今さら聞けないPaaS、IaaS、SaaSとの違いとは?それぞれのメリット・デメリット

どうもゆうともです。

突然ですが、IaaSSaaS・Paasという言葉を聞いたことありますか?
最近よく耳にするこれらの言葉の意味を皆さんちゃんと理解できていますか?

「PaaSってよく聞くけど、結局なんなんだろう。IaaSとかSaaSと何が違うの?」

「それぞれ、どんなメリット・デメリットがあるの?」

「クラウドの種類って事は知っているけど詳しくはわからない」

と思っている方も多いでしょう。

今回は、そんな似ている言葉だけど意味が全く違い、PaaS、IaaS、SaaSの違いメリットデメリットをご紹介します。

そもそもクラウドとは

クラウドという言葉を聞いたことがある方が多いと思います。そもそもクラウドって何だと思いますか?

クラウドとは正式には「クラウドコンピューティング」のことで、従来のようにパソコン上のアプリやデータではなく、インターネット経由でアプリケーションを使うことを指します。

主体がインターネットの向こう側にあり、利用量に応じて柔軟にキャパシティを増やせることが特徴といえます。サービスは、コンピュータリソースだったり、アプリケーションだったり、OSであったり、様々なものを提供しています。

例えば、
・メールやカレンダーといったグループウェアなどのように捉えている
・データを保存するストレージのように捉えている
など・・・

言葉のみでみると、それらは別個のものであり、とても同じ「クラウド」を指しているようには見えないですよね?

しかし、実はこれらは全て「クラウド」を指しています!

そんなクラウドには様々なサービスがありますが、仕組みを大きく分けると「SaaS」「PaaS」「IaaS」の3つに分類可能というわけです。

クラウド、で表す意味の範囲はとても広く、幅広く様々な意味で解釈されています。そのため実際に仕事上の会話で利用する場合、現在では、利用形態によって分類した用語が使用されます。

では実際に「SaaS」「PaaS」「IaaS」の違いを見ていきましょう。

SaaSとは

SaaSとは、「Software as a Service」の頭文字を取った略語で「サース」と呼ばれています。

これまでパッケージ製品として提供されていたソフトウェアを、インターネット経由でサービスとして提供・利用する形態のことを指します。

ユーザー側にソフトウェアをインストールするのではなく、ベンダー(プロバイダ)側でソフトウェアを稼働させ、ユーザーはネットワーク経由でソフトウェアの機能性を活用するといういう訳です。

SaaSの特徴
・データをインターネット上に保存することができる
・PC、スマートフォン、タブレットなど端末を選ばずにデータにアクセスできる
・複数の人間が同一データを共有し、更に編集もできる

Google AppsSalesforceなどがSaaS型サービスの代表例ですね。

Gmailなどのメールサービスや、ブログサービス、などもSaaS型サービスです。

SaaSのメリット

Web上で簡単な目的をすぐに達成できるのがメリットです。

例えば、メールの送信や受信をしたいと思った時、SaaSを利用すればすぐに目的が達成できます。

難しい知識は必要なしに目的を達成することができるので、簡単な目的を短時間で確実に達成するために、SaaSは最良の選択肢と言えるでしょう。

SaaSのデメリット

自由度が低いので、自前のプログラムを使いたい場合など少しでも型から外れたことをしたい時はSaaSの利用は難しいです。

例えば、自分で作成したプログラムを用いてメールの分類などは出来ません。

SaaSには自由がないので、PaaS、またはIaaSを使う必要があります。

PaaSとは

PaaSは「Platform as a Service」の頭文字を取った略語で「パース」と呼ばれています。

アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。

このPaaSは、エンドユーザにオンライン上でサービスを提供するSaaSの考え方をさらに深化させたものとなり、プラットフォームを大規模なデータセンターなどに用意して外部に開放し、主に企業などのユーザーが、その上にサービスを開発できるというものです。

システム設計に沿った方法でアプリケーションを開発できるので、コストを抑えてかつ早くシステム開発をおこなうことができます。

Google App EngineMicrosoft Azure(マイクロソフト・アジュール)などが代表的なPaaS型のサービスです。

PaaSのメリット

IaaSとSaaSの中間に位置するのがPaaSになっています。

データベースを用いたアプリケーションをネットワークで実行したい時、SaaSではそもそも目的の達成が難しいですし、IaaSではデータベースとは別にハードウェアやOSから用意しないといけないので大変です。

 

しかし、PaaSを利用すればデータベースやプログラムの実行環境がすでに用意されているので、プログラムだけを用意すればよいというメリットがあります。

また、更新や脆弱性対策なども利用する側ではほとんど必要ないと言われています。

OSやDBソフトウェアのことを考えずに自分自身のプログラムをネットワーク上で実行したい時、PaaSは最良の選択肢と言えるでしょう。

PaaSのデメリット

プログラムだけを用意するので利用するデータベースの設定や、プログラムの実行環境には制限があるので開発の自由度は下がります。

完全に満足できない可能性があります。その場合は、PaaSではなくIaaSを使う必要になってきます。

IaaSとは

IaaSは「Infrastructure as a Service」の頭文字を取った略語で「イァース」と呼ばれています。

情報システムの稼動に必要な仮想サーバをはじめとした機材やネットワークなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。

SaaSやPaaSなどと違って自由度が高く、ハードウェアのスペックやOSを好きなように選べます

Google Compute EngineAmazon Elastic Compute Cloud (EC2) が代表的なIaaS型のサービスとして挙げられます。

IaaSのメリット

ハードウェアの設計から始めることができるので、OSCPUメモリ等のリソースを自由に設定し、リモートでアクセスをし構築が出来ます。全てを自由に決めることができるため、PaaSやSaaSでは達成が困難な目的でも、IaaSでは達成できるということが多々あります。

目的を達成するためにSaaS,PaaSに無い特殊なソフトウェアを必要とする場合や、細かな設定を必要とする場合、IaaSは最良の選択肢と言えるでしょう。

IaaSのデメリット

PaaSやSaaSと比べ、OSやハードウェア、ネットワークの知識が必要になります。

また、更新やセキュリティ対策などもすべて自分の手で行わなければなりません。
全ての責任を自分の手で持つという事が必要になります。

まとめ

IaaS、PaaS、SaaSの区別についてまとめると、ソフトウェアサービスを提供するのに必要な構成要素の提供段階によって区別できます。

その構成要素は大きく分けて、ネットワーク、ハードウェア、オペレーティングシステム(OS)、ミドルウェア、アプリケーション、の5つに区分されていて、基本的にはこの5つはこの逆順に依存関係にあります。

SaaSは5つの要素がすべて含まれており、近年最も利用されているクラウドサービスです。

SaaSを導入することで、これまでソフトウェアを購入・インストールするコストや時間、セキュリティの問題などが大幅に改善され、ユーザーのサービス利用におけるハードルが劇的に緩和されるようになりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA