持っており、冷蔵庫の上に電子レンジをおいて使うこともできるので、スペースをできるだけ有効活用したい方にぴったりです。

とにかく価格が安いモノを探しているという方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。


マクスゼン 118L 2ドア 冷凍冷蔵庫 JR118ML01WH

マクスゼンの118Lの冷凍冷蔵庫は、1~2人暮らしに最適なサイズ。

シンプルで飽きのこないデザインで、スリムなのにたっぷり収納が可能です。

 

ドアポケットや仕切り板などはお好みに合わせて高さを変更できるので、大きなお鍋やケーキの箱もらくらく収納!

 

MEMO
冷凍室も奥行きがしっかりあり、3つのクリアケースで仕切られているため、食品が重なりあってごちゃごちゃする心配もありません。

 

1人暮らしだがしっかり料理をする方から、2~3人家族で週に何度か自炊する方までおすすめしたい冷蔵庫です。

アイリスオーヤマ ノンフロン冷凍冷蔵庫 162L IRSE-16A

アイリスオーヤマの公式通販サイトでも人気ランキング1位を獲得している、ノンフロン冷凍冷蔵庫。

 

1~2人暮らしにぴったりな100Lの冷蔵室に加え、大容量の62L冷凍室が搭載されています。

 

いまや生活に欠かせない冷凍室は、3段のクリアケースで仕切られており、冷凍食品なども簡単に整理が可能。

 

また、マットな白と黒の2色展開で、落ち着きや上品さを感じるデザインになっています。

 

しっかりと容量を確保しつつ、狭いキッチンでも使いやすいスリム型なので、冷蔵庫にスペースをとりたくない方にも最適です。


ジェネリック家電の冷蔵庫おすすめ|機能重視

ジェネリック 冷蔵庫

「リーズナブルなジェネリック家電に挑戦してみたいが、ある程度の性能は確保したものがいい!」という方向けに、機能重視で選んだ冷蔵庫を3つご紹介します。

アイリスオーヤマ カメラ付き冷蔵庫 296L IRSN-IC30A-W

この冷蔵庫は何とびっくり、スマートフォンと連携させると外出先から冷蔵庫の中身が確認できる「ストックアイ機能を備えているんです。

 

「何が必要なんだっけ?」「これも切れていたような…」とあいまいな記憶を頼りに食品を購入した結果、無駄な買い物をしてしまったという経験はありませんか?

 

ストックアイ機能を使えば、二重買いや買い忘れ、食品ロスなどを防ぐことができるのです。

 

仕組みとしてはまず、冷蔵庫の中についたカメラによって、冷蔵庫のドアの開閉ごとに庫内の写真が撮影され、クラウドに保存されます。

あとは専用のスマホアプリで画像を確認するだけ。

スマホアプリには、各食品の賞味期限を管理する機能もあり、入力しておくと期限前日にリマインドしてくれます。

参考:アイリスオーヤマ公式サイト

 

そのほか、以下のような嬉しい機能も搭載しています。

・たっぷり入る冷凍室(買い物かご約1.7個分)
・自動製氷付き
・急速冷凍機能付き
・ファン式自動霜取り機能付き

 

家族みんなで冷蔵庫を使う方や、最先端をいくジェネリック家電を使いたい!という方にピッタリの冷蔵庫といえるでしょう。


ハイアール 冷蔵庫 294L JR-NF294A-S

ハイアールの1~2人暮らし用冷蔵庫の特徴は、ソフト冷凍区っ切り棚冷凍室セレクトゾーンの3点。

 

まず、ソフト冷凍は冷凍肉や魚、アイスクリームなど、いざ使おうとすると固まっていて困った…という悩みを解決してくれる機能です。

 

小分けも不要で、パックやタッパーごと入れておけば、使うタイミングで取り出してすぐに食べたり調理することが可能。

 

MEMO
区っ切り棚は、無駄なスペースなく食品を保存するのに最適で、ドアポケットも2Lペットボトルが5本収まる便利サイズになっています。

 

セレクトゾーン機能によって、冷蔵庫内の温度を‐20℃~5℃まで1℃単位で調節が可能なため、ライフスタイルに合わせた使い方ができますよ。


ハイセンス 冷蔵庫 280L HR-D2801W

ハイセンスの冷蔵庫は、シンプルで無駄がなくスタイリッシュな見た目が特徴です。

 

280Lのタイプは他社にあまりない、上質なブラウンカラーをラインナップ。

深みのある色なのでどんなお部屋にも馴染み、ただの保管場所ではなくインテリアの一部として感じられます。

 

つなぎ目なしの一体構造なので、庫内のすきまに汚れがたまらず掃除もらくらく

 

入れるものの大きさによって棚の高さの調整が可能なスライド棚や、生鮮食品を保存しておくフレッシュケースもしっかり装備しています。

 

ちょっとおしゃれな冷蔵庫をおいてみたい!という方は検討してみてはいかがでしょうか?


まとめ

冷蔵庫はつねに稼働させておくものであり、私たちの生活には1日たりとも欠かせない存在です。

 

まして直接口にするものを保存する場所だからこそ、慎重に選びたいですよね。

 

とはいえ、家電を伸長する際は費用がかさんでしまうもの。

 

安くてきちんと冷蔵機能を果たしてくれる冷蔵庫はないものか…という悩みに答えてくれるものが、最新のジェネリック家電でしょう。

 

ぜひ今回ご紹介したものを参考に、アナタの生活にぴったりの商品を見つけて、快適な生活を送ってください。