新卒で社内SEになるのはやめとけ!後悔した原因とやめた方がよい理由とは

どうも、社内SEに転職して4年のゆうともです。

 

IT職種の中で、「社内SE」は非常に人気です!

私自身も、社内SEに転職できて本当に良かったと思っています♪

 

 

しかし、新卒で社内SEはやめた方がよいです!!

 

絶対に後悔します。

 

確かに、社内SEはオススメの職種ですし、安定もしています。

 

でも、新卒でなるべき職種ではありません!

 

今回は「新卒で社内SEはやめた方がよい理由・後悔する原因」などをご紹介します。

就活で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください!

 

新卒で社内SEはやめた方がよい理由

では早速、社内はやめた方がよい理由をご紹介します!

ITスキルが身につかない

まず一つ目が、ITスキルが身につかないという点です!

 

社内SEの仕事は、システム運用がメインとなります。

 

新しくシステムを開発するという事は0ではないですが、少ないです!

SEらしい「開発経験」を、積むことが出来ないんです…

 

ITスキルが全く身につかないというわけではありませんが、新卒の若くて吸収しやすい時期に経験が積めないのは痛いです。

 

 

しかも、社内SEには納期というのが、あってないようなモノです。

 

切迫した環境で学べるITスキルというものが全く身につきません!

 

 

さらに、社内SEは様々な業務があります。

 

開発だけをしていれば良いというわけではありません。

 

ユーザーサポートやヘルプデスク、社内PC管理など、開発やシステム運用とは関係ない仕事も多いです。

 

 

SEとして経験している他の新卒よりも、成長スピードは遅れてしまいます。

 

空いている時間に勉強すればよい。と思う方もいるかもしれませんが、実戦経験と参考書などでの勉強では経験できることが大きく違います!

 

社内SEから転職出来ない

ITスキルがない方が、転職できる可能性は低いです!

 

新卒で社内SEになってしまうと、ITスキルが同世代よりも劣ってしまうので転職しずらいです。

 

もちろん、社内SE→社内SEという転職だと、うまく転職出来るかもしれません。

 

 

しかし、1度社内SEになって他の企業で社内SEとして転職するケースってほとんどありません。

 

社内SEが転職する1番の理由が社内SEが嫌になって転職します。

 

基本的には、社内SEの仕事はどの企業でも同じです。

 

企業規模によって多少違いはあるかもしれませんが、業務内容が変わる事はありません。

 

 

社内SEは本当にオススメの職種だと私は思っています!

 

しかし、中には社内SEが合わないという方も存在します。

 

新卒で入社して、社内SEが合わないから転職しようとした時に、技術力がないとIT系の会社には転職出来ません。

 

逆に、元々が開発系の会社で社内SEに転職した方がもう1度、開発系の会社に戻るというのは転職難易度が低いです。

 

入社前から辞めることを考える方は少ないですが、人間なので、合う合わないが絶対にあります!

 

リスクを背負って最初から社内SEになるのではなく、開発系の会社を経験することをオススメします!

 

社内SEが合わずうつ病になった方にインタビューした記事があるので良ければ参考にしてください。

社内SEでうつ病に…IT人気職種の裏側!やめておいた方がよい理由とは!

開発企業の事情が分からない

新卒で社内SEになると、システム開発の業務がどんなモノかわかりません。

 

システム開発の業務を経験していないと社内SEの仕事は大変です。

 

社内SEはシステムを発注する側の人間です。

 

システムを開発する企業の人たちの働き方がわかってないと、うまくシステム開発が進みません。

 

コミュニケーションも取りづらいです。

 

最悪のケースだと、全く希望とは違うシステムが出来上がることだってあります…

 

社内SEは向いていないと地獄

先ほども少し説明しましたが、社内SEは向き不向きが激しいです。

 

SEとついていますが、SEと社内SEとでは全く違います。

 

IT系のホワイト職種と言われる社内SEですが、向いていない人もいるんです…

 

私は向いているので毎日が楽しく仕事を出来ていますが、向いていない方が社内SEになると本当にしんどいと思います。

 

 

1番簡単にわかるのは、コミュニケーションを取るのが好きか嫌いかです!

 

社内SEはコミュニケーション能力が必須です!!

 

社内SEと開発系の企業の大きな違いは、お客様が社内か社外かです!

 

Slerであれば、お客様は社外の人間なので、少し合わない人や苦手な人がいても、一緒に仕事をするのは一定期間のみです。

 

逆に、社内SEはお客様が社内の人間です。

 

 

会社を辞めない限りは、ずっと一緒に仕事をする仲間です!

 

やりやすい面もありますが、苦手な人間だと苦痛なことが多いです…

 

その人とコミュニケーションを取るのが嫌でも、一生付き合っていかないといけません。

 

コミュニケーションが苦手な方には、苦痛に感じることの方が多いでしょう。

 

 

他にも、向いている方の特徴や向いていない人はどんな人なのか?ということもまとめた記事があります!

より詳しく、様々な特徴をまとめているので参考にしてください♪

社内SEに向いている人には特徴がある!向いていない人の違いとは!?

新卒の社内SEはナメられる

先ほどの続きにはなりますが、新卒の社内SEはナメられます。

 

社内SEのお客様は社内の人間です。

 

あなたが新卒で、技術力や知識が乏しいということを知られています。

 

 

会社には色んな人間がいて、新卒に対して高圧的な態度をとる人間もいます。

 

最低の人間ですが、世の中に存在します…

 

 

例えば、自分が分からないパソコンやシステムのことを聞いてくるのに高圧的な態度とる人をどう思いますか?

 

私も社内SEに転職したのが25歳とかだったので、社内の方にナメられていました。

 

無理難題を押し付けてきたりしました…

 

 

正直、すごくムカついたし腹が立ってイライラしていました。

 

なんとか上司に相談したり、ストレスを趣味で発散などしていましたが、年齢が若いとナメてかかる方もいるので注意しましょう!

MEMO
もちろん、そんな人ばかりではなくて良い方もたくさんいます!

1番注意して欲しいのは、そんな方がいても社内SEのユーザーに変わりないので、相手はずっとお客様です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

IT系の職種で社内SEは楽な方だと感じます!

もちろん、様々な知識がいるので職種難易度は高いです。

 

しかし、納期管理や社外・お客さんとのやりとりという面では、ものすごく楽な仕事だと感じます。

 

 

ただ、「新卒で社内SEになる」というのは、絶対にやめた方がよいです。

 

開発側の企業を経験してからの方が仕事がしやすいですし、他の道にも進みやすいです。

 

社内SEしかやったことがない方は転職もしずらいです。

 

新卒というカードは非常に有利で、大事なチケットなので有効に使いましょう♪