ガラスフィルムと保護フィルムはどっちがいい!?特徴を徹底比較

この記事では、ガラスフィルムと保護フィルムどっちがいいについて書いています。

 

衝撃による画面割れや、摩擦による傷つきなどを手軽に保護できるスマホ用フィルム。

スマホの購入とともに揃える方も多いですよね?

 

フィルムには「ガラスフィルム」と「保護フィルム」の2種類があります。

ガラスフィルムと保護フィルムってどっちがいいの?

 

どんな違いがあるの?

 

フィルムを選ぶにあたって、一度は気になる疑問。

 

今回は、ガラスフィルムと保護フィルムどっちがいい?という疑問を解決できるように、徹底比較をした内容をお伝えします。

 

読んでいく中で、ご自身に合うフィルムをぜひ見つけてください。

ガラスフィルムと保護フィルムはどっちがいい?

ガラス フィルム 保護 フィルム どっち が いい

それでは早速、ガラスフィルムと保護フィルムのどちらが良いかを紹介しましょう。

 

結論から伝えると、「どちらが良いかは、重視するポイントによる」です。

 

比較するポイントは色々とあり、すぐに結論はでないかもしれません。

 

しかし、これからご紹介する両者の違いや特徴をチェックすれば、アナタにはどっちが合っているのか分かりますよ♪

 

一つ一つ確認をしていきましょう。

ガラスフィルムと保護フィルムの違い

ガラスフィルムと保護フィルムの一番大きな違いは、素材です。

 

ただ、それ以外にもさまざまな違いがあるので、表にまとめてご紹介します!

 

大きく分けて5つのポイントで比較しました。

素材画面価格厚み強度
ガラスフィルムガラス素材・クリアで美しい
・傷つきにくい
高い
1000~4000円程
若干厚みがある9H
保護フィルムPET素材・衝撃に弱い
・気泡が入りやすい
安い
100均での購入も可能
薄くて柔らかい3H~4H
MEMO
表の強度に記載されている「H」は、鉛筆硬度をあらわす表記。

鉛筆硬度とは、鉛筆の硬さ(濃さ)のことで、「引っかいたときにどれだけ傷つきにくいか」を示しています。

ガラスフィルムの特徴

ガラスフィルムの素材は、名前の通りガラスです。

 

保護フィルムと比べて厚みがあり、衝撃に強い作りになっています。

 

MEMO
硬度はJIS規格で6B〜9Hという17段階になっており、9Hで最高ランクなので、ガラスフィルムがいかに硬いかがわかりますね。

 

SNS上でも「ガラスフィルムのおかげでスマホ本体が守られた」という声は多いです♪

 

その他ガラスフィルムのメリットとして、クリアな画面も挙げられるでしょう。

画像や動画を見るのに大変適しています。

 

ガラス特有の光沢から、見た目も美しく高級感が感じられるのも魅力ですね。

 

また、ほとんどの物が、画面にそっと置くだけできれいに貼れるので、気泡が入りづらいのも嬉しい特徴

 

私の様な不器用な方でも簡単に貼ることができます。

 

しかし、メリットが多いように感じるガラスフィルムにもデメリットもあります。

 

まずは、料金の高さ。

100均でも購入が可能な保護フィルムと比べて、ガラスフィルムは安くても1,000円以上かかります。

 

機能を良くしていくと、倍以上の価格になることもあるでしょう。

 

次に、フィルムの厚みをデメリットとする声も聞かれます。

 

これは、スマートフォンカバーへの干渉度合いや、タッチパネルの感度低下を気にしたもの。

商品によるという考え方もあるので、商品ごとの口コミはチェックしたいところですね。

保護フィルムの特徴

続いては、保護フィルムの特徴です。

 

保護フィルムの素材は、PET(ポリエチレンテレフタレート)といって、ポリエステルの一種です。

 

ペットボトルや衣服の繊維などにも使用されています。
参考:PETボトルリサイクル推進協議会

 

PET素材は、柔らかく薄いため、スマホ操作時のタッチ感に違和感がないのが特徴。

 

スマホカバーの干渉もないので、スムーズに使用できるでしょう。

 

MEMO
ガラスフィルムと比べると強度は弱いものの、指紋や小さな傷からは画面をしっかりと保護してくれます。簡単に破れることもありません。

 

また、メリットの一つとして挙げられる価格の安さ

傷や汚れが気になってきたら定期的に買い直せるのも魅力ですね。

 

デメリットは、PET素材の柔らかさゆえ、画面に貼り付ける際、気泡が入りやすいこと。

 

経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

その他のデメリットとしては、衝撃への弱さが挙げられます。

 

薄くて柔らかいため、ガラスフィルムと比べ保護する力が弱くなってしまいます。

 

落下して画面に強い衝撃が与えられると、ほぼ確実にひび割れてしまうでしょう。

ガラスフィルムがおすすめな人

ガラスフィルム 保護フィルム どっちがいい

両者の特徴を伝えられても「結局どっちするか悩む」という人もいますよね?

 

そんな方の為に、結論どんな人にオススメなのかご紹介していきます。

 

 

まずご紹介するのは、ガラスフィルムがおすすめな人!

・よくスマホを落としてしまう

 

・耐久性を重視している

 

・画像や動画の美しさにこだわっている

 

スマホの出し入れの回数が頻繁な人も、それだけ落とす可能性はあがるため、ガラスフィルムにしておくと安心ですね。

 

MEMO
おっちょこちょいでスマホを落としてしまうという方以外にも、小さな子どもがいて触られる可能性が高いママや、営業職で移動が多い人などにもおすすめです。

 

強度があり衝撃に強いので、耐久性を重視している人もガラスフィルムを使って欲しいですね!

 

また、画質へのこだわりがある方にも、ガラスフィルムは最適と言えるでしょう。

 

クリアな画面は、ガラスフィルムのメリットです。

フィルムを貼る際に気泡が入りにくく、フィルムを貼った後も画面の曇りが少ないガラスフィルム。

 

画像や動画を少しでもきれいに見たいという方は、ぜひガラスフィルムをお試しください。

今買うべきおすすめガラスフィルム2選

ここからは、ネットで買えるおすすめのガラスフィルムを2つ紹介しましょう。

BUMPER GLASS DG-IP20MBG2F

「BUMPER GLASS」はiPhoneユーザーから評価が高い商品です。

 

なめらかな触り心地で操作しやすい」など、好意的な口コミが多々あります。

 

1番のおすすめポイントは、耐久性

一般的なガラスと比べて硬く強いアルミノシリケートを採用しています。

 

MEMO
割れにくさを検証した際には、90cmの高さから落としても細かなヒビすら入らなかったというから驚きです。

 

画面を強く擦っても傷つかず、無傷の状態を維持できます。

 

バンパーの出っ張りが少し気にはなるものの、スムーズに操作できるので問題はありません。

 

その出っ張りはヒビ割れの原因となる正面・側面からの衝撃をしっかり保護するためのものです。

 

耐久性を重視したい方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。


SWINCHO ガラスフィルム

ひび割れや細かい傷から画面を守る高品質なガラスが使用されている商品です。

 

特徴としては、覗き見防止加工が施されていること。

 

MEMO
左右28度外側からは画面が見えなくなり、プライバシーを保護できます。

 

透明度が通常のガラスよりも高く、操作性や使い心地も抜群です。

 

さらにアンチグレア加工と指紋防止加工が採用されています。

付着した汚れも簡単に拭き取れ、いつも清潔な状態を維持できるのは嬉しいですね。

 

覗き見防止加工を付けたい方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。


保護フィルムがおすすめな人

ガラス フィルム 保護 フィルム どっちがいい

続いてご紹介するのは、保護フィルムがおすすめな人。

 

以下のような方は、保護フィルムを使ってみてはいかがでしょうか。

・フィルムを貼っても違和感なく使いたい

 

・タップの感度が悪いとストレスに感じる

 

・少しでも安くおさえたい

 

保護フィルムは柔らかくて薄いため、スマホの操作時に「何か貼っている」という違和感をあまり感じません。

 

サラサラとした表面で、操作性を重視する方おすすめです。

 

ガラスのように厚みがあると、どうしてもタップの感度が悪くなりがちですが、PET素材は薄いためそのような心配もありません。

 

また、リーズナブルで手軽に購入できることも保護フィルムの魅力の一つです。

 

価格重視の方は、保護フィルムがおすすめ。

 

貼るときに気泡が入ってしまったり、金具や鍵などひっかき傷ができたりしても、価格が安いと買い替えやすいというのも嬉しいですね。

今買うべきおすすめ保護フィルム2選

それでは、保護フィルムのおすすめ商品も2つ紹介しましょう。

ラスタバナナ

ーズナブルな価格帯で買い求めやすいと人気が高い全面保護フィルムです。

 

特徴は、高光沢、アンチグレア、スーパーさらさら、皮脂防止、指紋防止、ブルーライトカットなど様々な仕様が選べること。

 

好きなタイプのフィルムを2種類組み合わせることも可能です。

 

アンチグレアは指紋や汚れが付きにくいため、ゲームがしやすいという声が多く聞かれます。

 

フィルムを貼る際、保護フィルムながら気泡が入りにくいというのも嬉しいポイントでしょう。


エレコム スマホ 液晶保護フィルム

フリーサイズのスマホ保護フィルムです。

スマホ画面のサイズにあわせてカットができるため、スマホの機種を選ばず使用できるのが特徴の一つ。

 

方眼シートが付いており、サイズを確認しながらカットしていきます。

 

その他、さまざまな仕様にも注目です。

・時間とともに希望が目立たなくなる特殊吸着層を採用したエアレスタイプ

 

・指紋汚れを付きにくくする指紋防止コーティング採用

 

・光の映り込みを抑える反射防止仕様

 

耐久性には優れていませんが、多くの仕様で使い心地は良いでしょう。


まとめ

「保護フィルム」と「ガラスフィルム」についてご紹介しました。

 

それぞれに特徴やメリット・デメリットがあることがわかりましたね。

 

結果、一概に「こちらが良い!」という答えは出せません。

 

ご自身の生活を振り返り、何を重視すべきかを環境や用途に合わせて考えましょう。

手帳 型 スマホケース やめ とけ手帳型スマホケースやめとけ|ダサいしおばさん向けでやばい?