【ゴルフ雑学】グリーンフィートってどういう意味?グリーンの速さの調べ方!

どうも、最近パットの調子が悪くスコアがまとまらなゆうともです。

ゴルフ場の練習場やマスター室前など、「本日のグリーン○○フィート」と表示した看板を目にすることが多いですよね。
これは、グリーンの速さを示したものです。

そんなグリーンフィートに関して疑問点はありませんか?

どうやって計測しているの?
速い・遅いの基準はどのくらい?
そもそもフィートってどういう意味?

など、実はわからないことも多いです。

今回は、グリーンフィートについての記事です。

グリーンフィートを知ることでその日のグリーン戦略を決めることができます。
そうすることでパットをうまく沈めてスコアをまとめましょう。

グリーンフィートとは?

グリーンフィートとは?

グリーンフィートとはグリーンの速さを表しています。
グリーンの速さの単位が「フィート」という訳です。

しかし、フィートは一般的に距離の単位を示す時に使用します。
距離の単位フット(foot)の複数形がフィート(feet)になります。
1フットは約30cmですね。

そこでゴルフにおいてパットの距離は、一般的にフットやフィートを使って言い表すという訳です。

しかし、ゴルフの距離は基本的にヤードで言い表すイメージがありますよね?

英語圏では「3ヤードのパット」とは言わずに、パットの距離を「9フィートのパット」と使います。

メートルやセンチを使う日本人にとってはヤードですら馴染みがないのに、フィートやインチになるとより距離測定が複雑ですよね。

 

ではなぜ距離を表すフィートが、グリーンの速さの単位に使われるようになったのでしょうか。

それはグリーンの速さの測定方法に関係があります。

次はグリーンの速さの単位に関係する意外と原始的なグリーンの測定方法を紹介します。

グリーンの速さの測定方法

グリーンの速さの測定方法には、測定するための器具を使用します。
その器具を「スティンプ・メーター」と言います。

E・スティンプソンという方が考案した器具なので名が付けられているのだそうです。

スティンプ・メーターとは金属レールのような棒(3フィート≒約90cm)に溝が付けられた形状になっています。
これを使って、グリーンでボールを転がすという、非常にシンプルな方法で計測します。

まず、溝にボールを置きスティンプ・メーターをゆっくり持ち上げると、ある一定角でボールが自然と動き始めます。
そして転がった距離を計測するのですが、なるべく平坦なグリーン上で測り、尚且つ傾斜や芝目を考慮し、反対方向や対角など、2~4方向に転がして、その平均値を割り出して計測します。

棒の長さが3フィートなので、3本分なら9フィートと計測できるという方式です。
そうして、「本日は9.0フィート」などと結果が出ます。

すごく原始的なやり方ですよね。。。
意外な事にプロトーナメントでも、ほぼこの方法で計測しています。

ここで気付いた方も多いと思いますが、グリーンが速ければ速いほどボールが転がります。
数値が大きいほど速いグリーンという事がわかりますよね。

ゴルフ場の平均フィートは?グリーンの速さは?

測定方法が分かって数値が大きければ大きいほど速いということがわかりました。

では実際に私たちアマチュアゴルフファーがプレイする一般営業の平均的な速さはどのくらいでしょう。

 

一般営業ゴルフ場の平均的な速さは約8~9フィートです。

10フィートを超えると、かなり速いグリーンという事になります。

 

ただし注意して頂きたいのはグリーン上だけに存在する数値です。

やはり、体感して覚えないと速い遅いはピンとこないと思うのであくまでも「9フィートの時は、これくらいのパッティング加減で」という自分なりの基準を作っておいてそこから調整するようにしましょう。

トーナメントで使用されるグリーンの速さ(フィート)はどのくらい?

トーナメントで使用されるグリーンの速さはおよそ11~13フィートです。

一般営業中のグリーンでは約8~9フィートでしたが、トーナメントなどの競技仕様にするために芝を刈りこみます。
その後に目砂をし、ローラーをかけて、最終的には11~13フィート程度にグリーンを仕上げていきます。

ちなみにマスターズで使用されるグリーンは13~14フィートぐらいと言われています。

グリーンの硬さも重要!

グリーンの硬さを示すものにコンパクションというものがあります。
これもグリーンスピードを決める重要な要素の一つです。

コンパクションはバネを内蔵した筒のようなものをグリーンの表面にあてて計測します。

特にアプローチショットなどの際に影響が出る事が多いので気にしたい数値ですね!

 

しかし、このコンパクションの表示は、指標硬度とコンパクション値の表記が混在しているので、ゴルフ場によって表示が異なるそうです。

なのでまずは自分がよく行くゴルフ場の数値から、硬さをイメージしておいてください。

その数値からあわせていくといった調整が必要になってきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
グリーンフィートについてしっかりと学べましたか?

ゴルフにおいてグリーン上でのパットは物凄く重要です。
例えば、速さを理解して各ホールと言わずとも2ホール毎で1パットずつ減らせたとしましょう。
それだけで9もスコアが縮みますよね?
9とは言わず5縮むだけでスコアは物凄く良くなりますからね!

是非、ゴルフ場に行った朝一にグリーンフィートを気にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA