レイコップはおすすめしない|ひどいと言われる理由まとめ

この記事では、レイコップおすすめしないをテーマに書いています。

 

ダニや花粉などのハウスダストを掃除するための布団クリーナー。

快適な睡眠のために、購入する人が増えてきましたね。

 

その中でもレイコップは世界初の布団クリーナーとして、人気の高いメーカーです。

 

知名度も高く、布団クリーナーといえばレイコップといった印象もありますね。

 

しかし、実際に使用した人の口コミを見ると「レイコップはひどい」といった内容もちらほら。

 

レイコップはおすすめしない」とはっきり主張している人も居ます。

「レイコップって実際どうなの?」

 

「性能がひどいって噂は本当?」

と悩んでしまいますよね…。

 

今回はそんな方の為に、どうしてレイコップはおすすめしないと言われるのか、説明していきます!

また最後には、レイコップよりも良い布団クリーナーを2つ紹介しています。

レイコップをおすすめしない理由は?

レイコップ おすすめしない

まずはレイコップをおすすめしない理由を、3つご紹介します。

・あまり意味のないUVランプ
・吸引力が弱い
・ほとんどがコードタイプ

これを読めば、あなたもレイコップについての見方が変わりますよ。

あまり意味のないUVランプ

レイコップの売りにしている機能に「UVランプ」機能があります。

 

この機能によって得られる効果は、下記の通りです。

・99.9%除菌
・ウイルスを除去
・ダニの動きを抑制
・ダニの卵をかえりにくくする
参考:レイコップ公式サイト

一見とても魅力的に感じますね。

 

しかしお気づきでしょうか?

 

ダニを抑制・卵をかえりにくくするとありますが、1番重要な「ダニを死滅させる」の一言がないのです。

 

動きを抑制して、卵をかえりにくくするだけ…。どうでしょうか。

 

「つまり、確実な効果は無いってこと?」と感じるはずです。

吸引力が弱い

レイコップは、他の布団クリーナーと比べて吸引力が弱いです。

 

SNSや口コミを見ていても、吸引力に関する指摘が目立ちます。

 

実は、ダニは布団の表面だけではなく、奥の方にまで潜り込んでいます。

繊維にしがみついているとも言われているんです。

 

吸引力が弱いと、表面のダニには効果があっても奥の方は…。

 

考えるだけでも恐ろしいと思いませんか?

 

吸引力が弱いというのは、大きなデメリットです。

レイコップひどいと言われるのも仕方がないかもしませんね…。

 

ちなみに吸引力で選ぶならダイソンのハンディークリーナーがおすすめ!

 

レイコップとの比較もこちらの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

レイコップ ダイソン どっち が いいレイコップとダイソンどっちがいい?今買うべきなのは?

ほとんどがコードタイプ

レイコップの布団クリーナーは、ほとんどがコードタイプです。

 

コードレスタイプに比べると掃除に時間がかかります。

コードを伸ばしたり収納したりする必要がありますし、他の家具に引っかかって思うように動かせないなんてことも。

 

また布団が多数ある場合、移動の度にコンセントを抜き差しするのもめんどくさいですよね。

 

正直、布団クリーナーにコードタイプは向きません。

 

MEMO
レイコップにはコードレスタイプが1点しかありませんので、購入には注意してください。

レイコップにもメリットはある

ここからは、レイコップのメリットを3つご紹介します。

・パワフルたたき
・ふとんに吸い付かない絶妙な吸引力
・クリーン排気

レイコップもデメリットばかりではありません!

 

デメリットとメリットを把握して、レイコップを購入すべきかどうかを総合的に判断しましょう。

パワフルたたき

1番のメリットは、「パワフルたたき」と呼ばれる機能。

MEMO
「パワフルたたき」により振動を与え、布団の中にあるハウスダストを叩き出します。

そして表面に出てきたハウスダストを吸引する、という仕組みです。

 

ベランダに干した布団をバシバシ叩いてほこりを出す。そんなイメージに近いです!

 

吸引力が低いというデメリットを「パワフルたたき」でカバーしています。

ふとんに吸い付かない絶妙な吸引力

先ほど、おすすめできない理由として「吸引力が弱い」ことを挙げましたね。

しかし「吸引力が弱い」というのは、違う見方をするとメリットになります。

 

吸引力が弱い=布団上をスムーズに移動させられるとも言えます。

 

吸引力が強すぎると、クリーナーが布団に張り付いて、動かすのに力が必要です。

 

そのため力に自信のない女性にとって、レイコップは絶妙な吸引力かもしれません。

クリーン排気

レイコップの布団クリーナーには、0.3μmの微細な粒子も逃さない「HEPAフィルター」が搭載されています。

 

ほこりなどの汚れをクリーナー内にとどめ、排気する空気をきれいにしてくれます。

 

掃除中にクリーナーから出てくる空気って、誇りが混ざっていて汚い気がしませんか?

 

私もそう感じる一人だったので、HEPAフィルター搭載はとても嬉しいです。クリーン排気なら、部屋の中でも気持ちよく掃除ができますね。

レイコップよりも良い布団クリーナー2選

レイコップ ひどい

最後にレイコップよりも良い布団クリーナーをご紹介します。

 

理由も含め、2つご紹介していきます!

ダイソン ハンディクリーナー

まずは「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」でお馴染みのダイソンです。

 

ダイソンには掃除機だけではなく、布団クリーナーがあるのをご存じですか?

 

ダイソンの掃除機は様々な特徴があります。

・吸引力の高さ
・軽さ
・フィルターが詰まりにくく、ゴミ捨ての楽さ

 

そしてこれらは、布団クリーナーにも同じことが言えます。

特に注目したいのは吸引力。布団の奥にいるダニにも、しっかり効果があります

 

またコードレスなので、使い勝手がとても良いです。

 

MEMO
ちなみに、ダイソンの布団クリーナーは「ハンディクリーナー」としても使用可能。

ヘッドを取り替えることで、家の隅々まで掃除ができますよ。

 

レイコップと比べると価格は高いですが、汎用性も高いですね。

他にはない吸引力でダニ排除もできますので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、ダイソンには安くなる時期安く買う方法が存在します。

少しでも安く買いたい方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ダイソン 安い時期ダイソンの安い時期はいつ?2022年のセール|どこで買うべき?

アイリスオーヤマ

2つ目にご紹介するのは「アイリスオーヤマ」

最大の特徴価格の安さです!

 

アイリスオーヤマの布団クリーナーは、機能を最低限に抑えることで安さを実現しています。

 

しかし安いだけではなく、アイリスオーヤマにしかない機能もありますよ。

 

その名前は「ダニちりセンサー」。これがとてもおすすめなんです。

MEMO
ダニちりセンサーとは、ハウスダストの量を3色の光で教えてくれるという機能。

この機能により、布団の上にどれくらいハウスダストがあるのかを知ることができます。

 

「そんな機能必要なの?」と思うかもしれませんが、かなり違います。

 

なぜかというと、ハウスダストは目に見えないから。

 

アナタは、ハウスダストが実際にどれくらいの大きさかを知っていますか?

・ちりダニ…30μm
・花粉…35μm
・ダニの死骸片・フン…20μm

つまり、布団クリーナーをかけて実際にハウスダストを排除できたかどうかは、目では分からないということなんです。

 

ダニちりセンサーがついていない布団クリーナーは、自己満足で終わってしまう可能性が高いです。

 

せっかく掃除したのに、意味がないというのは避けたいですよね?

 

MEMO
ちなみにこちらのセンサーは3色で、教えてくれます。

赤…多い
黄…中間
青…少ない

また、レイコップと同じように「たたき機能」もついています。

高速回転パワーブラシという機能と合わせると、なんと1分間のたたき回数は14,000回!

 

1万円以内で買えるにも関わらず、十分な性能が搭載されているので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。


まとめ

レイコップをおすすめしない理由と、より効果的な布団クリーナーを2種類ご紹介しました。

・知名度・人気度だけでレイコップを選んでしまうのは危険
・それぞれのメーカーに特徴がある

上記2つを理解していただけたかと思います。

 

アナタはどの特徴に1番魅力を感じましたか?

あなたの求める機能がどの布団クリーナーに搭載されているのか、考えてみてください。

 

またレイコップだけでなく、他の布団クリーナーも視野に入れることも忘れずに!

ぜひアナタに合ったものを購入してください。

 

私が1番おすすめするのは、1万円以内で買えるアイリスオーヤマの布団クリーナー

安くて性能もバツグンなので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。