シャークの掃除機は壊れやすい?他のメーカーより吸わない?

この記事では、シャークの掃除機は壊れやすいをテーマに書いています。

 

Shark(シャーク)は、2018年に日本に上陸をした掃除機メーカーです。

日本では知らない方も多いですが、アメリカだと掃除機市場のトップに躍り出ています。

 

シャークの掃除機は、ライバル会社ダイソンを意識してデメリットを解消すべく作られているのが特徴!

 

パイプ部分が曲がるフレックス機能や、毛が絡まりにくい特殊ブラシなど、話題に事欠くことがありません。

 

そうは言っても、日本での認知度はまだ低く、「シャークの掃除機は壊れやすい」「シャークの掃除機は吸わない」など、性能について不安を感じる方が多いのも事実。

 

そこで今回は、なぜシャークの掃除機は壊れやすいゴミを吸わないと言われているのか、調査をしました。

シャークの掃除機を購入しようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

シャーク 掃除 機 どこ の 国シャークの掃除機はどこの国のブランド?特徴まとめ

シャーク掃除機は壊れやすい?評判は?

シャーク 掃除機 壊れやすい

それでは早速、シャークの掃除機は壊れやすいのか紹介していきましょう。

 

結論からお伝えすると、シャークの掃除機が壊れやすいということはありません。

 

確かに、「すぐ壊れた」「全然吸わない」などという口コミも見かけますが、それはほんの一部。

圧倒的に多いのは良い口コミです。

 

しかし、購入を検討するにあたっては、どちらの意見も参考になりますので確認していきましょう。

良い評判・口コミ

まずは、シャーク掃除機の良い評判・口コミを紹介します。

シャーク掃除機の良い評判
  • 軽くて使いやすい。音も静かで安心して使える
  • ヘッドの動きがとてもなめらかなので、機動性が高い
  • デザインがスタイリッシュで、インテリアとも調和する
  • 1週間使用して、個人的にはダイソンより良い!タイムロスなくハンディが使えるのが、特にオススメ!
  • 髪の毛が埃と分離されクルクルとダストボックスの中で丸くなるので、ゴミ捨てが簡単
  • スムーズな連結動作、初めから2個付属のバッテリー、多用なノズルと文句なし!
  • カスタマーサービスがとても親切で、対応が早かった

 

機能面での評価の高さが目立ちますね。

 

ダイソンを意識し、改良を重ねているからこその結果と言えるのではないでしょうか。

 

また、日本の生活事情住環境考慮して開発されているという点も評価に値します。

 

他にも、デザインの良さや故障時の対応の早さなど、良い口コミが多数見受けられました。


悪い評判・口コミ

次に、悪い口コミも見ておきましょう。

シャーク掃除機の悪い評判
  • 購入後ひと月程度で、ノズルのクッション材が剝げました
  • 何回か使っていると、吸引力が弱くなってきた
  • 充電スタンドに、かなりの範囲で傷があった

もちろん、良くない口コミもありました。

しかし、解決済みのものや、解決案のあるものがほとんどという印象です。

 

MEMO
傷や汚れ、故障などについては、カスタマーセンターへ連絡しましょう。

 

前述の通り、カスタマーセンターの対応は非常に丁寧で安心です。

まず、電話で問い合わせをしたら、掃除機を自宅まで回収に来てくれます。

そして、72時間以内に修理をし返却というスピード感。

本当に助かりますね。

 

吸引力が弱いと感じる場合は、フィルターにゴミが詰まっていないか確認しましょう。

 

フィルターを水洗いしたら直ったという解決例は、よくある話です。

シャーク掃除機は吸わない?吸引力は?

シャークの掃除機は吸わない?」という疑問は、ネットやSNS上でよく見かけますね。

 

変わらない吸引力」というキャッチフレーズでおなじみのダイソンがライバルなので、「吸引力」といった部分が、特に取りざたされるのかもしれません。

 

しかし、ダイソンと比べてシャーク掃除機の吸引力が弱くはないでしょう。

 

MEMO
アメリカでは、今やシャークはダイソンを販売数で抜き、トップに躍り出ています。

パワーという面が好きなアメリカ人がシャークを好んでいるということは、それだけで吸引力の強さが伝わりますね。

 

ただ、吸引力というのは数値で表しにくい部分です。

各メーカー吸引力の説明を見ても、実際にどれが吸引力が1番強いのか分かりにくいですよね…。

シャーク EVOFLEXダイソンV10パナソニックパワーコードレスマキタ充電式クリーナー
パワーフィンとソフトローラーを組み合わせた独自のブラシロールで、床との密閉性を確保し、大きなゴミを吸い込み口まで誘導。硬質ブラシでカーペットの奥まで逃さない。新型モーターは、従来機よりも小型で軽量。毎分最大12万5000回転を実現するほどのパワフルな吸引力。大型高速ファン搭載のモーターを新開発。高電圧のリチウムイオン電池を組み合わせた圧倒的な吸引力を実現。トップクラスと言われる吸引力は、シンプルなフロアヘッドが床に密着し、しっかりとゴミを吸い切る。ヘッドの構造上、壁際はやや苦手。

 

ただ、一つ言えるのは私が使う限りではシャーク掃除機の吸引力は全く問題なかったという事です♪

他のメーカーにはないシャーク掃除機のメリット

シャーク 掃除機 吸わない

日本ではまだ認知度の低いシャークですが、他メーカーにはないメリットがあります!

特にその部分が高評価へ繋がっています。一つずつ見ていきましょう。

フレックス機能

狭くて家具が密集している日本の家屋を考慮し、日本独自の特徴として作られた「フレックス機能」。

 

MEMO
フレックス機能とは、掃除機のパイプ部分がボタン一つでフレキシブルに曲がる性能のこと。

 

一般的な掃除機では屈む必要の出てくるベッドやソファ下の掃除。フレックス機能は、その負担がなくなります。

 

また、パイプを折り曲げて収納できるため、場所をとらない点も好評ですね。

 

ハンディとスティックの切替が可能な点もシャークならでは。

掃除をしながらでも片手でできるワンアクションが魅力です。

バッテリー

コードレス掃除機では非常に重要となってくる「バッテリー」。

バッテリーの性能によって稼働時間が変わってくるので、メリットとなっているのは強みですね。

 

まず、シャークのバッテリーは、着脱式内蔵型かを選ぶことが可能です。

 

そして、ッテリーが2つ同梱されていることも、シャークのメリットとしてよく取り上げられています。

 

着脱式であれば、予備のバッテリーを使うことで稼働時間が倍増しますね。

 

途中で切れてしまってお掃除が中途半端になった、なんてストレスを感じることはありません。

MEMO
充電ドックを単体で充電することも可能。

重さのある掃除機の移動が減らせるのは嬉しいですね。

ハイブリッドパワークリーン

パワーフィンとソフトローラーを組み合わせたシャーク独自のブラシロール「ハイブリッドパワークリーン」。

 

ゴミ取り機能が大幅にアップしたと評判です。

 

MEMO
隙間なく床に密着し、あらゆるゴミを取り除くだけではなく、ブラシロール自体を太くしたことで、一回転あたりの設置面積が増加。

 

また、従来モデルから好評の毛が絡まない構造は、そのまま維持。

これらにより、パフォーマンスが大きく向上しました。

シャーク掃除機を買うなら公式ストアがお得

もしアナタがシャークの掃除機を買おうと思っているなら、「Shark(シャーク)公式オンラインストア」がお得!

 

「公式サイトは価格が高いしセールや割引もなさそう」と感じている方も多いです。

 

しかし、シャークの公式ストアはかなりお得です!

セール時期には20%OFFなどもしていますし、公式オンラインストア限定アウトレット品なども存在します。

 

安く買いたいなら公式ストアをチェックしてみてください。

 

更に、公式サイト限定でプラス1年間のメーカー保証延長アフターサービスなど他にはない特典がありますよ!

MEMO
全国どこでも送料無料です。

 

セールなどの割引キャンペーンは定期的に開催されているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

初めてシャークの製品を買うのが不安という方でも公式オンラインストアならしっかりとした保証とサポートを受けることができますよ♪


まとめ

「ダイソンキラー」と言われるほど人気が上昇しているシャークの掃除機。

 

それゆえ、ダイソンを始め他メーカーの掃除機とも比較されることが増えてきています。

「シャークの掃除機は〇〇と比べて壊れやすい」
「シャークの掃除機は△△と比べて吸わない」

そんな口コミや評判があることは確かでした。

 

しかしながら、それらは更なる開発の進歩で改善されていたり、そもそも初期不良だったりということが多く、解決へ繋げることができるでしょう。

 

シャークの掃除機が、他メーカーと比べて壊れやすかったり、吸引力が弱いということはありません。

 

ぜひ、人気急上昇中のシャーク掃除機を使ってみてください。

シャーク 掃除 機 どこ の 国シャークの掃除機はどこの国のブランド?特徴まとめ