ネットの速度が遅いのはLANケーブルが原因??オススメのLANケーブル、種類や選び方をご紹介

自宅のインターネット速度が遅い!!

それはもしかしたらLANケーブルに問題があるかもしれません。

あまり知られていませんが、LANケーブルには色んな種類があります。

種類によって対応している通信速度も違うのでせっかく1Gbpsの光回線を利用しても、100Mbpsまでしか対応していないLANケーブルを使っていたら、全くもって意味ありません。。。

そんなことがないように今回はLANケーブルの種類オススメのLANケーブルをご紹介します。

 

「どのLANケーブルを選べばいいのか」もしっかりとご紹介しますので是非参考にして下さい!

LANケーブルの種類

LANケーブルの規格

LAMケーブルには現在流通している規格では6種類あります。

「カテゴリー5」という規格から「カテゴリー7」まで存在します。5と7の間にも、5eや6aなどがあります。

これら、カテゴリーの違いは1つ1つ大きいのでしっかり確認していきましょう。

 

カテゴリー5
通信速度 100Mbps
伝送帯域 100MHz

 

カテゴリー5e
通信速度 1Gbps
伝送帯域 100MHz

 

カテゴリー6
通信速度 1Gbps
伝送帯域 250MHz

 

カテゴリー6a
通信速度 10Gbps
伝送帯域 500MHz

 

カテゴリー7
通信速度 10Gbps
伝送帯域 600MHz

 

カテゴリー7e
通信速度 10Gbps
伝送帯域 1000MHz

※カテゴリーは「cat」や「c」と略される場合もあります。

 

カテゴリー5のLANケーブルは速度が極端に遅くなってしまうので使用しない方が良いです。

100Mbpsまでしか対応していませんし、伝送帯域に関しても現在のインターネット回線には不向きです。

同様にカテゴリー5eも伝送帯域が狭いので1Gbpsには対応しているものの新たに購入するのは控えた方が良いですね。

なので、これからLANケーブルを購入する場合は最低でも「カテゴリー6以上」を選びましょう。

伝送帯域とは
伝送帯域とは「データを送るときの周波数の幅」のことです。 分かりづらいですよね??よく例えられるのが「水道の蛇口」です。 伝送帯域が広ければ蛇口も大きくなり、たくさんの水が出ますよね? つまり、伝送帯域が広いということは、「データ量を多く転送することができる=通信速度が向上する」という事になります。

では、どのくらいの伝送帯域がいいのかというと、500Mbpsあれば問題ないでしょう。

「カテゴリー6a」であれば、通信速度は申し分ない10Gbpsですし、帯域速度も500Mbpsなのでオススメです。

 

LANケーブルの形状

LANケーブルの形状は「普通タイプ」「フラットタイプ」「極細タイプ」の3つの種類があります。

それぞれの特徴があるのでチェックしていきましょう。

・普通タイプ

特徴:比較的太い銅線が使用されているので長距離の配線におすすめです。ただし、他の形状と比較すると曲げにくいため、ゆとりのあるスペースで使うのが理想的です。

 

・フラットタイプ

特徴:形状が平たく薄いため、カーペットやドアの下など通す際にも便利ですし、部屋の外観を損なわずに使えるところが魅力です。ただし、スタンダードタイプのLANケーブルに比べると引っ張り強度は劣るので、その点は注意が必要です。

 

・極細タイプ

特徴:狭い場所でも配線しやすいLANケーブル。ケーブルが混雑している環境でも扱いやすのが特徴です。また、ケーブルが比較的柔らかいため、曲げやすいところもポイント。見た目もスッキリしており、線の太いモデルに比べると外観を損なわないのも魅力です。

※画像はbuffaloの公式サイトから引用

LANケーブルのメーカー

LANケーブルのメーカーは色々ありますが、有名な所でいうとBUFFALO(バッファロー)ELECOM(エレコム)等が有名ですね。

しかし、カテゴリー6以上のものを選んでいれば特にどの会社のも大差はありませんので価格や好みで選んで頂いても問題ないでしょう。

 

各メーカー毎に強みはあるのでそこの差で選んでのがいいですね!

 

ちなみにBUFFALO(バッファロー)折れないツメを強みとして推しています。

180°曲げても折れない素材をツメに採用したLANケーブルで不意に起こる破損を防ぐことができるという代物です。
ケーブルの挿し抜きをよく行う場面でも活躍してくれるのが特徴ですね。

また、「二重シールド構造」が採用されているので複数本のケーブルを束ねた状態で使用した際に発生する通信エラーを防げます。

オススメのLANケーブル

では次はオススメのLANケーブルをご紹介していきます。

 

一般的な家庭で使うようなネットサーフィンや買い物をするだけであればカテゴリーは「6a」で問題ないでしょう。

オンラインゲームをよくする方は通信のタイムラグが気になったり、特にPingの品質を重視するゲーマーなどは絶対に「7シリーズ」を買うようにしましょう。

数あるLANケーブルの中でも私がオススメするのは【サンワサプライ】です。

ノイズへの耐久性が高い上に1.9mmと薄いLANケーブルで次世代10ギガビット・イーサネットの「10GBASE-T」に対応するモデル

プラグにはサビなどの発生を抑える「金メッキシールドプラグ」が採用されていて結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線です。

また、コンピュータや家電などの製品に対し、環境に有害な化学物質の使用を禁止する「RoHS(ローズ)指令」にも対応しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

インターネットの通信速度が遅いと感じたとき、パソコンのスペックを確認したり、回線のチェックをしたりすることはあってもLANケーブルを疑うことは今までしてこなかったのではないでしょうか。

この機会に一度自宅にあるLANケーブルや知人がインターネットが遅いと言った時にLANケーブルの見直しをしてみるようにしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA