初めての会社ゴルフコンペ!上司に好かれるため覚えるべきマナーとルールをご紹介!

「今度のゴルフコンペ参加しない?」

この言葉に何人もの社会人が悩んでいることでしょうか。

昔よりは減ったと言われますが、社会人にまだまだ根強い人気があるゴルフ。
会社のゴルフコンペに誘われて始めてゴルフを始める人も多いですよね!

そんな人たちはゴルフクラブも持っていないでしょうし、ゴルフのルールマナーも知らないでしょう。

そんな悩める子羊、新米ゴルフプレイヤーのためゴルフコンペの注意点をご紹介します。

初心者向けのゴルフマナーの記事はこちらにてご紹介しております。
【はじめてのゴルフ】基本的なルール・マナー!用語集

初心者でも、上司から「また一緒にプレーしたい」と思わる方法があります。
そうする事でゴルフのみならず会社での立場や出世にも関わってくるでしょう。

会社のゴルフコンペ 準備編

ゴルフコンペ 準備編

会社のゴルフコンペが始めてのゴルフコースデビューという方も多いでしょう。

まずは基本的な持ち物からご紹介します。

持ち物
キャディーバッグ
クラブ
手袋
ボール12個程(1ダース)
ティー
ゴルフシューズ
ゴルフウェア
タオル
飲み物
着替え
小銭入れと小銭

キャディバッグとクラブですが、ゴルフで1番お金がかかる部分です。
初心者の場合は初心者セットいうものがゴルフショップやネットショップに存在します。
初めは何もわからないと思うのでセットで買う事をオススメします。

私のオススメはこちら!

しかし、これからゴルフにハマるかわからないのに数万円も出すのが中々勇気がいります。

そんな時は、会社の先輩に使い古しのクラブを譲って貰えないか聞いてみましょう。

 

ゴルフが好きな人は何年かおきゴルフクラブを買い換えますし、少しゴルフが上手くなった人は初心者セットでは物足りなくなって新しいクラブに買い換えます。

そうすると家にクラブが余っている人も多いので、思い切って譲ってもらいましょう。

 

手袋とボール、ティーはゴルフショップで安く売っているので購入しておきましょう。

ボールは初心者はすぐ無くなります。12個でも全て無くなってしまう可能性もあるので余裕があれば2ダース(24個)持っていきましょう。

 

ゴルフウェアは、スラックスかチノパンにポロシャツで大丈夫です。

ゴルフメーカーのゴルフウェアとなると高めなので、オススメはユニクロです。

実際のプロゴルファーも着ているので全く問題ありません。
価格もお手頃ですし、ゴルフ以外でも着れますしね。

コスパで選ぶ!オススメのゴルフウェア!安くて機能性抜群なユニクロで決まり♪
意外と必要なのが小銭
プレー中に飲み物が足りなくなったり、上司が小銭を持っていないことが多いです。(ゴルフ場でのお会計は全てバーコード清算のため小銭を持つ必要が無いからです)。
そういう時に小銭を持っておくと気が利く存在になり上司に好かれます。
ほとんどのコース内には自動販売機があります。

上司に好かれるゴルフマナー

上司に好かれるマナー?

ではいよいよ次はゴルフマナーについてご紹介します。

ラウンドが始まるまでは、パター練習や打ちっ放しがあるので、ウォーミングアップもかねて調整するようにしましょう。

 

そして社内コンペという事は会社で普段は会わないという人もいますよね?

そういう方との接点を作れるのが社内コンペの良い点なので、この機会にコミュニーケーションを取ってみましょう。
注意して欲しいのは練習に集中している場合もあるのでそこは見極めるようにしましょう。

それではコースに出た時のマナーとルールを見ていきましょう。

 

礼儀編
●しっかり挨拶と御礼
●ナイスショットにはナイスショット!
●カートの移動を気を付ける
●プレイをしながら教えてもらうという姿勢を持つ

しっかり挨拶と御礼

これは当たり前ですが、気持ちよく挨拶をしましょう。

特に1ホール目のティーショットの際には「1日よろしくお願いします」と大声で挨拶してから始めると上司たちにも良い印象を与えられます。

ナイスショットにはナイスショット!

他の人が良いショットをしたら大きな声で「ナイスショット」と言いましょう。

やはりゴルフプレイヤーたる者は「ナイスショット」と言われると気持ちが良いです。

カートの移動を気を付ける

ゴルフ場はカートに乗って移動します。
初めての運転だと中々難しいのもありますし、カートの導線に入ってしまい轢かれてしまうという事故も多いです。

初心者のうちは「すいません、初心者でカートの運転が怖い」と同伴者に伝えましょう。

プレイをしながら教えてもらうという姿勢を持つ

初心者は初のゴルフ場だと何もわかりません。

会社の先輩にゴルフというものを教えてもらう。といった姿勢でプレーすることが重要です。

プレー編
●人が打つ時は大声を出したり、私語をしない
●人が打つときは素振りをしない
●人が打つときの近くにはいない(特に真後ろ)
●プレイ中はクラブを何本か持っておく
●バンカーを打った後は砂をならす
●バンカーで打つ時はクラブのヘッドを砂につけない、素振りをしない
●グリーンを走らない
●グリーンで人が打つときは視界に入らないようにする、動かない、騒がない
●人が打った球でも林に入ったボールはすぐ探しに行く
●人が最初の1打目を打った時、ティーを目で追って見つける

人が打つ時は大声を出したり、私語をしない

人が打つときは集中する場面なので私語厳禁です。

人が打つときは素振りをしない

私語と同様に、素振りをしていると打つ人の邪魔になりますし、集中できません。

人が打つときの近くにはいない

打つ瞬間は危ないので近寄らないようにしましょう。

また、近くによると影がボールにかかってしまうこともあります。
そうなると非常に打ちづらいので邪魔しないようにしましょう。

プレイ中はクラブを何本か持っておく

ナイスショットが出れば良いのですが、初心者はほとんど変な方向に飛んでいきます。

カートまで戻って違うクラブを持って、打つ、また変な方向に飛んでいってクラブをカートに取りに帰る。
それを繰り返すとスロープレーなので周りの人の迷惑になります。スロープレーにならないように複数のクラブを持って走り回りましょう。

バンカーを打った後は砂を整備する

バンカーにボールを入れてしまうのは日常茶飯事です。

バンカーを打った後はレーキを使って綺麗に整備しましょう。

バンカーで打つ時はクラブのヘッドを砂につけるのはNG

バンカーではクラブのヘッドを砂につけると罰打になります。

初心者のうちは知らずのうちにNG行動をしていることがあるので注意しましょう。

グリーンを走ってはいけない

グリーン内は少しの変化がボールに影響します。
走ってしまうと芝生が傷んでしまったり凸凹が出来てしまいます。

絶対に走らないようにしましょう。

グリーンで人が打つときは視界に入らない、騒がない

パター非常に集中していて神経を使う場所です。

視界に入らないようにして、静かにしましょう。

他の人が打った球でも林に入ったボールを探し行く

林に入ったボールは一番乗りで探しにいきましょう。
会社のコンペでは積極的にフォロー役に徹しましょう。

ただし、スロープレーも考えて5分以上は探さないようにしましょう。

他の人がティーショットを打った時、ティーを目で追っておく

ティーショットではボールの行方を見る人がほとんどなのでティーを後で探すのに苦労する人が多いです。

そんな時に「ここです」とスマートにティーを見つけておくと印象が良いです。

 

まとめ

初めてのゴルフだと色々と気を遣うことがあります。

しかし、楽しんでプレーすることで周りの方も色々と教えてくれます。

最低限のルールを守っていると、上司も「最初は誰もが下手だよ。でも一緒にプレーして楽しかった!また一緒に回ろう」と言ってくれることでしょう。

コースが終わった後は、お風呂で汗を流して上司とのコミュニケーションを取りましょう。
しっかりと上司にその日のお礼とまた教えてください、という気持ちを伝えましょう。

ゴルフの最初は、なんだか嫌な気持ちになることが多いです。

休日を1日使うわけなので乗り気にならないのも確かです。でもプレーしてみると以外と楽しいと感じる人も多く、そこからハマっていったのが私です。

しっかりとマナーやルールを守ってゴルフをこれからも楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA