スイッチライトは買わない方がいい?購入前に確認すべき点を解説

この記事では、スイッチライト買わない方がいいをテーマに書いています。

 

小型で携帯専用のゲーム機である「SwitchLight(スイッチライト)

 

Switchは通常モデルと有機ELモデルがありますが、スイッチライトは通常のswitchと外観や性能が大きく異なっています。

 

人を選ぶ機種であるため、満足なゲーム体験ができるか不安が募り、購入を迷ってしまいますよね。

 

スイッチライトは買わない方がいい」と悩む気持ちも分かります。

 

今回は、そんな悩みを持つ方の為に、スイッチライトを買わない方がいい買った方がいい人特徴を紹介します。

 

購入後に「思っていたゲーム機と違う…」と後悔しないためにも、ぜひチェックしてください。

switch どれを買うSwitchはどれを買うべき?選び方やポイントを詳しく解説

スイッチライトは買わない方がいい?

スイッチライト 買わない方がいい

それでは早速、スイッチライト買わない方がいいのか紹介していきます。

 

結論から言うと、携帯機以外の性能を求めるなら買わない方がいいでしょう。

 

具体的にいうと、こんな方は向いていないといえます。

・テレビの大きな画面で楽しみたい方
・Joy‐Conを使い、複数人でプレイしたい方
・スイッチのすべての機能を楽しみたい方

 

MEMO

スイッチライトは携帯専用機のため、テレビ画面に映して遊んだりできません。
参考:Nintendo公式サイト

据え置き機の性能を求める場合はスイッチライトではなく、他の通常モデルや有機ELモデルを検討しましょう。

スイッチライトの悪い部分

ここからは、スイッチライトの悪い部分を紹介しています。

 

スイッチライトは携帯専用の機種であるため、他のスイッチよりもできることが少ないです…。

 

購入する前に悪い点はしっかりと理解しておきましょう!

機能面での制限が多い

スイッチライトは携帯機に特化した、必要な機能だけを有している機種です。

MEMO
ゲームをプレイする環境に関しては、テレビに繋げて遊んだり、コントローラーと本体を分けてプレイしたりすることが不可能。

ソフトについても、携帯機に対応していないものは遊べません。

 

Joy-Conの機能を利用するソフトでは、対応している場合でも遊べない場面があります。

(Joy-Conを別途用意するとプレイ可能になるソフトもあります。参考:Nintendo公式サイト)

 

他2つのスイッチと比べてかなりの機能を抑えられているのが、スイッチライトの最大の特徴です。

 

購入前に特に気を付けておきたいポイントですね。

本体やディスプレイが小さい

パッと見た感じだとわかりにくいですが、スイッチライトは通常のスイッチと比べるとサイズは縦10.9㎜横31㎜小さくなっています。

※上が「通常モデル」下が「Switch Lite」

 

本体が小さいことでボタンが押しにくかったり、手の大きい方だと本体自体が持ちにくかったりして、ゲーム中ストレスになる可能性も。

 

MEMO
通常のスイッチは6.2インチで、スイッチライトは5.5インチです。

同じようにディスプレイのサイズも小さくなっています。

 

文字がつぶれないように設計されていますが、それでも文字が読みにくい、細かい部分が見づらいと感じる場合もあります。

 

その場合、設定でズーム機能をオンにしたあと、ホームボタンを2回連続で押すと画面を拡大できるので試してみてください。

 

スイッチライトは全体的に小さめのサイズ感であることに注意しましょう。

バッテリーが長持ちしない

ゲーム機のバッテリーの持ちは、ゲームをプレイするうえで気になるところだと思います。

 

スイッチライトは他2つのスイッチと比べても、バッテリーが持つ時間が短いです。

MEMO
バッテリーの持続時間を比較すると、通常モデル・有機ELモデルが4.5〜9時間に対し、スイッチライトは3時間〜7時間となっています。

 

Amazonの口コミでも、スイッチライトで遊んでいるとき、バッテリーの減りが早いとの意見が多く見受けられました

 

容量の大きいゲームをプレイするときは特に負荷がかかるため、「すぐにバッテリーがなくなる」と感じることが多くなるでしょう。

 

しかし、以下の様な使い方をするならバッテリーの持ちは気にならないです。

・短時間で遊ぶことが多い
・家などのいつでも充電できる環境でのプレイが多い
・常に画面の明るさを下げたり、音量を小さくしてゲームしている

 

また、外出先でバッテリー切れが起こらないか心配という方は、モバイルバッテリーを携帯しておけば問題ありません。

 

バッテリー切れが心配な方は購入してみてはいかがでしょうか。※任天堂公式ライセンスのモバイルバッテリーもあります!


 

単体で見ると値段は安くない

スイッチシリーズのなかでは、最も値段が安いスイッチライト

有機ELモデル…37,980円
通常モデル…32,978円
スイッチライト…21,978円

比較してみると、他のスイッチとは1万円以上の差があります。

 

しかし、以下の点を考慮すると、21,978円は高いと感じるユーザーも少なくありません。

携帯機としての機能しか搭載されていないこと
本体や画面が小さめなこと
バッテリーの持続時間が短めなこと

 

私の意見としては、スイッチライトは妥当な価格設定だと感じます。

機能が大幅に削減されていることや、性能の向き不向きがあることはどうしてもマイナスポイントになりがちです。

 

ただ、それらを加味しても「スイッチのゲームをプレイできる」ことについては価格以上の価値があると思います。

 

スイッチライトの性能が自分に合っていない場合や、価格に納得ができないのなら買わない方がいいかもしれません。

スイッチライトの良い部分

スイッチライト買わない方がいい

スイッチライトの購入を検討する際に、注意すべき点について解説しました。

 

ここからは、スイッチライトで「ここは注目すべき!」というおすすめのポイントについて紹介します。

 

ゲームは据え置き機で主にプレイするという方もいれば、携帯機で遊ぶのがメインという方もいて、プレイスタイルは人それぞれです。

 

MEMO
ちなみに、通常モデルや有機ELモデルのスイッチでも携帯機のように手に持って遊べます。

 

ですが、スイッチライトのように携帯機に振り切った「携帯専用機」を望んでいた方も少なくないはず。

 

スイッチライトの優れている部分はたくさんあるため、購入前にぜひチェックしてください。

携帯機に特化した性能

何度もお伝えしているように、スイッチライトは携帯専用のゲーム機です。

 

他のスイッチのように取り外せるJoy‐Conはついておらず、コントローラーは本体と一体化しています。

 

携帯機の特徴として、手に持ってプレイするため場所を選ばずにゲームできるのが魅力です。

 

ちょっとゲームしたいな」というときに気軽に遊べます。

スイッチライトは通常モデルのスイッチと比較すると軽くなっており、その差は123gです。

MEMO
Amazonの口コミでも、軽くて快適にゲームできると好評でした。

長時間プレイしても腕が疲れにくいですし、ゆったりと寝そべって遊ぶのにも向いています。

持ち運びやすい

スイッチライトは、前述したように小さくて軽いスリムな本体です。

 

家の中でくつろぎながらゲームするときにもピッタリですが、外出時に持ち運ぶ場合にも丁度良いです。

 

サイズが小さいためバッグに収納しやすく、本体が軽いため気軽に持ち歩けるのが魅力。

 

持ち運びに最適なので、スイッチライトを持ち寄って複数人でマルチプレイをするのもおすすめです。

MEMO
もちろん、1人でじっくりと遊ぶのにも向いています。

スイッチライトは人数を問わず楽しめるゲーム機といっていいでしょう。

本体カラーの発色が良い

スイッチライトの本体カラーのバリエーションは全部で5種類です。

ブルー
コーラル
イエロー
グレー
ターコイズ

明るめの色から暗めの色まで幅広い需要に対応しているため、きっとお気に入りの色が見つかるでしょう。

 

どの色もスイッチシリーズらしいキャッチーな印象で、ゲームをプレイするたびに明るい気分にさせてくれます。

 

本体カラーについては、スイッチライトのなかでもかなり好評な部分です。

 

好きなスイッチライトの色が目に入ると、それだけで楽しい気持ちになりますし、ゲームをプレイしたくなりますよね。

 

現時点のAmazon売れ筋ランキング・ほしいものランキングではコーラルが1番人気となっています。

どの色を選ぶか迷ってしまう場合は参考にしてください。


十字キーで操作できる

スイッチライトには左側に十字キーがあり、もともとゲーム好きな方には慣れ親しんだ操作感でのプレイが可能です。

 

MEMO
通常モデルや有機ELモデルは、左側のコントローラーに十字キーはついていません。

上下左右、それぞれ分離した方向キーとなっています。

 

ゲーム好きの方であれば、十字キーのほうがプレイしやすいという方も多いのではないでしょうか。

 

スイッチのゲームをちょっと懐かしい気持ちで遊べます。

 

また、ニンテンドースイッチオンラインの加入者特典で遊べる、ファミコンやスーパーファミコンのゲームをプレイするときにもピッタリ。

スイッチライトで当時を思い出しながら遊べるのは嬉しいポイントです。

結論:スイッチライトはどんな人におすすめ?

主にゲームをプレイするのは携帯機だ」という方全員におすすめできます。

たとえば、以下の3つのケースいずれかに当てはまる方です。

ケース1

1人でのんびりとゲームの世界に入り込みたい方は、場所や時間を問わずに遊べるスイッチライトはなくてはならないものになるでしょう。

寝そべりながらでも遊べるので、存分にゲームを満喫できます。

ケース2

外出先でよくゲームをするという方も買う価値ありです。

持ち運びやすいことに加えて、いつでもどこでも気兼ねなく楽しめる点が相性バツグン。

ケース3

すでに他のスイッチを所持していて、2台目が欲しい方にもおすすめ

 

テレビに繋いだり、本体とコントローラーを別々にしたりして遊ぶ場合は通常モデルか有機ELモデル。

携帯機として遊ぶ場合にはスイッチライト。

 

明確に役割を分けてプレイするのも良いでしょう。

 

スイッチライトは通常モデルや有機ELモデルとはまた違ったゲーム体験ができます。

 

携帯機で遊ぶ時間が多いのであれば、年齢や性別を問わずおすすめできるゲーム機です。

 

購入前に、自分の携帯機でのプレイ時間やゲームのプレイスタイルを考えてみましょう。

 

そうすることでスイッチライトを買わない方がいいのか、買った方がいいのかの判別が可能になります。

switch どれを買うSwitchはどれを買うべき?選び方やポイントを詳しく解説

まとめ

スイッチライトを買わない方がいいのかについて解説しました。

■スイッチライトを買わない方
テレビ出力や、Joy-Conを使って遊びたい
据え置き機の機能を求める
バッテリーなどの性能を重視する

■スイッチライトがおすすめの方
主に携帯機でゲームプレイする
持ち運びのしやすさを重視する
マイペースにゲームを楽しみたい

やはりスイッチライトの良い点は持ち運んで様々な場所で楽しめるという点ですね♪

 

自宅だけでなく、移動中や移動先でスイッチライトをプレイしたい方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。


当サイトではswitchに関しては様々な記事を投稿しているので、ぜひ参考にしてください!

switch 安くなる時期Switchが安くなる時期|2022年いつ買うべき?安く買う方法まとめ