iPhoneのバンパーは意味ない?実際に使って分かったメリット

この記事では、「iphone バンパー 意味ない」をテーマに書いています。

 

突然ですが、アナタはiPhoneにどんなカバーを付けていますか?

・手帳型ケース

・ソフトケース

・ハードケース

・フレームケース
参考:eny-暮らしに寄り添った モノ選びメディア-

様々な種類がありますよね。

 

そんな中でも、今回は「バンパーフレーム」について紹介していきます。

 

シンプルさが特徴で多くの中に人気なケースタイプですが、デメリットも存在します。

 

iPhoneにバンパーなんて意味ない」という声もSNS上で見かけるくらいです…。

 

そこで実際に使った私がバンパーフレームを詳しく解説します!

iPhoneのバンパーは意味ない?デメリットは?

iphone バンパー 意味ない

それでは早速、iPhoneのバンパーは意味ないのかについて紹介していきます。

 

実際、SNSなどでも「使う意味がない」という声は挙がっています。

 

iPhoneバンパーを使うデメリットというモノも存在します。

デメリット
  • 画面と背面が露出しているためキズが付きやすい
  • デザインや材質の選択肢がすくない
  • 音量ボタンなど押しにくくなる場合がある
  • 純正以外の充電ケーブルが使用できない場合がある
  • 価格が高めになりがち

 

バンパーを付けるときに気になるのが、しっかりと保護されるのか?という部分。

iPhoneの端しか保護していない様に見えるので、傷付くか気になりますよね。

 

ただ結論を言うと、最近のiPhoneのバンパーは改良されているので使う意味があります!

 

MEMO
高さを調整して、万が一スマホやiPhoneが落下しても本体を保護できるように作られています。

iPhoneにバンパーを付けるメリット

iphone バンパー意味ない

ここからはiPhoneにバンパーを付けるメリットを紹介していきます。

 

私が実際に使って感じたのは4つ!

バンパーのメリット
  • iPhoneのデザインを活かせる
  • 放熱効果が高い
  • シンプルイズベスト
  • ケースが軽い

iPhoneのデザインを活かせる

まずご紹介するメリットは「iPhoneのデザイン」に関する事。

 

バンパーは他のケースと違いフレームしか変化がありません。

 

つまり、iPhoneのデザインの美しさを感じられます。

 

iPhoneの薄さやカラーリングロゴの美しさをそのまま楽しめるというメリット。

 

MEMO
他のandroidなども、特徴的なデザインのモノがありますが、やはり1番オシャレなのはiPhone!

特に、iPhoneのカラーにこだわって購入した方は、バンパーを使った方がいいですよ♪

放熱効果が高い

私がバンパーの1番のメリットと感じたのは「放熱効果」の部分。

 

iPhoneを使ってYoutubeやネットフリックスなどの動画鑑賞ゲームを楽しんでいると、本体が熱くなったことはありませんか?

 

単純にiPhoneのバッテリーが劣化している時もありますが、本体が熱くなる時の大きな原因が「放熱」の部分なんです。

 

MEMO
特に、手帳型などはiPhoneを覆う様に蓋をするので、熱が外に逃げずに熱くなるリスクが高いです。

 

その点、パンパー型はフレームを取り付けるので、本体を覆う面積が少ないですよね?

 

熱が外に逃げやすくiPhone本体が熱くなる可能性は低いです!

製品によっては、わざと放熱用の穴をあけているモノもあります。

 

長い時間、動画やゲーム、SNSを楽しむという方はバンパー型をすべきです。

シンプルイズベスト

アナタがシンプルを好むならバンパーは素晴らしいケースになります。

 

iPhoneが1番スマートに見えて、「シンプルイズベスト」になるのがバンパーです。

 

手帳型やカバーケースもオシャレではありますが、言ってしまえばiPhoneでもスマホでも見え方は変わりません。

 

また、全体を覆うケースをどうしても一回り程大きくなり、手で持つときに大きさが邪魔になります。

 

その点、バンパーはiPhoneの薄さとほぼ同じなので、大きさが変わることはりません。

iPhoneの魅力や良さを前面に押し出せます!

ケースが軽い

最後のご紹介するメリットは「重さ」に関する部分。

 

先程も少し説明しましたが、手帳型やカバーケースはiPhoneを覆う様な形のモノです。

分厚いケース自体の重さがiPhoneにプラスされます。

 

多少の重さなら気にならない…」と感じる方もいると思います。

 

確かに、カバンやズボンのポッケに入れている時は、そこまで重さを気にする事はありません。

 

しかし、家でゴロゴロしながらiPhoneをいじっている時はどうですか?

 

MEMO
私はよく、ソファーで横になりながら動画を見ていますが、iPhoneの重みで必ず腕が痛くなります…

iPhone単体でも長時間はきついのに、ケースの重さまで加わったら…。

 

iPhoneに取り付けるケースの中で1番軽いのはパンパー型です。

 

ゴロゴロしながらiPhoneを使っている方は、バンパーを使う事をオススメします。

バンパー型がオススメなのはこんな方

iphoneバンパー意味ない

上述のメリットやデメリットを踏まえ、iPhoneにバンパー型をおすすめしたいのはこのような方です。

・長時間ゲームや動画配信、SNSなどでiPhoneを触っている
・できるだけコンパクトかつ軽いものがよい
・iPhoneのデザインやカラーリングが気に入っている

 

特に、家で長時間iPhoneを触っている方はバンパー型がベスト。

 

放熱効果が高くて軽いというのは特におすすめの部分です♪

 

最近では様々な種類のiPhoneバンパーが出ているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。


iPhoneバンパーを買うなら「Hamee」がおすすめ

iPhoneバンパーは種類やデザインだけでなく、取り扱う店舗もかなり多いです。

 

数あるお店の中からアナタが気に入るケースを選ぶのは一苦労ではないでしょうか?

 

そんな悩める方におすすめなのが「Hamee」。

MEMO
Hameeは、世界累計販売数2,000万個を突破した「iFace」シリーズを開発・販売している会社。
参考:PR TIMES

 

Hamee」ではバンパー型に限らず、手帳型やカバー型などたくさんの種類を取り扱っています。

 

まだ悩んでいるアナタでも、画面をスクロールしていけば、きっと気に入るケースが見つかりますよ♪

 

また、iPhoneケース以外にも、スマホに関連するものならなんでもあると言えるほどアクセサリも充実!

 

さらに、スマホだけにとどまらずApple製品やイヤホンなどのスマホの周辺グッズも豊富に取りそろえています。

 

スマホやAppleグッズを買い替えたら、ぜひ1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

Check


まとめ

iPhoneバンパーには様々なメリットがあって多くの方が使っています。

 

私自身も使っていますが、意味ないという事はありません。

特に放熱効果や軽さの部分は他にはないメリットです♪

 

価格帯も高くないので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。