シャークの掃除機はどこの国のブランド?特徴まとめ

この記事では、「シャークの掃除機はどこ」をテーマに書いています。

 

Shark(シャーク)は、2018年に日本に上陸をした掃除機メーカーです。

掃除機で人気のダイソンを意識して作られており、後発会社でありながら、アメリカでは掃除機市場のトップに躍り出ています。

 

シャークの商品は、ダイソンのデメリットを改善しているものがほとんど。

 

ダイソンキラー」という呼称まであるというから、人気の高さがうかがえますね。

 

更に、日本の生活事情や住環境を考慮して開発されている製品が多数販売されています。

 

ただ、日本では「聞いたことがない」「名前は知っている程度」という方もまだ多いかもしれません。

 

今回は「シャーク 掃除機 どこ」をテーマに、特徴などをご紹介していきます!

 

最近名前をよく聞くので気になっていた方も、買おうかどうか迷っていた方も、ぜひ参考にしてください。

Shark(シャーク)の掃除機はどこの国のブランド?

シャーク 掃除 機 どこ の 国

Shark(シャーク)は、シャークニンジャが展開するアメリカのブランドです。

 

元々は、家庭用電化製品メーカーとして設立。

1999年にフロアケア分野に参入したことから、急激な成長を遂げました。

 

MEMO
現在は、コードレス掃除機やスチームモップなどのフロアケア用品と、コーヒーメーカーやブレンダーなどの調理器具を販売しています。

 

日本への上陸は2018年

「消費者のニーズに応える革新的な製品を、手の届きやすい価格で販売する」という理念のもと、日本の暮らしに合わせた製品を開発しています。

 

ちなみに、日本法人の社長となったゴードン・トム氏は、ライバル企業ダイソンの日本法人初代社長も務めていました!

 

日本のフロアケア市場を知り尽くしている人物と言っても過言ではありません。

 

シャークの商品は、ダイソンのデメリットが改善されているという点にも納得ですね。



Shark(シャーク)の特徴

シャークの掃除機は、ライバル会社ダイソンを意識し、そのデメリットを解消すべく作られているので、魅力的な特徴が多数あります。

 

アメリカ発の会社でありながら、日本の製品は日本人向けにカスタマイズをしているという点も顧客満足に繋がっているのでしょう。

 

ここでは、特に「これは良い!」と思える特徴をお伝えします。

フレックス機能

日本の家屋は、狭くて家具が密集しがちです。

そんな日本の生活事情を考慮して、日本独自の特徴として作られたのが「フレックス機能」。

 

MEMO
フレックス機能とは、掃除機のパイプ部分がボタン一つでフレキシブルに曲がる性能で、大変好評です。

 

一般的な掃除機では、ベッドやソファ下の掃除をする際、体をかがめる必要がありますが、フレックス機能があればその必要はありません。

 

また、パイプを折り曲げて収納できるため、場所をとらないことも大きな魅力です。

吸引力

吸引力」は、掃除機に必須な機能として上位にあがるでしょう。

 

シャークの掃除機も、他と違わず吸引力に力を入れています。

 

特徴的なのは、フロントローラーブラシロールという2つの異なるブラシ。

 

独自のヘッドで、細かい埃はもちろん、大きなゴミまでしっかり取り除いてくれます。

 

また、フローリングでもカーペットでも変わらず吸引してくれるという特徴も嬉しいですね。

MEMO
シャークは、スティッククリーナーだけではなく、ハンディクリーナーの吸引力も高いと評判です。

バッテリー

コードレス掃除機の場合、稼働時間の長さが変わる「バッテリー」も重要です。

 

一般的なスティッククリーナーは、掃除機本体を充電台にセットして充電するという方法がほとんど。

 

一方シャークは、着脱式内蔵型選ぶことが可能です。

 

バッテリーのみを充電できるモデルや、バッテリーが2つ同梱されているモデルもあります。

 

バッテリー単体充電のお陰で、重さのある掃除機の移動が最小限になるのは嬉しいですね。

 

MEMO
バッテリーが2個あると、単純に掃除できる時間が倍になるので広い部屋でも安心です。

 

充電が満タンになった場合は、通電が止まるようになっていることも特徴の一つ。

 

劣化防止に繋がる魅力的なポイントと言えるでしょう。

お手入れ

ゴミ捨てなどのお手入れが簡単かどうかも、掃除機選びの重要ポイントですよね。

 

シャークの掃除機は、紙パックではなくダストカップにゴミを溜めるスタイルです。

 

ワンタッチでカップが開きゴミを捨てられるため、ゴミに直接触れることなく衛生的。

 

サイクロン式でゴミがまとまっていることも、捨てやすさに繋がります。

 

ゴミの捨てやすさだけではなく、清潔に保ちたい部品自体のお手入れも気になりますね。

 

ダストボックスやフィルター、ヘッドのローラー部分などは、簡単に外して水洗いができますので、心配いりません。

 

メンテナンスにかかる手間や時間を最小限におさえられる手軽さは、魅力的です。

Shark(シャーク)の掃除機おすすめ3選

シャーク 掃除機 どこの国

最後に、シャークが取り扱っている中でオススメのモデルを紹介します!

 

シャークから販売されている掃除機は3種類。

気軽にサッと掃除ができ、大変人気のコードレススティック

 

コンパクトな手軽さが魅力のハンディクリーナー

 

自動で掃除をしてくれるロボット掃除機

それぞれの人気商品についてご紹介しましょう。

コードレススティック【EVOPOWER SYSTEM FLEXモデル CS501J】

ラインナップの中で一番人気なのがスティックタイプ

重い腰をあげずとも、パッと掃除ができるのが良いですよね。

 

MEMO
シャークが力を入れている日本での使用を考慮して作られたモデルです。

 

その一番の特徴と言える「フレックス機能」を搭載。

裏面のボタン一つで簡単にブラシが曲がり、ソファやベッドの下なども屈むことなく掃除ができます。

 

また、ハンディスティック切替が可能な点も嬉しいポイント。

 

ワンアクションでできるため、掃除をしながらでも片手でお手軽です。

 

軽くて使いやすいという口コミが多いのも納得ですね。

 

MEMO
ゴムとブラシが組み合わさった「ブラシレスパワーフィン」も特徴の一つで、小さな埃はもちろん大きなゴミもしっかりキャッチできます。

毛が絡まりにくい形状になっている特殊ブラシもストレスになりません。

 

バッテリーは2つ搭載されているタイプですので、長時間の掃除も安心です。

 

スティックタイプなら「EVOPOWER SYSTEM FLEXモデル」をぜひ購入してみてはいかがでしょうか。


ハンディクリーナー【EVOPOWER EX WV405JDC】

狭い隙間などを掃除する時に役立つハンディクリーナー。

一つあれば様々な場所で使えて便利です♪

 

 

EVOPOWER EX】はアクセサリの多さが魅力

 

まず、布団クリーナーとしても活躍するミニモーターヘッドは、高速回転で汚れや髪の毛を取り除きます。

 

次に、狭いスペースの掃除ができる隙間用ノズル

部屋の角や家具の隙間まできれいにすることが可能です。

 

そして、マルチノズルも細かいゴミをしっかりと吸収してくれるという優れもの。

 

スティックタイプよりも更に取り出しやすく、食べこぼしや消しゴムのカスをサッと掃除したい時などに大変便利なハンディタイプ。

 

手軽さに加え機能の高さが欲しい方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。


ロボット掃除機【EVOROBOT S72 RV720NWVJ】

ロボット掃除機の魅力は、何と言ってもその時間が自由時間として使えることではないでしょうか。

 

周囲の障害物を検知しながら動いてくれる「スマートセンサーナビゲーション」が搭載されたこちらのモデル。

 

家具などにぶつかって止まることもなく、しっかりお任せできます。

 

他にも「セルフクリーニングテクノロジー」といった機能にも対応。

 

ブラシ部分のゴミを自動で取り除き、詰まりの予防が可能です。

ブラシは、高張力ブラシが採用されており、フローリングでもカーペットでも徹底したゴミ吸引が実現します。

 

MEMO
ハンディクリーナーが付属しているのも嬉しいポイント。同じ充電台で充電ができるので助かります。

 

更に、リモコンでの操作ができるモデルなので、離れた場所からのスケジュール設定もでき大変便利です。


まとめ

この記事では、シャークの掃除機について、どこの国のものか?特徴やおすすめ商品は?についてご紹介しました。

 

シャークは、顧客満足を第一に考えている会社です。

 

日本の暮らしを考え、日本で暮らす人々のニーズを満たすために作られた製品はどれも魅力あるものばかり。

 

人気のダイソンを意識し、デメリットを改善した商品を開発することで、掃除機業界のトップに踊り出たというのも頷けますね。

 

シャークについて知らなかった方も、名前だけは知っていた方も、検討をしている最中の方も、この記事が参考になれば幸いです。