PCを購入するならSSDがおすすめ!HDDとSSDの違いとは?

どうも!仕事で毎月5台ほどパソコンを購入するゆうともです。

これから新しくパソコンを購入しようと思っているなら、SSD搭載のパソコンを購入することを強くおすすめします!

 

HDDSSDではそれぞれメリットデメリットがありますが、これから買うなら、絶対SSDを選択しましょう。

 

そもそも、HDDSSDの違いがわからないというPC初心者の方にもわかりやすくご説明していきますね!

HDDとSSDの違いとは?

HDDSSDはどちらもデータを保存するための機械です。

 

しかし、その性能は全く違います。

物理的構造が違うのでデータの保存方法や処理速度、寿命や衝撃の強さなど特徴や違いがあります。

HDDとは?

HDDとは?

HDDとはHard Disc Drive(ハードディスクドライブ)の頭文字を取った略語です。

OSや書類などのデータを保存する記録装置になります。

ハードディスクと言われているとおり、HDDの中には硬い円盤が何枚も入っています。

その円盤は高速回転しているのですが、そこに磁気ヘッドと呼ばれる機械を使って、データを書いたり、消したりしています。

 

実は、HDDにはいくつかサイズがあります。

主に2.5インチと3.5インチの2つのサイズがよく利用されています。

 

ノートパソコンや液晶一体型パソコンは、2.5インチHDD(縦10cm × 横7cm × 高さ1cm程度)というサイズがよく使われています。

デスクトップパソコンによく使われているのが、3.5インチHDD(縦15cm × 横10cm × 高さ3cm程度)というサイズです。

SSDとは?

SSDとは?

SSDSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の頭文字を取った略語です。

SSDは半導体素子メモリを使用しているので、データの読み書きに円盤やモーターを使いません。

なので先ほど説明したHDDのように機械部品がほとんどないです。

 

簡単に言うと、SSDHDDに比べて部品が少ないという事です。

 

USBメモリのように、内蔵しているメモリーチップにデータを読み書きする部品です。

HDDのメリット・デメリット

HDDSSDは同じ記録装置ですが、それぞれにメリットデメリットがあります。

 

まずは、HDDメリットデメリットをご紹介します。

HDDのメリット
・安い(容量が大きい)

これに尽きます。

SSDに比べて格段に安いです!

もちろん、安いのでそれなりのデメリットがありますし、現在はSSDも安くなってきているのでそこまでメリットではないかも知れませんね。

HDDのデメリット
・読み書きが遅い
・消費電力が高い
・作動音がある
・衝撃に弱い
・重い
・熱に弱い

デメリットの中でもやはり気になるのは ・読み書きが遅い という部分ではないでしょうか。

もし、動画作成や写真の編集・ましてやゲームをやろうと思っている方はHDDという選択肢はなくなると思います。

SSDのメリット・デメリット

次はSSDのメリットデメリットについてご紹介します。

SSDのメリット
・読み取り速度が速い
・消費電力が少ない
・作動音がない
・衝撃に強い
・軽い
・熱に強い
SSDのデメリット
・高価(容量が少ない)
・ランダム書き込みの速度が遅い
・自然放電でデータが壊れる

 

どうでしょうか。

HDDSSDメリットデメリットを比べてみるとSSDの方がメリットが多いですよね!

 

HDDメリット「安い」の一言です。

 

しかし、現在はSSDの価格が年々安くなってきています。

 

もし、写真や動画をあまり使わないのならパソコンで必要な容量は500GB程度で充分です。

そうすると、よく使うパソコンはHDDよりもSSDを搭載した方が、「速い」「静か」「壊れにくい」とメリットが得られるわけです。

 

SSDのデメリットで一番気になるのは自然放電でデータが壊れるという点ですが、これは全く使わないで5年以上放置した場合に壊れる可能性があるという事なので普段使うのであればあまり関係ないです。

 

一昔前のSSDが出始めた頃は、HDDSSDよりも長寿命と言われていましたが、現在は普通にパソコンを使う分には大した違いはありません。

一般的にHDDSSDも寿命は3〜5年程度です。もちろん使い方にもよりますが・・・。

オススメのSSD

現在使用しているPCがHDDの場合でもSSDに換装することが出来る場合が多いです。

 

HDDSSD読み書き速度が3倍になる事もありますし、HDDSSDに交換するだけでなので簡単にパソコンが高速化できます!

 

長かったロード時間も短縮され、効率がアップするだけではなくストレスから開放されるのが最大のメリットですよね。

 

 

私が1番オススメするSSD「Crucial MX500」です。

全ての容量で高速な読み書きが可能で、消費電力や耐久力が進化してます。

容量:250GB, 500GB, 1TB, 2TB
読み込み速度:全ての容量 560MB/s
書き込み速度:全ての容量 510MB/s

という優れものです。

まとめ

HDDは、安くて、大容量。

SSDは、速くて、静か。

 

パソコンなら外付けHDDなどで簡単に容量を増やすことができます。

パソコンを購入するときには「容量」よりも「速さ」を選んだほうが良いです。

 

やはり、仕事をするにしても趣味のネットサーフィンやyoutubeを見たりするにしても「速さ」というのは重要です。

 

特に、仕事をするときに効率は本当に大事で、効率良く仕事が出来れば空き時間が増えて他の作業ができたり、家に早く帰れたりするわけです。

立派な効率厨になることが人生において大切なのかもしれません。笑

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA