【2022年版】ブラーバとルンバどっちがいい?併用するのもあり?

この記事では、ブラーバとルンバどっちをテーマに書いています。

 

いまやお掃除は自動で済ませられる時代。

お掃除ロボットの先駆者アイロボット社の「ブラーバ」や「ルンバ」の購入を考えている方も多いと思います。

 

しかしアナタは今、ブラーバとルンバはどっちがいいどう違うの?と迷っているのではないでしょうか。

 

ブラーバとルンバの機能は明確に違っているため、事前によく確認せずに買ってしまうと後悔するかもしれません。

 

性能価格違いメリット・デメリットなどが気になるという方も多いですよね?

 

その気持ちとても分かります。

 

今回は、「ブラーバとルンバどっち」をテーマに徹底比較していきます。

ブラーバとルンバはどっちがいい?

ブラーバ ルンバ どっち

それでは早速、ブラーバとルンバどっちがいいのか紹介します。

 

シンプルに例えると、ブラーバ「自動のクイックルワイパー」ルンバ「自動の掃除機」です。

 

MEMO
床の小さなゴミや汚れを空拭き+水拭きで掃除したい方ブラーバがおすすめ。

 

ある程度大きいほこりやゴミを除去したいんだ!という方ルンバがおすすめ。

 

もちろんブラーバやルンバ両方を動かせる部屋であれば、併用するという選択肢もあります。

どのパターンが最も良いかは、部屋の条件や使用目的によって決めるべきでしょう。

 

まずは、それぞれのメリットデメリットを説明するので、検討の材料にしてみてくださいね。

ブラーバのメリット・デメリット

ブラーバは、アイロボット社がルンバに次いで発売した「床拭きロボット」です。

 

ルンバは掃除機のようにゴミを吸引して集めるのに対し、ブラーバは専用のパッドを取り付けることで汚れをふき取ってくれます

そもそもの掃除の仕方がルンバとは異なりますが、ブラーバ特有のメリットをまとめると以下のとおりです。

メリット

・空拭き、水拭きの両方が可能
・ベタついた汚れも浮かせてふき取る
・フローリング、タイル、石材など様々なタイプの床に対応
・角まで届くエッジデザインで小回りがきき、部屋のすみまで掃除できる
・清掃中の音が静かで、就寝中でも使用できる

ブラーバは、ドライパッド・ウェットパッドを付け替えることによって、空拭き・水拭きどちらもこなします。

 

小さなゴミの除去や、手でこすって掃除していたベタつきこびりつき汚れの掃除まで任せられる優れモノなのです。

 

他社製品ではありますが、クイックルワイパーの専用シートも取り付けることができるので、クイックルワイパーの自動マシンともいえますね。

 

MEMO
ルンバは丸型が特徴的ですが、ブラーバは角型のデザインとなっており、部屋の角に残りがちなホコリなどにもしっかり届いてキレイにしてくれます。

 

掃除中の音も吸引タイプの掃除機に比べて静かなため、在宅中や就寝中でも使えるのが嬉しいポイントです。

 

ただし、デメリットも以下のとおりいくつか存在するので、買おうか迷っている方はしっかり踏まえたうえで検討してくださいね。

 

デメリット

・大きなゴミやホコリは取り除きにくい
・ラグやカーペット上の掃除には使用できない
・パッドの交換、タンクへ補水などが必要

ブラーバを購入する際に最も注意したいことは、「掃除機の代わり」としては物足りない可能性があるということです。

 

たとえば、普段は掃除機でホコリやゴミを吸引したあと、クイックルワイパーなどを使って仕上げの拭き掃除をしているとします。

この場合でいうと、ブラーバは掃除機のあとのクイックルワイパーの役割。

 

もちろん目に見える色んなゴミを取り除いてはくれますが、掃除機の吸引力と比較すると劣ります

 

1番のおすすめは掃除機と使い分けるべきです。

ただ、部屋が小さい場合やある程度キレイになればよい程度なら、ブラーバ一本でトライするのもありでしょう。

ルンバのメリット・デメリット

ルンバはご存知のとおり、アイロボット社が販売している「お掃除ロボット」で掃除機と同等の機能を備えています。

 

したがって、毎日の掃除機がけが面倒でなくしたい!と思っている方にはぴったりの商品です。

 

ルンバのメリットをあげると次のとおり。

メリット

・微細なホコリからペットの毛まであらゆるゴミを吸引して取り除く
・ラグやカーペットなどの上も掃除できる
・ダスト容器を水ですすぐだけの簡単メンテナンス
・比較的広い範囲を掃除できる

なんといってもルンバを使う一番の嬉しさは、毎日の基本の掃除を完全に自動でこなしてくれることでしょう。

 

目に見えない小さなハウスダストから絡まりがちな髪の毛やペットの毛まで、ゴム製ブラシがしっかりと取り込んで吸引します。

 

MEMO
ルンバはラグやカーペットなどの段差も自動で認識して掃除してくれるので、原則手を加える必要はありません。

コンパクトなモデルでも3~4部屋に対応しているので、基本的には家中ルンバ1つで対応が可能

 

しかしブラーバとの違いも踏まえると、以下デメリットもあるといえます。

 

デメリット

・油脂汚れや食べこぼしなど、水分や油分を含む汚れは取り除きにくい
・値段が高い
・掃除音が大きく就寝中や在宅中は使いづらい

こうしてみると、ブラーバとルンバはお互いに足りない機能を補い合うような関係になっていることがわかります。

 

どのモデルを購入するかによっても多少性能は異なりますが、ブラーバとルンバの特徴を踏まえたうえで、最もアナタにあったロボットを選んでくださいね。

ルンバ キャンペーン【割引キャンペーンあり】2022年ルンバをお得に購入する方法

ブラーバをおすすめしたい人

ブラーバ ルンバ どっちがいい

ブラーバとルンバの機能を知ったうえで、<bどちらを買うべきか決められないという方も多いと思います。

 

まず、ブラーバをおすすめしたい人はこんな人です。

・キッチンの油汚れや床のベタつきを掃除したい
・掃除機は持っているが、仕上げの水拭き機能がほしい
・在宅中や就寝中に使いたい
・ハウスダストや花粉アレルギー対策を強化したい

特に日本では、ハウスダストアレルギー花粉症に悩む人が多いですよね。

 

そんな人にこそ、実はブラーバがおすすめです。

小さなホコリや花粉は目に見えませんが、ちょっとした空気の流れによって再度空気中に舞ってしまう可能性があります。

 

そのため、水拭きをして徹底的にホコリや花粉を取り除くことが有効なアレルギー対策になるのです。

 

毎日の掃除をワンランク上げてより確実にゴミを取り除きたい、という方はぜひブラーバを検討してみてくださいね。

 

ブラーバをお得に買いたい方は、公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

公式サイトには様々なメリットがあります!

・公式ストアならではの豊富な品揃え
・公式オンラインストア限定モデル&セットの販売
・全国どこでも1品からでも送料無料
・公式ストア限定の延長保証(通常1年+延長2年=計3年)
・ギフトラッピング対応

お値段も安くなっているので狙い目ですよ♪

 

日によって様々なキャンペーンを行っているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ルンバをおすすめしたい人

一方で、ブラーバよりもまずルンバをおすすめしたいのは以下のような人です。

・毎日の掃除機がけに代わるお掃除ロボットがほしい
・カーペットやラグの上なども掃除したい
・ある程度広範囲の掃除をしたい

まだお掃除ロボットを導入したことがなく、「掃除機に代わるもの」を探している場合はルンバが最適でしょう。

 

ルンバであれば、フローリングの床だけでなくラグやカーペットの上まで、自動で段差を認識して掃除してくれます。

 

布製の敷物はホコリや毛なども付着しやすいため、毎日自動で掃除してくれるのは非常にありがたいですよね。

 

またブラーバと比較して、ルンバはより広い範囲の掃除が可能です。

ブラーバの最もリーズナブルなモデルでは対応部屋数が1~2部屋であるのに対し、ルンバは3~4部屋。

 

ブラーバのように汚れたパッドを取り替える必要もないので、家中を指示一つで走らせておけばOKです。

 

毎日のお掃除を劇的にラクにするための第一歩として、ルンバはベストな選択ではないでしょうか。

 

また、ルンバにはお得に買える時期というモノが存在します。

詳しくはこちらの記事でまとめているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ルンバ 安い時期ルンバの安い時期|2022年のセール時期と安くなる方法まとめ

ブラーバとルンバの併用もあり

ブラーバ ルンバ 併用

これまでブラーバとルンバの違いを説明してきましたが、最もおすすめしたいのは「ブラーバとルンバの併用」です。

 

ブラーバとルンバは、互いにない機能を補い合うような関係

併用して使うことで、日々のお掃除をより楽に抜かりなく行うことができます!

ブラーバとルンバの併用のメリット

ブラーバとルンバを併用することのメリットとしては以下のとおり。

・床のホコリや汚れを抜かりなく除去できる
・アレルギー対策の強化ができる

毎日ルンバを走らせていても、どうしても空気中に舞っていたホコリなどが取り除ききれないことがあります。

 

そこをブラーバの床拭きでカバーするのです。

残っていた目に見えない汚れやゴミを取り除き、日々の汚れの蓄積によるベタつきなどもしっかりふき取ってくれます。

また、アレルギーを持つ人などは、水拭きでしっかりアレルギー源を除去することで暮らしやすさも向上するでしょう。

ブラーバとルンバの併用のデメリット

ブラーバとルンバを併用するデメリットは金銭面以外ほとんどないと言えます。

 

ただし、ロボット2台を管理する大変さはあるでしょう。

MEMO
最上級モデルの「Brava jet m6」以外は、アプリを使ってルンバと連携する機能がありません。

 

そのため、その他のモデルで併用したい場合は、ルンバとブラーバをそれぞれ都度セットアップするという手間が発生します。

 

また、ルンバが何らかのトラブルで運転を停止しているのにブラーバを動かしてしまい、ゴミの上からいきなり水拭きをしてしまう…ということもありえますよね。

 

ブラーバやルンバ単体での場合も同じですが、床にはできるだけモノがない状態で使用することがベストです。

 

ただこうした少しの手間を惜しまないのであれば、ブラーバとルンバを併用するメリットは大きいといえます。

ルンバ どこで 買う【2022年最新】ルンバはどこで買うのがお得?おすすめショップまとめ

ブラーバとルンバのおすすめの機種

ブラーバ ルンバ どっち

ブラーバとルンバの基本的な特徴や違いについて説明しましたが、最後にどのモデルを購入するか決める必要がありますよね。

 

それぞれおすすめを紹介するので、すでにいずれかを持っている人も、どちらもまだ持っていない人もぜひ参考にしてください。

ブラーバのおすすめ機種

ブラーバのおすすめ機種は、ずばり「Brava jet m6」。

 

ブラーバの最上級モデルとなっており、以下のような特徴があります。

・5部屋以上の間取りに対応
・家じゅうのあらゆる場所の掃除が可能
・ベタつき・こびりつき・油汚れ・ホコリいずれにも対応
・間取りを自動的に学習する機能あり
・清掃履歴の確認やスケジュール設定機能あり
・ルンバと連携できる
・スマートスピーカーと連携できる

Brava jet m6は、他のブラーバモデルとは一線を画しており、圧倒的に高い性能をもっています。

 

キッチンやダイニング、リビングなどあらゆる場所で使えて、どんな汚れも落としてほしい!という方はBrava jet m6の一択でしょう。

 

また、iRobot Homeアプリを利用すると、所有しているルンバが掃除を完了したことを認識し自動で水拭きを開始する機能などもあります。

MEMO
GoogleアシスタントやAmazon Alexaなどのスマートスピーカーとも連携できるため、声で操作することも可能。

 

日々家事や育児、仕事に忙しい家庭では、大いに時間の節約に貢献すること間違いなしでしょう。

 

ブラーバを買うなら、ぜひ「Brava jet m6」を購入してみてはいかがでしょうか。


ルンバのおすすめ機種

ルンバは、現在公式サイトではe5、i3、j3、j7シリーズが発売されています。

なかでも最もおすすめなのは、最新モデルの「ルンバ j7+/j7シリーズ」。

 

主な特徴は以下の通りです。

・5部屋以上の間取りに対応
・規則正しいパターンで掃除が可能
・ゴム製のデュアルアクションブラシで微細なゴミからペットの毛までしっかり吸引
・コードやペットの排せつ物などの障害物を認識して回避
・フローリングや畳、ラグの上も掃除できる
・間取りを自動的に学習する機能あり
・清掃履歴の確認やスケジュール設定機能あり
・ブラーバと連携できる
・スマートスピーカーと連携できる

吸引力が従来商品より進化しているのはもちろん、ブラーバ最上級モデルと同じく基本的な学習機能や便利機能はすべて備えています。

 

MEMO
ちなみに、現在販売している「i3シリーズ」以降であれば、ブラーバの最上級モデル「Brava jet m6」と連携することが可能です。


まとめ

ブラーバとルンバいずれも、アナタのお部屋を綺麗に保つための基本的な機能を備えています。

 

しかし部屋の間取りやお掃除ロボットを使う目的によって、どちらを買うべきかまたは両方を買うべきかは異なります。

 

どちらか一方を選んでも十分に暮らしを豊かにしてくれますが、2つのロボットを併用することでさらにワンランク上の生活が叶えられるでしょう。

 

ぜひ自分にぴったりなお掃除ロボットを手に入れて、今までとは一味違う生活を体感してみてくださいね。

 

当サイトでは、他にもルンバ(ブラーバも同様)に関する記事を書いています。

購入を検討している方はぜひ参考にしてください!