Youtube埋め込みは著作権違反!?知っておかないと違反者として通報される?

どうも、ゆうともです。

今やYouTubeは生活に欠かせない存在になっております。

音楽を聴いたり、サッカーを見たり、youtuberの動画を見たり、ドラマの見逃し配信や映画のレンタルなんかもやってますよね。

 

このブログ(WordPress)ではまだYouTube動画を紹介した記事は書いていませんが、

ブログでYoutubeの動画を紹介したり、自分の動画を解説したり、ゲームの攻略ブログなら文章では伝わりづらいのでYoutubeに誘導したりする場合もありますね♪

 

そんなYouTube動画をブログ記事に埋め込む際に気を付けておきたい著作権やYouTube規約について、情報をまとめて見ました。

実際の埋め込み方法は別の記事で紹介していますので、こちらを参考にしてください。
1分で出来る!wordpressにyoutube埋め込む方法

 

著作権はYoutubeの機能「埋め込み」を使えば問題なし

早速、著作権についてお話していきます!結論から言うと、

 

Youtubeの機能「埋め込み」を使えば基本的には問題なし!

 

 

YouTube動画では「共有」から「埋め込みコード」を選択すると、埋め込み用のコードを取得することができます。

そのコードを使用すれば一般のユーザーなどが投稿した動画でも問題ないという訳です!

 

というのも、この方法はYoutubeの規約にしっかりと記載されているからです。

お客様は、YouTubeの事前の書面による承認なく、本サービスまたは本コンテンツのいかなる部分(本コンテンツ(以下に定義します。)を含みますが、これに限られません。)をもいかなる媒体によっても配布しないことに合意します。ただし、YouTubeが、かかる配布を可能にする本サービスの機能(Embeddable Player等)を提供している場合は除きます。

引用:Youtube利用規約

 

 

肝となる部分が、あくまでもYoutubeの機能「埋め込み」を使えば大丈夫という事が重要です。

 

例えば、別の方法で動画をダウンロードしてブログやWebサイトにアップロードするというのは禁止されています。

たまに見ますが、そう言うブログやWebサイトは場合によっては訴えられますし、ASPやアドセンスを停止される危険性もあります!

 

お客様は、「ダウンロード」または同様のリンクが本コンテンツについて本サービス上でYouTubeにより表示されている場合を除き、いかなる本コンテンツもダウンロードしてはなりません。

引用:Youtube利用規約

 

規約にもしっかり書いてありますが、ダウンロードは禁止されています!

 

ちなみにYouTubeでは、アップロードした動画に対して「埋め込みを許可」するかどうかを投稿するユーザー側で選択することができます。

 

投稿者は他の人に拡散されたくない場合は「埋め込み」を無くせるというわけですね。

 

と言うことは、基本的に埋め込みがある動画に関してはブログに埋め込んでも問題はなさそうという訳です!

 

著作権を侵害して違法に投稿されている動画には注意が必要

先ほど、埋め込みがある動画に関してはブログに埋め込んでも問題はなさそうと言いましたが、注意することがあります。

 

それは、Youtubeに違法アップロードされている動画です!

 

最近は、アニメや映画・音楽など、投稿者自身で勝手に撮影し投稿しているYouTubeを目にすることがあります。

 

この場合は、YouTubeの埋め込み機能を使うことができても、これらの動画自体が違法なコンテンツとなります。

絶対に自身のブログやWebサイトに埋め込むのはやめましょう。

 

あなた自身がアップロードした訳ではなくても訴えられる可能性があります。

 

 

音楽動画をブログに埋め込みたい場合は、公式チャンネルが公開している動画を持ってくる方がリスクは少な目ですよ!

 

ただし、公式のPVであるからといって著作権の問題なしというわけではありません。

動画を公開しているアーティストや企業の不利益になりにくいので、著作権の侵害で申告される可能性が低いというだけです。

 

 

また、動画だけを貼り付けまくって、広告収入を得ようとするのはアウト。

 

これも訴えられる可能性がありますよ。

 

楽して儲けようなんて考えはNGです。

まぁ動画だけ貼り付けてもPV伸びないと思いますが。。。

 

あくまでも、動画を紹介するというスタンスで貼り付けて、この動画の何がオススメなのか、自分の考えを付け足していくという形なら大丈夫といったグレーゾーンの部分です。

 

引用転載の違いという感覚です。

 

この辺りは明確な線引きがないので、悪意を持っているか持っていないかという点だと私は思います。

不安な方は動画の投稿者や企業に問い合わせると確実なのでオススメです。

 

まとめ

著作権を違反してない動画で、Youtubeの埋め込み機能が可能な動画であれば、著作権は問題ないという結果になりますね。

とはいえ自分自身が共有しようと思った動画も、どこまで著作権を違反してるのかは実際わからないというのが現状です。
結局は「自己責任」ってことになっちゃいますね。

 

後は投稿者にメールやコメントをしてみるというのも良いと思います。自分が投稿者なら拡散されるのは嬉しい事なので意外と皆さんOKしてくれると思いますよ。

 

そして、動的な動きが加わる事でブログやWebサイトもよりユーザーがわかりやすいブログになります。

ぜひユーザー目線のサイト作りを目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA