冬のゴルフの注意点!飛距離は落ちる??どんな服装??寒さ対策、気になる所をご紹介!

冬ゴルフ、楽しんでますか!?

冬ゴルフは何となく気乗りがせず、会社のコンペなども行きたくないと思ってしまいますよね。
また、冬は体が思うように動かずスコアも悪いという理由で行かない人もいます。

そんな方に私が伝えたいのは、「準備不足」という事。

冬ゴルフに冬ゴルフならではのメリットとデメリットがあります。

今回は冬ゴルフの注意点をお伝えいたします。

冬ゴルフのメリット

冬ゴルフのメリット

注意点をお伝えする前に冬ゴルフのメリットをお伝えしとこうと思います。

まずはなんといってもゴルフ場が空いているということが最大のメリットです。

ほとんどのゴルフプレイヤーは春と秋のコースが大好きです。

 

春は植物が芽吹いて外で動くには気持ちのいい季節です。

秋は気温がちょうどよくコースを廻るには最適なシーズンと言っても良いでしょう。

夏は暑くて日差しが強くて照り返しがキツイので避ける方もいますが、多く方はプレーしています。

 

しかし、冬はなんといっても「寒い」「体が動かない」です。
ゴルフ場の冬の寒さというのは相当キツイです。寒さに弱い人は行かなくなる方が多いです。

行く人が少なくなるということは料金が安くなるということです。

春から秋にかけての料金よりもお得に回ることが出来ます。

また、人が少ないので前後を気にしないでゆっくりとプレイできます。
混んでいる時のゴルフ場は集中力の持続が難しいので避けたいところではあります。

この「ゴルフ場がすいていて安い」というのが冬ゴルフの最大のメリットになるわけです。

冬ゴルフはどんな服装でプレーすべき??

冬ゴルフの永遠の課題は服装にあると思います。

「安く」プレーが出来るとは言っても「寒さ」が半端じゃないです。

山岳地のゴルフ場なら尚のこと寒い。

 

逆の言い方をすれば寒さに対してのきちんと備えができれば、プレーフィーが安くてすいていてゴルフ出来るというとっても良い環境なわけです。

 

何よりも大事なのは

暖かくて動きやすい服装!

 

なんといっても寒さで体の動きはぎこちなくなります。関節の可動域が悪くなり筋肉も固くなってしまいます。

寒いからといってものすごく厚着をしている人もいますが、厚着すると動きが制限されて身体が動かしにくくなるので良くありません。

暖かいインナーは必須で、機能性のアウターを使ったり、首元や手元が冷えないように気をつけるようにしましょう。

 

インナーのオススメはキャロウェイのインナーシャツです。

物凄く暖かいですが、ゴルフ用ということもあり肩・腰周りの動きに対応しているのですごく良いです。

他にも服装に関して気をつけるべき点やオススメのインナーやアウターに関しては、
詳しくこちらの記事にてご紹介しています。

冬のゴルフは防寒対策+オシャレに気を使おう!オススメの服装をご紹介!

冬ゴルフの注意点

冬ゴルフの注意点

ではここからは注意点についてご紹介していきます。
これらの注意点をしっかりと学び冬ゴルフでベストスコアを叩き出してやりましょう!

コース前の準備運動をしっかりと!

関節や筋肉を動きやすくするためにコースに出る前にストレッチしておきましょう。
他の季節よりもしっかりストレッチすることでぎこちない動きが改善されます。
スタート前の練習も体をほぐすことを目的にやりましょう。

冬のコースは凍結注意!

冬はコースが凍っていることがあります。アイスバーンのようになっています。
特にティーグラウンドとグリーンは凍りやすいです。コースの前に練習できるグリーンがあると思うので、そこで状態を確かめておきましょう。

ティーグラウンドが凍っているとティーが刺さらなくて折れてしまうこともあります。
ティー立て用穴開け器具が置いてあるので、それを使ってティーを立てましょう。

グリーンが凍ってると上にのせると跳ね返ってしまいOBになることがあります。
感覚的にはコンクリートに近いです。グリーン上を狙うのではなく手前から乗せていくほうがピンに寄っていきます。

冬ゴルフは飛距離が出ない

ゴルフボールというのは寒いと飛びが悪くなってしまい、飛距離が伸びません。

それはボール自体が寒さによって固くなってしまいます。
ボールだけじゃなくてクラブの金属部分が寒さで固くなってしまいます。

ボールは反発することによって、より遠くに飛びますが、固くなっていると反発が悪くなってしまいます。
クラブもしなることでよりボールに力が伝わり飛ぶようになるのですが、寒いとシャフトがしならないので飛びが悪くなります。

そして、冷たい空気は空気密度が上がり空気抵抗が上がります。

冬ゴルフは飛距離が出ない原因のオンパレードなのです・・・。
厚着なんてしてたら尚の事、体が動かないので飛びません!!

冬ゴルフは飛距離が悪いものだということを考えてコースマネジメントを行いましょう。
いつもより大きな番手のクラブを選んだほうが良いでしょう。

ボールに関しては、ティーショットまではカイロで温めておくと多少は違います。
多少ですが、やらないよりは良し。言った程度ですが・・・

冬ゴルフはコース状態に合わせたコースマネジメントが大事

先ほども少しご紹介しましたが、冬のコースでは地面の状態が普段と大きくことなります。

氷が溶けはじめて地面が柔らかくなっている場合もあれば、凍って地面がコンクリートのように硬い場合など、グラウンドの状態には十分注意し、ボールが落ちてからどのように転がるかを予測することが大事です。

グリーンが凍ってしまうような温度の日にプレーをする場合は、プレーを開始する前に練習グリーンでグリーンの硬さを確認して、プレー中のグリーンの硬さを予測しましょう。

プレー中に良く観察すべきことは これからショットをしようとするグリーンとその周囲の状態です。

日陰にあるか、日向にあるか、グリーンの奥がどうなっているのか (グリーンでボールが跳ねてOBになる可能性)を確認しましょう。

グリーンが完全に凍っている場合はグリーン内にボールを落とすと、間違いなくグリーン奥まで転がります。
グリーンコンディションが把握できない場合や迷ったときは、グリーン手前に落とす事で事故が少なくできます。

冬コースのコースマネージメントでは事故を減らすことが重要です。

グリーン周りのアプローチでもグリーンの硬さはプレーに大きな影響を及ぼします。

冬はグリーン周りの芝は短くなっていることが多いので、ウェッジでのアプローチショットは、低めのボールでなるべく転がして寄せるようにするのが効果的です。

グリーンの状態によりバウンドが予測できないので、なるべくボールを高くあげないことがスコアをまとめる事には効果的です。

冬ゴルフはスタート時間に気をつけよう!

冬ゴルフは一日の長さが短いということを認識しましょう。

冬は日が沈むのが早いのです。関東の12月辺りだと4時過ぎには暗くなってくるので見えづらくなります。
できれば3時すぎまでに回り終えるような時間にスタートするようにしましょう。

ゴルフの場合はちゃんとラウンドするには5~6時間はかかってしまいます。

もちろん、一緒に回るメンバーの腕前や人数にもよりますが、昼食も入れると大体5時間程度です。

初心者が入っていたりゆっくりプレイの同伴者がいると思ったよりも時間はかかります。

 

ナイター設備があるコースならまだいいですが、できれば明るいうちに終わりたいですよね。

冬は日没時間が早くて昼間の時間が短いので、スタート時間はあまり遅くならないようにしましょう!

まとめ

冬のゴルフはなかなか気が乗らない方も多いと思いますが、今回ご紹介した注意点をしっかりと頭に入れてプレーする事で楽しいゴルフになる可能性もあります。

スコアをまとめるというよりもゴルフを楽しむというのが私のモットーなのでそれができれば良いかなと思います。

冬の場合は寒さを凌げれば「お金も安くて空いている」という素敵なゴルフになります。

寒さ対策はしっかりとしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA