ダイソンは買ってはいけない?デメリットや後悔した理由と口コミまとめ

この記事では、ダイソン買ってはいけないをテーマに書いています。

 

ダイソンの掃除機は性能の高さやシンプルなデザインも目を引き、大人気ですね。

 

ダイソンの掃除機は2016年、コードレス掃除機での国内シェアが50%を超えていたとも言われています。
参考:エキサイトニュース

 

コードレス掃除機の購入を考える際、誰もが一度は検討する代表製品とも言えるでしょう。

 

しかし実際の購入者の声を聞くと

・重たい!
・うるさい!
・バッテリー持ちが悪い!

などあまりよくない意見も多く聞かれます。

 

SNSでも「ダイソンは買ってはいけない」や「ダイソンはブランド力で高いだけ」などマイナスは口コミも目立ちます。

 

実は私自身も6年ほど前からダイソンユーザーであり、上記のようなデメリットも日々感じております。

 

では、やはりダイソンの掃除機は買わない方がよいのでしょうか?

 

そんな疑問を解決するべく、今回はダイソンは買ってはいけないについてお伝えします!



ダイソンを買ってはいけないのは本当?

ダイソン 買ってはいけない

それでは早速、ダイソンは買ってはいけないについてご紹介していきます。

 

結論から言うと、デメリットをしっかり理解すればオススメできる商品です。

 

確かに、ダイソンの購入者からはいくつかのデメリットの声が挙げられています。

そんなデメリットを聞いていると、「買わない方が良いのでは?」と迷う気持ちも分かります。

 

しかし、ダイソンにはメリットもたくさんあるんです。

 

どんな製品にも必ずデメリットはあります。

ダイソンも例外ではなく、メリットもデメリットもあるので、そこを見極めて購入すべき製品です!

 

デメリットを把握してから購入すれば、後悔することもないですし、満足すること間違いないです♪

ダイソンを買ってはいけないと言われる理由は?

ダイソン 買っては いけない

ここからは、ダイソンを買ってはいけないと言われる理由についてご紹介します。

 

ダイソンには以下のようなデメリットがあげられています。

・重たい
・価格が高い
・バッテリー容量が小さい
・髪の毛やティッシュが絡まりやすい
・ゴミ捨ての時にチリやほこりが飛び散る

デメリットをしっかり理解して許容できるという方は、ぜひダイソンを購入してみてはいかがでしょうか。

重たい

私が使用しているダイソンの掃除機は、最新版より1世代前のダイソンです。

このモデルの重量は2.3kgということで、数字を見るとそれほど重くなさそうに聞こえます。

 

しかし、本体部分の重み+ロングパイプとクリーナーヘッド部分の重み(離れているのでさらに重い)が手首にぐっとかかるので腕がかなり疲れます。

 

数字以上に重さを感じる事がありますね。特に長時間掃除する時はツラいです…。

 

ただ、最近ではユーザーからの意見を反映して、軽量型のモデルを発売しています。

 

MEMO
例えば、2020年に発売された「Microシリーズ」はわずか1.5kgという軽さ。

「ダイソン=重い」というのは過去の話になってきています!

価格が高い

ダイソンのデメリットとして挙げられる事が多いのが、価格が高いという点。

 

本当に多くの方が価格が高いという不満を持っています…。

 

数万円から購入できるコードレス掃除機の中で、ダイソンの製品は4万円から、高いものでは10万円近くします。

MEMO
人によっては不要だと思うアタッチメントが付属品としてついていることが多く、場合によってはその事が損をしたように感じるという方もいます。

 

確かに、価格面では他のメーカーよりも1段階上ですが、安く買う方法なども存在します。

詳しくはこちらの記事でまとめているので、価格が高くて購入を迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

ダイソン 安い時期ダイソンの安い時期はいつ?2022年のセール|どこで買うべき?

ヘッド部分が大きく隙間に入らない

ダイソンの掃除機は、クリーナーヘッド部分にかなりの厚みがあります。

 

そのため、隙間に入らず狭いところの掃除はしづらいです。

棚の下や窓際のフチなどのゴミはなかなか取れません。

 

アタッチメントの交換をすれば狭いところも掃除できますが、毎回交換するのは手間ですよね…。

 

アタッチメント買うお金と交換する手間を掛ければ解決しますが、少しデメリットに感じています。

髪の毛やティッシュが絡まりやすい

また、私が使っていて意外とメンドクサイのが、髪の毛が絡まるという点。

 

クリーナーヘッド部分の回転ブラシに髪の毛やティッシュペーパーが絡まり、回らなくなります。

強い吸引力が災いして、薄い絨毯やマットはこの回転ブラシにすぐ巻き込まれてしまいます。

 

その度に一度止めて、巻き込まれたものを引っ張り出しています。

 

回転ブラシのお手入れはコインで外してすぐにできるのですが、定期的に掃除するのは、少しめんどくさいですね..。

ゴミ捨ての時にチリやほこりが飛び散る

正直、紙パック式の掃除機に比べるとダイソン掃除機のゴミ捨ては楽だと私は感じています。

 

大きめのゴミ袋やゴミ箱を下に置き、ぱかっとふたを開けるだけでゴミ捨て完了です。

 

しかし、せっかく吸ってくれた大量のチリやほこり、ハウスダストがふたを開けた衝撃で宙を舞います

ゴミを捨てる時は少し注意が必要ですね…。

 

アナタがどうしてもダイソンは嫌だな…。と感じたのであれば、ダイソン以外の掃除機を購入する事をおすすめします。

ダイソンと比較して性能が高いコードレス掃除機も世の中にはあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ダイソンよりいい掃除機ダイソンよりいい掃除機はある?おすすめのコードレス掃除機をご紹介



ダイソンを買ってはいけないは嘘!メリットもある

ダイソン 後悔

ここからはダイソンのメリットをご紹介していきます。

・排気がクリーン
・つくりがシンプルでゴミ捨てが楽
・吸引力は十分
・サポートがしっかりしている
・アタッチメントツールやスタンドの種類が豊富

どんな製品にもメリット・デメリットはあるので、必ずチェックしておきましょう!

排気がクリーン

実は私が購入した大きな理由排気がクリーンという点。

 

赤ちゃんや子どもは従来のキャニスター型掃除機の音や動きがおもしろくて、掃除機をかけ始めるとすぐに後をつけたがります。

キャニスター型の掃除機は後ろから大量のほこりを含んだ風が排出されています。

 

その風がまた楽しくて、子どもたちは自らあたりに行くという悪循環に。

 

MEMO
コードレス掃除機であれば、必然的に排出される空気は大人の腕くらいの高さになるので、子どもたちに悪影響を及ぼす事はほとんどありません。

 

加えて、ダイソンには高性能なフィルターが装着されており0.3ミクロンの微粒子を99.97%までとらえる事ができるモデルも多くあります。

排気はかなりクリーンな状態で行われています!

つくりがシンプルでゴミ捨てが楽

従来のキャニスター型の掃除機のように紙パックはなく、本体のクリアビンに直接ゴミが溜まっていきます。

 

ゴミを捨てる時は大きなゴミ袋やゴミ箱に向けてぱかっとクリアビンのふたを開けるだけ。

 

SNSなどでも「ゴミ捨てが楽」という声はかなり多いです♪

吸引力は十分

日常のお掃除で吸引力について実感できることは少ないかもしれません。

 

しかし、クリアビンに溜まっていく普段は目に見えないチリやほこりは十分に確認できます。

割ときれいかな、と思っていてもダイソンの掃除機で吸うと大量のチリやほこりがどんどん取れていきます。

 

吸いつきが強すぎて絨毯まで持って行ってしまうくらいなので吸引力は十分といえるでしょう。

サポートがしっかりしている

購入したばかりの頃、5分くらいしか使っていないのにすぐに充電が切れてしまったことが。

 

数日間そんな調子だったのでまさか故障!?と思いサポートセンターに電話をしました。

とても丁寧に対応していただき、もしかしたらフィルターが汚れているのかも?と説明を受けました。

 

フィルターを見てみると確かに汚れがびっしり!

 

購入したばかりでフィルター掃除の必要があることをすっかり忘れていただけでした。

 

結果、フィルターを水洗いでキレイにしたら全く問題なく使えました。

MEMO
ちなみに、掃除機本体にサポートセンターのフリーダイヤルの番号が記載されています。

小さなことですが、とても親切な対応でした。

 

このような電話対応だけでなく2年間のメーカー保証もついていて、この保証には修理にともなう部品代や作業費用が含まれます。

 

ただし、公式から購入する必要があるので、サポートが受けたい方は、公式サイトから購入してください!

Check

アタッチメントツールやスタンドの種類が豊富

購入した後、問題になるのが掃除機の置き方

ダイソンは付属の収納ブラケットがあり、壁にネジで穴をあけて直接取り付けるという製品がいくつかあります。

 

しかし、壁に直接穴を開けるのはなかなか抵抗がありますよね。

 

そこで、活躍するのが収納ブラケットを取付けられるクリーナースタンド

こちらを使用することで壁に穴をあける事なく、収納ブラケットを取り付けられます。

 

スタイリッシュなデザインや木製のしっかりしたものなど、種類やデザインも豊富に販売されています。



ダイソンの評判と口コミ

最後にダイソンの評判と口コミをSNSなどから拾っていきたいと思います。

 

今回ご紹介した内容は、あくまでも私自身がダイソンを使ってきた実体験です。

 

世の中には私とは違う意見の方もいると思うので、他の方の口コミなどもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

良い口コミ

それでは、まずは良い口コミからご紹介します。

よく吸うし新型は軽いしカッコいいし買ってよかった

コードを伸ばさなくていい、本体が倒れない、ゴミを捨てるのが簡単。少し値段は高いけど、その分の価値は十分にあると思う。

吸引力すごいです。こまかいホコリいっぱい吸ってくれます

 

「吸引力が凄い」
「ゴミ捨てが楽」
「掃除が楽になった」
「買ってよかった家電No.1」

など、多くの方がダイソンの凄さをSNSにアップしています。

 

私自身も、ダイソンの魅力にハマっています!

ダイソン 割引【割引キャンペーンあり】2022年ダイソン商品をお得に購入する方法

悪い口コミ

ここからは、ダイソンの悪い口コミをご紹介します。

ダイソンの掃除機ってめちゃくちゃ重いな

ダイソン高いな

 

SNS上でつぶやかれているのは、やはり「重さ」「価格の高さ」でした…。

 

特に「価格の高さ」他のメーカーよりも1段階上です。

性能面はバツグンなので、価格面は我慢すべき点とも言えます。

 

ただ、ダイソンにはお得な時期安く買う方法が存在します。

詳しくはこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

ダイソン 安い時期ダイソンの安い時期はいつ?2022年のセール|どこで買うべき?

まとめ

ダイソンのメリット・デメリットを比較すると、以下のような人にはダイソンはおすすめと言えます。

・長い時間は掃除機を使用せず、手軽にササッと掃除機をかけたい
・小さな赤ちゃんや子どもがいるので掃除機から排出される空気が気になる
・アレルギー等があるため微細なハウスダストも取り除きたい
・スタンドやアタッチメントツールにこだわりたい

どのような製品でもメリットとデメリットがあるのは事実。

 

ダイソンはユーザーからのデメリットの声をきちんと拾い、最新型にどんどん活かしています。

掃除機は価格も種類もさまざまで、購入するとなると悩んでしまいますね。

 

私は長年ダイソンユーザーとして使っていますが、買ってよかったと思っています♪

ぜひアナタもダイソンの素晴らしさを堪能してみてはいかがでしょうか。