映画を安く見る方法|割引やお得な曜日と日にちを使えば1200円以下で見れる

どうも、ゆうともです!

 

皆さんは「映画を安く見る方法」を知っていますか?

 

昔は、安く映画を見れていましたが、値上げに値上げを重ねて今では1800円ほどします。

 

月に最低でも3回は映画を楽しんでいる私にとって、映画代はなかなかの出費です…

 

チケット代だけではなくて、飲み物だってポップコーンだって欲しいですし、家族で行ったり、デートで映画を楽しむとなれば、2人分の映画代だけで3600円です。

 

少しでも出費を抑えたかった私は、様々な方法を試して映画を見てきました!

 

その結果、今では毎回1200円で映画を見る事が出来ています♪

 

今回は、私が実践してオススメ出来る「映画を安く見る方法」「映画が安い曜日や日にち」をご紹介していきます。

誰でも出来るお得な方法なので、ぜひ活用してください♪

映画を安く見る方法

映画 安く見る方法

では早速、映画を安く見る方法についてご紹介していきます!

 

全ての方法が通常料金より安く見る事が出来るので、ぜひ活用してください!

 

通常料金で見るなんて本当に損ですよ…

映画の通常料金
◆一般:1800円

◆大学生:1500円

◆高校生:1000円

◆中/小学生;1000円

◆幼児(3才~):1000円

1.ムビチケを使う

私が1番オススメする方法が「ムビチケ」を使う事です♪

 

いつでも400円引きで映画を見ることができます!

 

ざっくりいうと、「前売券をネットで購入できる」みたいな感じです。

 

曜日や日時は関係なくて、いつでも400円引きという素晴らしい制度です。使わないと勿体ないです…

ムビチケのメリット
いつでも400円引き
オンラインで座席予約ができる

ムビチケを使用すれば、映画を見るために長蛇の列に並ぶことはありません。

 

特に、都市部の映画館は人気なのでチケットを買うだけでも長蛇の列…

 

デートならそれだけで気分は萎えてしまいます…

 

ただ、ムビチケにもデメリットがあります!

ムビチケのデメリット
購入できるのは映画公開日前日まで
対象映画館が限られている

2番目は致命的で、行く予定の映画館が対象ではない場合があります…

 

都市部ではない映画館は対象外の場合が多いです。

 

最近では、ムビチケの対象を拡大しているのでデメリットは減ってきていますが、使えないのであれば意味がありません。

 

買い方がよく分からない人は、Amazonからの購入も可能です。

 

見たい映画のタイトルを検索すれば映画のチケットを安くGETできます♪

今すぐ割引チケットをチェックする

2.シネマイレージカード

次に紹介するのが、「シネマイレージカード」です!

 

映画館に行くと1度は聞いたことがあると思います。

 

シネマイレージカードは、TOHOシネマズとクレディセゾンというクレジットカード会社が提携して発行しているクレジットカードです。

MEMO
クレジット機能なしのカードもあるので、クレジットカードを増やしたくない方でも作りやすいです。

このカードのすごい所は、映画1本を無料で見る事が出来るところです!

 

映画を6回見る度に、映画1本が無料で見れます。

 

さらに、先程ご紹介した「ムビチケ」と併用できるという優れモノです!

 

この二つを使えば、映画1本あたり1200円で見る事が出来ますよ♪

 

ムビチケ+シネマイレージカードを使うと、1400円×6本=8400円+映画1本無料なので 8400円 ÷ 7本=1200円で見れるという訳です。

 

さらに、上映時間1分毎に1マイルが貯まります。

 

溜まったマイルは「ポップコーン」や「1ヶ月フリーパスポート」と交換できるので見れば見るほどマイルが溜まってお得になります。

 

シネマイレージカードは初年度年会費無料で、2年目以降は300円の年会費がかかります。

 

Mastercardで作ると年に1回でもショッピングかキャッシングをすれば翌年以降の年会費無料で利用できます。

 

映画を見た後に食事に行ったり、買い物した時に、1回でも支払いにカードを使えば、年会費は無料になるという訳です。

シネマイレージカードのメリット
映画1本無料
マイルが貯まる
チケットの早期購入が可能
映画観賞時の還元率がかなり高い
シネマイレージカードのデメリット
TOHOシネマズでしか使えない
映画を見に行く頻度が少ない方はメリットが受けにくい

シネマイレージはTOHOシネマズに映画を見に行くのであれば、必ず作った方が良いといっても過言ではありません!

 

メリットの部分が本当に大きいので、「ムビチケ+シネマイレージカード」の組み合わせが1番実用的でお得ですよ♪

 

ただ、デメリットに書いた通り、近くにTOHOシネマズがない方や、映画を見に行く頻度が少ない方は持っていてもあまりメリットを感じられないです…

 

3.前売り券を購入する

「ムビチケ」や「シネマイレージカード」は登録が必要なので、メンドクサイと感じる方にオススメなのが「前売り券」です!

 

公開前から必ず観ると決めている映画の場合は、前売り券を購入すると安く映画を見る事が出来ます。

 

映画によって異なりますが、多くの場合が1400円でチケットを購入する事が出来ます!

 

さらに、前売り券は曜日や日付に関係なく利用できるので、忙しい方でも利用しやすい割引サービスです。

 

最近では前売り券に特典のグッズがついているものもあるので、限定商品をGET出来るというのも思い出に残って良いですよ♪

 

4.U-NEXTを使って自宅で映画を見る

最新作の映画ではないですが、U-NEXTを使って自宅で映画を楽しむという方法もあります♪

 

デートなどで映画館に行くのも良いですが、人が多かったり、希望の時間に上映されていなかったりします。

 

また、デートのタイミングで2人が観たい映画がない場合だってありますよね?

 

そんな時は「U-NEXT」を使って自宅で映画を楽しみましょう♪

 

全作品数は120,000本以上もあるので、2人で選びながら見れるのは心強いです!

 

作品数で他社と比較すれば、間違いなくトップレベルですし、70誌以上の雑誌が読み放題です。

 

週刊誌も多いので雑誌を毎週買っている人なら絶対にお得ですよ。

 

U-NEXTは月額1,990円(税別)かかりますが、毎月1,200ポイントが付与されます。

 

無料で見れない最新作はポイントを消費して視聴できますよ♪

 

今なら「31日間無料トライアルキャンペーン」をやっているのでお得に入会できます!

 

5.会社の福利厚生を利用する

あまり利用している方はいませんが、会社の福利厚生で映画を安く見られる可能性があります!

 

それは「ベネフィット・ワン」「ときめきプラザ」などの割引を利用する方法です!

 

会社の福利厚生で「ベネフィット・ワン」などに入会している場合は、映画が400円引きなどで見れます。

 

これは、勤めている会社によって異なるので誰でもという訳にはいきませんがお得な方法です。

 

ただし、いちいち申請をしなくてはいけないので何かとメンドクサイですし、「ムビチケ」の方が簡単に登録できます。

 

私個人としては、あまりオススメ出来ない方法ですね…

 

映画を安く見れる曜日や日にちはいつ?

映画 安い曜日

では、次に映画を安く見れる曜日についてご紹介していきます!

 

「ムビチケ+シネマイレージカード」で十分なのですが、登録がメンドクサイという方もいます。

 

そんな方はお得な曜日を狙って映画を見に行きましょう♪

 

各映画館ごとに、お得な曜日や日にちは違うので注意してください!

イオンシネマの割引

ハッピーファースト:毎月1日、1100円(税込)

ハッピーマンデー:毎週月曜日、1100円(税込)

ハッピー55(G.G):55歳以上、1100円(税込)

ハッピーモーニング:平日朝10時台までに上映を開始する映画、1300円(税込)

ハッピーナイト:20時以降に上映を開始する映画、1300円(税込)

夫婦50割引:夫婦のどちらかが50歳以上、2人で2200円(税込)

イオンマークのクレジットカード・お客様感謝デー:毎月20日30日、1100円(税込)

 

イオンシネマは毎週月曜日がハッピーマンデーで1100円で見る事が出来ます!

 

月曜日に映画を見に行くのであれば、イオンシネマを利用しましょう♪

 

109シネマズの割引

シニア割引:60歳以上、1100円(税込)

109シネマズの日:毎月10日、1100円(税込)

レイトショー:20時以降に上映を開始する映画、1300円(税込)

レディースデイ:女性は毎週水曜日、1100円(税込)

ファーストデイ:毎月1日、1100円(税込)

夫婦50割引:夫婦のどちらかが50歳以上、2人で2200円(税込)

ペアデイ:毎月22日、男女ペアは男女問わずペアは2200円(税込)

 

109シネマの場合での狙い目は、レイトショーとファーストデイ、ペアデイですね♪

 

ペアデイであれば、映画デートにも誘いやすいですよ!

 

TOHOシネマズの割引

ファーストデイ:毎月1日、1100円(税込)

レディースデイ:女性は毎週水曜日、1100円(税込)

シニア割引:60歳以上、1100円(税込)

夫婦50割引:夫婦のどちらかが50歳以上、2人で2200円(税込)

レイトショー:20時以降に上映開始する映画、1300円(税込)

TOHOシネマズデイ:毎月14日、1100円(税込)

 

TOHOシネマズに関しても、レイトショーとファーストデイをオススメします。

 

TOHOシネマズデイ(毎月14日)も狙い目ですが、意外と人が多い日でもあるので人ごみが嫌いな方にはオススメしません…

 

ユナイテッド・シネマの割引

レイトショー:20時以降に上映を開始する映画、1300円(税込)

スーパーレイトショー:毎週土曜・祝前日23時以降に上映する映画、1300円(税込)

レディースデー:女性は毎週水曜日、1100円(税込)

シニア割引:60歳以上、1100円(税込)

夫婦50割引:夫婦のどちらかが50歳以上、2人で2200円(税込)

高校生友情プライス:高校生3人以上、1人1500円→1000円(税込)

 

ユナイテッド・シネマの特徴は、なんといっても高校生友情プライスです!

 

高校生3人以上であれば、1人1000円という破格の値段です!友達を誘って映画を見に行きましょう♪

 

松竹系・MOVIXの割引

シニア割引:60歳以上、1100円(税込)

夫婦50割引:夫婦のどちらかが50歳以上、2人で2200円(税込)

レイトショー:毎日20時以降に上映する映画、1300円(税込)

モーニングファーストショー:平日の午前中1回目に上映する映画、1300円(税込)

MOVIXデイ:毎月20日、1100円(税込)

ファーストデイ:毎月1日、1100円(税込)

レディースデイ:女性は毎週水曜日、1100円(税込)

 

まとめ

映画を安く見る方法や安い曜日や日にちについてまとめましたが、1番のオススメは「ムビチケ+シネマイレージ」です♪

 

登録するという手間はかかりますが、1番お得に映画を見る事が出来ます!

 

最低でも「ムビチケ」は登録して損はありません!

 

たかが400円と思うかもしれませんが、その400円で飲み物が買えますし、1ヵ月に何度も行くのであれば絶対に利用すべきです。