iPhoneファミリー共有で「共有できるモノ」と「できないモノ」

どうも、ゆうともです!

皆さん、iPhoneファミリー共有を使っていますか!?

とても便利ですよね♪

iTunes、iBooks、App Storeで誰か一人がコンテンツを購入すれば、それを皆で共有できますし、Applemusicも格安で入る事が出来るという優れもの!

しかし、中には共有できないモノも存在するんですよ…
全てが全て共有できるというわけにもいかないんです!

ゆうとも

全てが共有できたら、もっと便利なのに~

そこで今回は、iPhoneファミリー共有で「共有できるモノ」「できないモノ」をより詳しくご紹介していきたいと思います。

そもそも、iPhoneファミリー共有とは何なのか?詳しく知りたい方は下記のページを参考にしてください!

ファミリー共有はデメリットばかり?本当にお得か試してみた!

iPhoneファミリー共有で「共有できるモノ」

では早速、ファミリー共有したときに共有できるモノをご紹介していきます!

共有できるモノ
iTunes Storeで購入した音楽や映画、テレビ番組
iBooks Storeで購入した本
App StoreやMac App Storeで購入した「ファミリー共有」対応のアプリ

どうですか??

うん。全部出来るという事かな?

ナマズ男

ゆうとも

パッと見てそう思うかもしれないけど違いますよ!!

確かに、パッと見ると全てにおいて共有できそうですよね…
注意してほしいのは【「ファミリー共有」対応のアプリ】という部分です!

アプリの中にはファミリー共有に対応していないアプリというモノが存在しています。

これは意図的に共有できない様にしているモノがあるという訳です。
まぁ考えてみると、1つの値段で3人が同じアプリを使われると商売になりませんし、赤字になってしまいますよね。

また、【iBooks Storeで購入した本】でも全ての本が共有されるわけではないです。

この理由については調べても出てこなかったのですが、おそらくアプリと同じで1冊の値段で複数人が見れるという事を企業側が嫌がっているのだと思われます。
あくまで考察なので、詳しい理由が分かり次第、追記しますね!

iPhoneファミリー共有で「共有できないモノ」

ではファミリー共有で共有できないものはどんなものか?というと以下の様なモノがあります。

共有できないモノ
App内課金のコンテンツ
Apple Musicの個人メンバーシップや学生メンバーシップ
雑誌、新聞などのその他の定期購読サービス
iTunes Storeで現在取り扱いが中止になっているもの
ファミリー共有メンバーグループのメンバーが「非表示」にしているコンテンツ
App StoreやMac App Storeで購入した「ファミリー共有」非対応のアプリ

意外と多いですよね!順番にご紹介してきます。

App内課金のコンテンツ

これは意外と知らない方も多く気を付けないといけません!

アプリ内課金したコンテンツはファミリー共有されません。

例えば、Aさん(親)がゲーム内通貨を1000円分課金したとしてもBさん(子供)には課金分が反映されていないという訳です!
子供のiPhone内のアプリで課金する場合は子供のiPhoneで課金しないと意味がないという訳です!

ただし、ドラクエなどのゲーム自体にお金が必要なゲームは1度買ってしまえばファミリー共有で共有する事が可能です♪

共有できないのは「アプリ内の課金」です!

 

Apple Musicの個人メンバーシップや学生メンバーシップ

これは少し考えればわかりますよね!
個人メンバーシップや学生メンバーシップはその人個人に付与されるモノです。

いくら自分の子供が学生だからといって、親まで学生メンバーシップが適応されるという事はありません!

 

雑誌、新聞などのその他の定期購読サービス

私が一番不便だなと感じる点はこちらです。

便利な世の中になったので雑誌や新聞などは本で買うよりネットの世界で買った方が楽です!
持ち歩くにも楽だし、本屋さんにもいかなくて良いのは本当に便利です。

しかし、ファミリー共有では共有する事ができないです…

消費者からすれば「買ったという事は自分の持ち物だし、本だって共有できるのに何で出来ないの?」と疑問点がありますが、現状では共有する事はできません…

今後のアプデに期待ですね♪

 

ファミリー共有メンバーグループのメンバーが「非表示」にしているコンテンツ

多くの方が悩んでいる「なぜ共有できない?」というのは大半がこの理由です!

ファミリー共有には購入したメンバー側でアプリ毎に「非表示」という設定を出来ます

すぐに解除できるので共有できないと嘆いている時は一度確認してみましょう♪

 

使う方がいるかは不明ですが、奥さんや子供に見られたくないアプリがあるという方は「非表示」という設定にすればバレることはありませんよ!

私の友人は、あっち系のアプリがファミリー共有で家族に共有されて怒られていました。笑

 

App StoreやMac App Storeで購入した「ファミリー共有」非対応のアプリ

最後はそもそもアプリ側で「ファミリー共有」が非対応というパターン!

これはどうしようもありません。
出来る事といえばアプリの開発会社にお願いのメールを送るくらいですかね。

まぁ送ったところで共有できる様になることはないでしょうけど…

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

iPhoneファミリー共有は本当に便利な機能です!

小さい子供がいる家庭だけを対象にした機能と思っている方も多いですが、実は大人だけでも使えます!
家族であれば年齢は関係ないですし、Applemusicに家族で2人以上入っている家庭はファミリー共有した方がお得です♪

せっかく、便利な機能がたくさんあるiPhoneなのでそんな機能をフル活用してお得に賢く使っていきましょう!