MacOS便利機能!スピーチの設定方法と使い方

Macユーザーのみなさん、

目が疲れている…。

まだ仕事のメールがたまっている……。

もうPC画面見たくない…。

 

そんな時はMacに読んでもらいましょう。

溜まっている文章やメールを読み上げてくれます。

 

 

そんな素敵な機能こそが、スピーチ機能なのです!

 

 

早速使い方をご紹介します。

スピーチ機能の設定方法

 

Appleメニューから「システム環境設定」をクリックします。

 

 

クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、「アクセシビリティ」アイコンをクリックします。

 

 

左側タブメニューの「スピーチ」をクリックします。


「システムの声」「読み上げ速度」を設定することができます。
「再生」をクリックすると音声を確認する事ができます。

 

 

「キーを押したときに選択しているテキストを読み上げる」にチェックを入れると、
任意のテキストを選択した後にショートカットキーを押すと読み上げる事ができます。

デフォルトのキーは「option + esc」です。

その他のショートカットキーはこちらをご覧ください。
買ったら覚えておきたいMacPCの基本キーボードショートカット【Mac OSの使い方】

スピーチ機能の使い方

 

使い方はすごく簡単です。
読んで欲しい文章をドラッグで選択してショートカットキーを押すのみ。

デフォルト設定では「option + esc」です。

すると、選択しているテキストを読み上げてくれます。

これで目が疲れている時でも問題なく、溜まったメールを処理できますよ!

ちなみにスピーチ機能とは逆で音声を使って入力できる機能もありますので
そちらもあわせてご覧ください。
音声入力の設定方法と使い方【Mac OSの使い方】

1 COMMENT

音声入力で声をテキストに-音声入力の設定と使い方【Mac OSの使い方】 | ゆうともの道 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA