子供のスマホを制限する設定!持たせる前にすべき機能制限は?

どうも、ゆうともです。

小さな子供でもスマホを持つことが当たり前になってきましたね!

ITの進化スピードは速いので格安スマホなども出てきて、子供に持たせる親も増えてきました。

 

電車の中でも、小学生でもスマホゲームをしていたり、動画を見ていたりします。

お子さんがスマホを持っていれば、何かあった時にGPSで場所が分かったり、気軽に連絡が取れるので便利です。

 

しかし、スマホというのは便利な反面で教育上良くない事があったりもします。

先程言ったスマホゲームにハマりすぎて、夜も寝ずにやっているお子さんもいれば、有害なサイトやアプリにアクセスしている可能性もあります。

ネットの危険性を知らないままSNSを使って、個人情報が漏れたりする危険性もあります。

 

かと言って、自分の子供だけスマホを持たさない訳にもいかないです…

周りが持っているのに自分の子供だけ持っていないと、最悪の場合イジメの対象になるかもしれません。

 

そんな事でいじめる方がおかしいですが、子供の世界では頻繁に起こっている事です!

 

そこで今回は「子供にスマホを持たす前にすべき制限機能の設定」についてご紹介していきます。

スマホを持たした上で、親がしっかりと制限すれば、様々なネットの危険から逃れられます。

 

子供にスマホを持たせる前に行うべき機能制限

それでは早速、子供のスマホを制限する設定をご紹介します!

実は、スマホに様々な設定が出来るので変な話を言うと、親が子供の全ての操作を見る事が出来ます。

 

しかし、そうなると子供としては親に全てを監視されている事に嫌悪感を抱いてしまいます…

 

今回紹介する制限は、あくまでも余計なトラブルや事件に巻き込まれる可能性を減らす事が目的の設定です。

子供を監視するといった機能は一切ないので、その点はお子さんにも伝えるべきですね♪

 

伝えるときに家族間で事前にスマホのルールを作っておきましょう!

 

実際には、制限機能を設定しているので破られる事はありませんが、1番は子供が自ら何故ダメなのかを理解して辞める事です。

しっかりとルールを決めて、それらを守らせる環境作りに励みましょう♪

 

スマホ制限1: 課金制限

まずは、課金制限です!

スマホゲームは誰でも出来るゲームとして大人気です。しかも、基本料金は無料というゲームばかりです。

 

しかし、スマホゲームに付き物なのが「課金する事でアイテムをGET・ガチャを回せる」という仕様です。

要は課金した方がゲームで強くなれたり、有利に進める事が出来ます。

 

これの怖い所は、使うお金の上限がない所です…

任天堂スイッチの様な家庭用ゲーム機はソフトを買うのに料金を払えば、ずっと遊べるし課金というシステムもありません。(一部例外あり)

 

ただ、スマホゲームの場合は課金すれば課金するほど強くなれます。

親が知らない間に勝手にゲームアプリのアイテムに大量に課金している。と言う事は本当によく聞きます!

 

課金してしまったものは取り戻せないので、しっかりと制限の設定しておきましょう。

設定が完了すると、100円未満のアプリでも制限が入り、パスワードなどが必要で簡単に課金する事は出来ません。

 

スマホ制限2:セーフサーチの設定

次に気を付けなければいけないのが、ネットの閲覧です。

特に、18歳以上でなければ見てはいけない「大人のサイト」です。

 

現在の技術では、サイト側から年齢を聞かれても「18歳以上」と答えれば、誰でも見る事が出来ます。

そういうサイトに興味が出て来る年代のお子さんがいる場合は、必ず制限をしておきましょう。

 

それが、セーフサーチという機能です。

検索フィルターのように閲覧制限を行うものという訳です。

 

Androidでは、ネットの閲覧に『Chrome』と言うブラウザアプリを使用しますが、初期設定のままであれば検索結果に有害サイトが表示されることも多いです。

 

一方で、セーフサーチをオンにするだけで「大人のサイト」は表示されないです。R指定が入っているサイトは全て表示から無くなります。

 

言い方が正しいか分かりませんが、大手企業のしっかりとした「大人のサイト」を見る分には詐欺の可能性がないので良いです。

中には、ワンクリック詐欺や高額請求詐欺を目的として悪質なサイトの被害に遭う可能性もあるので、セーフサーチは設定すべきです。

 

セーフサーチさえ設定していれば、悪質なサイトも除外してくれる可能性が高いです。(100%ではありません)

 

スマホ制限3:YouTubeの視聴制限

ネットの制限と付随する部分がありますが、Youtubeもしっかりと制限を掛けるべきです。

 

Youtuberなどのブームもあって、小さなお子さんでも手軽に楽しめるのがyoutubeの魅力です。

様々な種類の動画があるので、1日に何時間も見ている方もいますよね。

 

そんなYouTubeにも、成人向け動画というものも存在しますので、制限をかけておくべきです。

 

もちろん、Youtube側も不適切な動画は削除していっていますが、ゲームなどでのR指定がある暴力的な動画は削除されません。

本来であれば、子供が見てはいけない動画も簡単に見れてしまうのが現在のyoutubeです。

 

また、youtubeは簡単にアカウントを作り動画をアップロードする事が出来てしまいます。

子供自身も動画を撮影し投稿することもあるかもしれません…

 

全世界に繋がっているインターネットの世界に顔を出して動画を投稿するという危険性については、しっかりと説明しておくべきですよ!

 

スマホ制限3:時間制限

課金や閲覧サイトの制限をして、健全なサイトだとしても長時間スマホをするというのは好ましくありません。

スマホ依存症という病気が出来ているように、スマホの依存性は物凄く高いです…

 

本来であれば、勉強する時間なのにスマホゲームをずっとしているという子供も多いです。

スマホを渡す前からしっかりとルールを決めて「1日○○時間」という中でスマホを使用させましょう。

 

簡単に時間制限の設定が出来ますよ!

きちんと約束を守れる子供であれば、わざわざ時間制限を行う必要はありませんが、ついつい時間を忘れてしまうのがゲームやyoutubeです。

 

スマホの利用制限5:位置情報の把握

最後にご紹介するのは利用制限ではありませんが、子供の位置情報を把握するアプリケーションを親のスマホに入れておきましょう。

子供の行動を監視するわけではなくて、スマホを紛失・盗難した場合にも役立ってくれます。

万が一に備えておくべきですよ!

 

詳しいアプリに関しては、現在まとめていますので完成しだいご紹介します。

すぐに知りたい方はネットで「スマホ 子供 GPS」と入力するとアプリの紹介サイトが出てきます♪

 

子供のスマホを制限するにあたって

制限について紹介してきましたが、スマホの制限はたくさんの種類があります!

 

最初にご説明した通り、今回ご紹介したのはあくまで制限機能の一部です…

何をどこまで制限するかは家族の問題なので各家庭ごとにしっかりとルールを決めてください。

 

一般的な家庭だと下記の5項目を制限する事が多いです。

  • スマホを使える時間帯
  • アプリのインストール
  • 課金
  • アプリの利用
  • ウェブサイトの閲覧

 

ただ、子供としっかりと話をすることが重要です。

どこまで制限するのかというのは子供とのコミュニケーションで決めるべきです。

1番良いのは、子供自身がしっかりと制限する事の理由を理解して自発的にやめるのが理想です♪

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

スマホは本当に便利なモノですが、一歩間違えると犯罪に巻き込まれてしまう危険性があります。

子供の場合は、危険性というモノを理解せずに他人を傷つけたり、お金を使ってしまったり、個人情報を流してしまったりします。

学校では教えてくれない部分でもあるので、親としてしっかりと教育をしてあげましょう。