ハイセンスはどこの国のメーカー?冷蔵庫・テレビ・洗濯機

この記事では、ハイセンスはどこの国?について書いています。

家電を買うときに、「ハイセンス」という家電メーカーを見たことがあると思います。

家電量販店では、国内大手メーカーと比べてかなり安く販売されていますよね。

その安さこそが、ハイセンスの最大の魅力なのです。

しかし、「ハイセンスはどこの国メーカー?品質は大丈夫かな?」と気になる方も多いでしょう。

家電を購入するときは、メーカーも選ぶ要素の1つです。

故障やサポートのことも考えると、よくわからないメーカーは不安ですよね。

今回は、ハイセンスがどこの国のメーカーなのか特徴品質について解説します。

ハイセンスはどこの国のメーカー?

ハイセンス どこ の 国

それでは早速、ハイセンスはどこの国なのか紹介していきます。

結論から言うと、ハイセンスは中国に本社がある中国のメーカーです。

本社所在地は、山東省青島市市南区。中国有数の商工業都市にあります。

中国と聞くと不安視する方も多いですが、実はハイセンスは世界でもトップレベルの大人気メーカーです!

もともとは社員10人くらいでトランジスタラジオをつくる会社として、1969年に創業しました。

現在は中国のみならず、生産拠点は世界に29カ所、販売法人は日本含め世界55カ国に設置。

日本では、「ハイセンスジャパン株式会社」という会社がハイセンス製品の輸出入と販売を行っています。

また、2018年には国内大手メーカー東芝の「東芝映像ソリューション株式会社」を買収。

東芝のレグザブランドハイセンスの傘下となり現在販売されているものはすべてハイセンス製のものになっています。

MEMO

現在は「東芝映像ソリューション株式会社」を「REGZA TVS」へ社名変更。

「REGZA TVS」は日本の液晶テレビ市場にてシャープ、ソニーを抜きトップシェアを獲得しています。

さらに、2022年サッカーワールドカップでは公式スポンサーに選ばれています。

それだけ世界から認められ、高い評価を得ている家電メーカーということがわかります!

「よくわからないメーカーで不安だな、信用していいのかな?」と思っていた方も、イメージが変わったのではないでしょうか?

ハイセンスは、日本でもすでに多くの方が購入しているメーカーで、世界でもトップレベル。

ただ安いだけでは、世界で認められるまでの評価は得られないはずです。

ハイセンスが、安さに加えて高い技術力と品質を兼ね備えているからですね。

また購入後の製品サポートも、日本法人の「ハイセンスジャパン」がきちんと対応してくれます。

中国メーカーのハイセンスでも、安心して使うことができますよ!

ハイセンスの特徴は?

世界的にも有名なハイセンスですが、その特徴魅力はどういったところにあるのでしょうか?

ひとつずつ、解説していきます。

圧倒的な価格の安さ

ハイセンスの特徴のひとつは、なんといっても価格の安さです。

家電量販店でも、国内大手メーカーと比べると圧倒的に安いのがわかります。

特に4Kテレビは高級品で手が届かない価格だと思っていませんか?

ハイセンスは、4Kテレビも安いです!

MEMO

大手国内メーカーだと55インチ30万円ほどのテレビが、ハイセンスだと13万円ほどで買えることもあります。

大画面で高画質なテレビが低価格で買えるのは嬉しいですよね。

欲しい機能が低価格で手に入るのが、ハイセンスの最大の魅力です。

日本国内でも認められた品質

しかし、それだけ安いと気になるのは品質

「安かろう悪かろう」では困りますよね。

ハイセンスの製品は、コストだけでなく品質やパフォーマンスでも高い評価を得ています。

全国の専門家と販売店によるプロの厳正な審査で製品が選出される「VGP」でも、数々のハイセンス製品が「金賞」「技術賞」「コスパ大賞」を受賞。

さらに、2015年からはテレビ、白物家電において「Sマーク」(※)を認証取得しています。

※Sマーク
電気用品安全法を補完し、電気製品の安全のための第三者認証制度です。Sマーク付電気製品は、第三者認証機関によって製品試験及び工場の品質管理の調査が行われている証
引用:電気製品認証協議会(SCEA)

市場調査機関が2022年夏に発表したデータによると、ハイセンスのテレビ出荷台数シェアは世界第2位

世界でもトップレベルの家電メーカーといえます。

ここまで世界と日本で認められているメーカーであれば、中国のメーカーということは気にならなくなってきますね。

安心の製品サポート

ハイセンスは購入後のサポートも安心できます。

製品はすべてに保証がついており、2015年8月以降に発売されたテレビに関しては3年保証がついています。

製品に初期不良などの不具合があっても安心。修理や交換の対応をしてもらえます。

さらに、ハイセンスの公式サイトには「よくあるご質問」としてたくさんの質問と回答が記載されています。

「テレビの画面に線が入る」

「冷蔵庫の冷えが悪い」

といった、身近な「こんなときどうしたらいいの?」という疑問に答えてくれます。

「なんかおかしいけど電話問い合わせするほどでもないかなぁ」というときに気軽に調べられて便利ですね!

ハイセンスのテレビにはどんな種類がある?

ハイセンス 冷蔵庫 どこ の 国

ここからは、ハイセンスの製品にどんなものがあるのか見ていきましょう。

様々な家電を販売しているハイセンスですが、やはり人気なのはテレビです。

MEMO

REGZA TVSと共同開発した「NEOエンジン」を搭載して、高画質を実現。

低価格ながら、大画面、高画質、高音質を楽しめるのがハイセンスのテレビの最大の魅力です。

また、機能も充実していて、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスに対応している機器も多いです。

【VGP金賞受賞】U9Hシリーズ

「VGP」にて2年連続金賞を受賞しているシリーズ。

高画質、高音質はもちろんですが、生活レベルが一気に向上しそうな機能がもりだくさんです。

サイズ75v、65v
画素数3840×2160
エンジンNEOエンジンPro
搭載VODNetflix/Amazon Prime Video/ Disney+/
Youtube/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/
RakutenTV/Paravi/DMM.com/SPOOX/NET.TV
機能・スクリーンシェア(スマホの画面をテレビにシェア)
・Bluetooth対応リモコン
・VIDAA Voice(声でテレビを操作)
など

【VGP受賞】40A30G

「VGP2022」「VGP2022 SUMMER」を受賞した製品です。

U9Hシリーズに比べ、機能はかなりシンプル。

しかしテレビとしての機能は十分備えておりますし、価格はなんと約3万円

コスパを重視する方にぴったりです!

サイズ40v
画素数1920×1080
エンジンNEOエンジン2K
搭載VOD
機能・録画機能・裏番組録画・画面静止機能など

ジェネリック家電 テレビジェネリック家電テレビのおすすめは?今買うべき商品をご紹介

ハイセンスの冷蔵庫にはどんな種類がある?

ハイセンスは、テレビのほかにも白物家電も充実しています。

ハイセンスの冷蔵庫は、コスパの良さはもちろんインテリアにマッチングするスタイリッシュなデザインが魅力です。

【シンプルでコンパクトで大容量】HR-G3601W

大容量のファミリータイプですが、シンプルでコンパクト。

どのキッチンにも合いそうなデザインも人気な理由。

さらに、-3℃~0℃の「微氷結」と0~3℃の「チルド」をボタンひとつで切り替えられる、「セレクトチルド」も搭載。

食材や常備菜を適切に保管しておくことができます。イオンの力で冷蔵庫の菌と臭いを抑制させる機能も。

気になる冷蔵庫内の清潔が保たれます。

容量358L(3~4人用)
サイズ幅598×奥行665×高さ1740mm
機能・自動製氷システム
・セレクトチルド室
・除菌、脱臭
・ドアアラーム
・高さ調節可能棚
など

【おしゃれなコンパクトタイプ】HR-D16F

1人~2人用のコンパクトタイプ。

白いボディに黒のアクセントがおしゃれです。

機能はシンプルですが、冷凍室は2段式スライドケースとなっているので冷凍食品のまとめ買いも可能。

1人~2人暮らしの方にピッタリの冷蔵庫です。

容量162L(1~2人用)
サイズ幅481×奥行586×高さ1277mm
機能・フレッシュケース
・耐熱トップテーブル
など

ジェネリック家電 冷蔵庫ジェネリック家電の冷蔵庫はどれがいい?おすすめ商品を紹介!

ハイセンスの洗濯機にはどんな製品がある?

ハイセンスの洗濯機も、冷蔵庫と並ぶ代表的な白物家電です。

【生活を楽にする】HW-DG10A

ただの白物家電ではなく、シンプルでスタイリッシュなデザイン。

洗剤の自動投入に加え、フラットな蓋は掃除もしやすく日々の生活も楽にしてくれます!

容量10kg(4~5人用)
サイズ幅590×奥行630×高さ1050mm
機能・洗剤&柔軟剤の自動投入
・激流しっかり洗浄
など

【コスパ良品】HW-T60H

優れた便利機能はありませんが、シンプルな機能のぶん低価格で販売されています。

1人暮らしでコスパ重視の方にぴったりです。

容量6kg(1~2人用)
サイズ幅540×奥行540×高さ880mm
機能・立体シャワー水流
・槽洗浄
など

ジェネリック家電 洗濯機ジェネリック家電の洗濯機はどれがいい?おすすめ商品を紹介!

ハイセンスの評判

最後にネット上やSNSでのハイセンスの評判をご紹介していきます。

今回は、主にテレビの評判をまとめました!

高評価

  • 画質がかなりきれいで感動した!
  • 音質は期待していた以上に良い
  • 録画、内臓アプリ、家庭内ネットワーク、最新ゲーム機対応などよくこの値段で搭載できたなと感心するレベル

低評価

  • 倍速機能がない
  • 画面にホコリやドット欠けがあったので交換してもらった

まれに初期不良などはあるようですが、正直低評価レビューがあまりなく、コスパの良さに満足している方が多く見られました!

また、初期不良があったとしても、テレビに関しては3年間の保証がついているので安心です。

まとめ

今回は、家電メーカーのハイセンスについて、特徴や品質を解説しました。

  • ハイセンスは中国の家電メーカー
  • 最大の特徴はコスパの良さ
  • 多くの賞を受賞したこともある安心の品質
  • さまざまなスペックの製品を幅広くラインナップ

ハイセンスは、コストだけでなくパフォーマンスの面でも高い評価を得ている家電メーカーです。

低価格で機能も品質も良いとは、びっくりですね。

安さと品質に不安があった方も、安心して購入を検討してください!

テレビ 安い時期【2023年版】テレビの安い時期はいつ?買い時とお得な買い替え時期