【ゴルフ驚愕の事実。】自宅で5分練習するだけ!簡単に上達するパターマット練習法

皆さん、自宅ではどんな練習をしていますか?

全く練習しない方もいれば、

毎日欠かさず素振りなどの練習をする

という方もいるでしょう。

 

私も毎日、ゴルフが上達するための練習を行っていますし
ストレッチや体幹トレーニングも欠かさずやる事でスコア100切りを達成させました。

 

自宅での練習の代名詞といえば、素振りとパターマットではないでしょうか。

 

素振りの練習方法は別記事でご紹介するとして

今回はパターマットを使用した練習方法をお伝えしますね!

 

ただ闇雲に打つというのは全く上達しません

何かしらを意識して練習するというのが上達への道です。

距離感をしっかり掴む練習方法

距離感といってもパターマットの長さは決まっているし、

実際のコースグリーン上でのパッティングの距離は毎回違うと思うかもしれません。

 

しかし、私がいう距離感とは自分のクラブの振り幅コントロールの仕方と、打球の距離の関係性のことです。

この感覚を研ぎ澄ませるために、パターマット上の色々な位置から打つようにしましょう。

 

  • 定位置となる位置を決める。
  • 定位置からパッティング
  • 半分の位置からパッティング
  • 長い距離からパッティング

 

これを繰り返し行いましょう。

どの程度のパッティングをした場合にどれくらいの距離を転がせるのか。

という自分のパット感覚を磨いていくという練習方法です。

 

もちろん実際のグリーン上では芝の状態が様々だったり、傾斜がついていたりします。

しかし、毎日のようにマットで練習することにより自分のパット感覚が養われます。

あとは実際のコースでのラウンド前のパター練習で感覚を合わせていくだけです。

 

フェースの向きが正しいかチェック

2つ目に提案したいのは、フェースの向きを確かめる練習です。

  • 通常通りアドレスをとる
  • 2つのボールをフェースと平行に並べる
  • そのままボールをカップに向かって真っ直ぐ打つ

 

フェースの向きが悪ければ2個のボールのうち片方、もしくは両方が変な転がり方になります。

この練習をすることでインパクトの瞬間にフェースの向きが正しいかどうかをチェックすることができます

 

言葉にすると簡単に思いますが、やってみると意外に難しいです。

真っ直ぐ打っているつもりでも片方だけ右に行ったりしますよ。

 

パターマットを使ったアプローチ練習

次はパターマットを使ったアプローチ練習です。

狭い室内だとアプローチ練習をするのが難しいですが、

この練習方法はパターマットさえ広げられるスペースがあれば問題なく練習できます。

  • 実際のボールではミスショットが危険なのでウレタンボールなどを用意しましょう
  • カップの50センチ手前でバウンドする様にアプローチする
  • 上級者の方はカップに直接入る様にアプローチする

この様に短い距離ではありますが、パターマットを使ってアプローチの練習をする事もできます。

カップに入れる事を目的とするのではなく意図した所にボール落とす事ができる様になる練習にオススメです。

 

もちろん自宅にスペースがある方はアプローチ用のネットを買った方が練習になりますが、

自宅にスペースがない方は工夫次第で練習する事ができますよ。

 

精神力や集中力、メンタル面を鍛える練習

最後にお伝えするのはメンタル面を鍛える練習方法です。

ゴルフはものすごくメンタル面が重要なスポーツです。

 

「ここで決めればバーディで100切れる」
「ここを外したらやばい」

 

と思っている時こそパターを外してしますのは良くある事です。

 

それはメンタル面が影響して自分のリズムやフォームが崩れているのです。

 

 

この練習は至って簡単です。

  • 20球連続で入れるまで終わらない
  • 全距離を連続で入れるまで寝てはダメ/li>

という風に自分の中でルールを決めます。

 

後は普通にパターするだけです。

 

「そんなの簡単でしょ。」

 

と思う方はやってみてください。

 

 

大抵、残り2球ぐらいからプレッシャーで失敗します。笑

20球が簡単な人は思い切って50球・100球にしてみてください。

球数が多ければ多いほどプレッシャーを感じるのでミスしやすくなります。

何も考えなければ簡単に出来る球数でもルールがあるとプレッシャーを感じてしますのが人間です。

まとめ

このようにスタンダードなゴルフ練習アイテムのパターマットですが、
ただなんとなく練習するだけでは上達スピードは遅いです。

 

目的意識を持って練習をする事で実際のコースで良いスコアが出ます。

 

中々の練習時間が取れない方でも10分、5分でもいいので是非練習してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA