新入社員で社内ニート|新卒で会社が暇な時にやるべき事と脱出の仕方

この記事では、社内ニートの新卒について書いています。

 

新入社員でも即戦力が求められる!というニュースが少し前に話題になりました。

入社直後でもがっつり残業するブラック企業の話を聞いたりすると、新入社員でも仕事三昧というイメージがあります。

 

しかし、これはあくまでも大手企業やブラック企業の話です!

 

日本に多くある中小企業は、年功序列の制度。

残業どころか定時内にもほとんど仕事らしい仕事がないという新入社員が多いです。

 

新卒で社内ニートになってしまう事例は数多く存在しています。

 

周りの先輩が忙しくバタバタする中、自分だけ仕事がないと不安になりますよね…

会社で暇をしていると、時間が経つのも遅くて苦痛ではないでしょうか。

 

その気持ちとてもわかります。

 

私自身も新入社員の時に社内ニートになってしまい、精神的に辛くなってしまいました…。

 

今回はそんなの方々に「新入社員が社内ニートになった時にやるべき事」「社内ニートの新卒から脱出する方法」をご紹介します!

こんなヒト向けの記事:
・新卒で社内ニートになってしまった
・新入社員で仕事がない

新入社員で社内ニートは普通?

社内ニート 新卒

少し前にNECやソニーが新入社員に1000万円の給料を提示する事で大きなニュースになりました。

企業が新卒に対して1000万円近い年収を提示する仕組みを導入した、ということがたびたび報道されるようになりました。

たとえばNECは、2019年10月以降、難関学会の論文採用など高い評価実績のある研究職志望の新卒社員を対象に、年収1000万円以上を提示する可能性を示しています。ソニーは20年採用から、プログラミング人材に限定して700万円以上の年収を提示できるようにしました。
引用:NIKKEI STYLE

今や実力主義で新入社員でもバリバリ働いてお金を稼ぐのが当たり前という様なニュースです。

 

しかし、これはあくまでごく一部の企業だけです!!

 

新入社員なのに仕事がない。社内ニートと化している。

 

そんな企業は数多く存在します!

TwitterなどのSNSを見ても社内ニートで辛いという方は大勢います!

 

日本の企業はまだまだ年功序列の制度が多いです。

新入社員というのは言ってしまえば会社の1番下に位置する社員…

 

仕事が少なくて当たり前なんです!

 

出来ることはかなり限られていますよね?

 

会社にある仕事は、誰でも出来る雑用ばかりではありません。

専門的な知識がいるモノや長年の信頼関係でお客様とのやり取りしていたりします!

 

そんな仕事を、入社したばかりの新入社員に任せる事は出来ません。

 

1人でも出来るのは誰でも出来る様な雑用・すぐに終わってしまう事務作業になってしまいます…

私も新入社員で部署に配属された時、結構暇でした…

 

正直、眠くなるくらい暇で先輩に「毎日眠たいです!」と相談したくらいです。笑

 

会社での暇つぶしはこちらの記事にまとめています。

社内ニートの新卒がやるべきこと

会社で仕事がない人が「社内ニート」と呼ばれていますが、実は「社内ニート」には2通りあります。

 

それは、自分に原因があるかないかです。

新入社員の場合は、多くの方が会社が原因で「社内ニート」になっています。

 

当たり前ですよね。入社してすぐで右も左もわからないですから…

 

ただ、厄介なのが「社内ニート」を抜け出しやすいのは自分に原因があるパターンです!

自分さえ直せば良いわけですから、自分のやる気次第でどうにかなります。

 

しかし、会社に原因がある場合は自分でもどうにも出来ない部分が出てきます…

そもそも仕事がない。という倒産寸前の会社もありますし…

 

MEMO
新入社員の「社内ニート」は時間が過ぎれば自然と忙しくなります!

 

周りの先輩を見ていると「自分ももっと成長しなくちゃ」という焦る気持ちも分かります。

 

「私はこの会社に必要ではないのかな?」という不安もわかります。

 

しかし、ここはゆっくりと気持ちを落ち着かせましょう。

仕事がない時はとりあえず先輩や同じ部署の方に「何かお手伝いできる事はないですか?」と聞いてみましょう!

 

仮に仕事がないと分かっていても、1度は聞いた方がいいです。

この一言で職場の方に自分の存在を発信できるからです。

 

「やる気ありますよ」「手伝い出来ますよ」という意図を発信できます!

 

もっと言うと「こっちは暇なんだよ!」という怒りも伝わります。

とは言っても、仕事がもらえない時もあります…

 

正直、新入社員に仕事を教えながらというのは通常の2倍ほど時間がかかります。

率先して教えてくれる先輩は少ないです…

 

そんな時は、以下の様な事をやってみましょう。

仕事がない時にやるべきこと
会議の議事録係になる
会社の業務に関することを調べて自分なりに資料にまとめる
会社の業務に関連する資格試験などの勉強をする

この3つをやっておけば、必ず今後の仕事に役立ちます♪

 

たまに、暇だからと言ってネットサーフィンばかりやっている方がいますが、やめましょう!

 

業務時間は仕事をする時間です。サボっているのがバレると最悪の場合は解雇です…

会社 ネットサーフィン ばれる会社のパソコンでネットサーフィンばれる?私用の履歴は消しても無駄!

 

3つの中でも特にオススメなのが、会議の議事録係になる事です。

会議の議事録は先輩や上司からすると、用意するのは面倒だけどあったら便利です。

 

新人からすると、会社のことを知れるチャンスです♪

 

最初は何を言っているか分からない事も多いですが、何度か経験するうちに会社の事が分かってきます!

 

新人で時間がある時にしか出来ない事なので、挑戦してみましょう。

新卒の社内ニートを脱出する方法は2つ

社内ニート 脱出

最後に新卒の社内ニートを脱出する方法をご紹介します。

その方法はたった2つです。

・仕事が来るまで待つ

・会社を見切って転職する

極論のようですが、この2つしか解決策はありません!

仕事が来るまで待つ

一つ目は、アナタに仕事が来るのも待つことです。

新卒が社内ニートを脱出するのは、能力よりもタイミングの方が大きいです。

 

仕事を任されるときが来るのをひたすら待つ。といった感じです!

 

何度も言いますが、日本はまだまだ年功序列です。

新卒は3年目までゆっくり育てようという会社も多いです!

 

仕事がないと不安や危機感が出てきますが、気長に今できる事をやりましょう!

自分磨きに時間を取りやすいのは、最初の1~3年の間です。

 

他の同期や先輩に勝つためにも、コツコツと積み上げるべきですよ♪

ご自身が働いている業界の勉強をするのも良いと思います!

会社を見切って転職する

もう一つは、会社を見切って転職する方法です。

私はこの方法で社内ニートを脱出しました!

 

正直、新入社員に仕事を教えない・与えない企業は将来性があるとは思えません。

 

新卒で入社した方は、これからの会社を担う大切な存在です。

しかも言い方は悪いですが、新卒は自分の会社色に染めやすく洗脳しやすい存在です。

 

そんな素晴らしい人材を放っておく企業は、今後の成長も少ないと私は感じました…。

 

現在の世の中は、転職するのが当たり前です。

厚生労働省のデータでも3年以内に転職する方は「39.5%」もいます。
参考:厚生労働省

 

約4割の方が新卒で入社した会社から転職し、より良い環境にチャレンジしています!

 

特にアナタの様な社会人経験が短い方は「第二新卒」と呼ばれ企業が欲しがる人材です。

 

どうしても仕事が回ってこなくて暇すぎて会社が苦痛なら転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

私の初めての転職活動は転職エージェントを利用したので、スムーズにホワイト企業に転職出来ましたよ♪

年収も50万円ほどUP・休日も増えたので、転職して本当によかったですね!

MEMO
転職エージェントとは、転職を検討しているアナタと採用を考えている企業の間に立って、転職活動を無料で支援してくれるサービス
求人動向や転職ノウハウに長けているキャリアアドバイザーが、求職者の転職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントを利用することで、様々なメリットがあります。

・アナタに合った非公開求人を提案してくれる
・転職のプロにキャリア相談ができる
・応募書類の添削を受けられる
・面接対策ができ、選考通過率がアップする
・企業とのやり取りを代行してくれる
・企業の採用担当者にアピールしてくれる
・内定決定後もサポートしてくれる

・企業の内情を知っている

アナタひとりで転職活動をしていると見過ごしてしまうポイントを抑えられます。

 

特に、重要なのが非公開求人です!

非公開求人は、その転職エージェントでしか紹介していない求人です。

 

優良企業の求人は、多くが非公開求人を使っています。

 

今まで検索しても出てこなかった優良企業の求人を紹介してもらえるだけでも、かなりのメリットです!

 

最近では、企業側が人材を見つけるのはエージェントが一般的です。

 

私たち利用者側は一切お金が掛からず利用できるのも大きな特徴です!

転職エージェントは企業側から仲介料を貰っているので、私たちは無料で利用できます♪

転職すべきか迷っているなら、転職のプロに相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントおすすめランキング

  • DODA

    「DODA」は、人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、業界最大手の転職エージェントです。 全国に拠点をもち、全国各地の求人を保有していて、20代から50代まで業界や業種を問わずに対応してくれます。

    評価
    おすすめポイント113万件以上の求人数
    おすすめポイント230年間の転職支援実績

    経験豊富なベテランキャリアアドバイザーが多数在籍していて、どんな業界でも転職サポートを行ってくれます。 安定感、企業の多さ、対象の広さや実績から、多くの方が信頼しているエージェント! 非公開求人も多数保有しています。 業界最大手の安心感は初めてエージェントを使う方におすすめです!

  • ハタラクティブ

    「ハタラクティブ」は、20代(特に第二新卒)に特化した転職エージェント! 「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っています。

    評価
    おすすめポイント1内定率80.4%と業界最高レベル
    おすすめポイント2未経験向けの正社員求人が多数

    特化エージェントという事もあり、他のエージェントよりも20代の転職実績は多いです。 求人の80%以上が正社員未経験でOKで、内定率80.4%と業界最高レベルなのは大きな魅力です! 未経験から新しい職種に挑戦しようとしている方にはピッタリの転職エージェントと言えます。

  • ミイダス

    「ミイダス」は、200万人の転職実績データから傾向を分析し、「あなたの本当の価値を見出す」転職サービスです。 大きな特徴としては、職務経歴書や履歴書などの書類を準備する必要がありません!

    評価
    おすすめポイント1アナタの市場価値を測ることができる
    おすすめポイント2面接確約オファーで書類審査なし

    また、転職者に関する「ビフォー・アフター」のデータも蓄積しています。 ・どんな職歴を持っていた人が ・どんな業界の ・どのような職種に転職して ・どのくらいの年収を得られるようになったか という様な情報を見る事も出来ます。 3分程度で始められて、隙間時間でアナタが転職する上で必要な情報だけを知ることができる。 それが「ミイダス」が選ばれる理由です!

新入社員で社内ニート|まとめ

会社に入社して少しの間は、出来る仕事が少なくてモヤモヤすることも多いです。

 

これは、誰しもが経験することです!

 

少しずつでも成長していきたいという思いがあれば、自分でも気づかないうちに成長していきます。

 

焦る気持ちを抑えて、ゆっくり自分のためになる知識をしましょう♪